「かなでももこ」念願の1stアルバム発売決定!!

ついに!

2013年【革命機ヴァルヴレイヴ】第2期エンディングテーマ

赤いメモリーズをあなたに」でデビューしてから4年。

ようやくかなでももこが初のフルアルバム「Lush*energy

を発売することを

6月18日に行われたバースデイライブで発表した。

本人も念願だっただろうが、それは実はファンにとっても同じで

配信でない音源の販売も1stミニアルバム以来3年ぶりとなる。

顕現しては消失してゆくこのアニソン業界、mp3全盛の昨今とはいえ

正直CDリリースのないアーティストはすぐ消えていく印象が強い中

また、なぜだか敬遠されがちな”ロック”を掲げる女性アーティストというのは

非常に貴重な存在なのである。

(鷲崎健の音楽番組「ワシスタ」のアシスタントをしていたのが

活動継続を安心できる唯一の要素だった)

そうする必要があったのか少々疑問なのだが

「かなでチャレンジ」という企画があり、それを達成できれば

1st配信シングルを販売するという確約をこなしたりもしていた。

リリースはなくとも、細かいライブイベント等に積極的に参加していたし

なにはともあれ、止まらず活動し続けてくれたことに感謝を示したい。

音楽性

まだアルバムの詳細は明かされていないが

全部ではないにしろ配信曲が収録されるはずだ。

デビュー曲の作曲者であり、

(おそらく)総合的なジャッジを下しているのが俊龍

提供先はアキバ系・アニソン系が主だが

かわいさを売るアーティストの楽曲にシリアスな曲調が見られたら

クレジットにこの名前がみつかるはず。

だが特筆すべきは「嘘のないわたしで」「Good Morning Dictator」

「巡想架」に楽曲提供している苑、彩雨。

二人は摩天楼オペラというV系メタルバンドのメンバーである。

J-rockバンドと違い、現役V-rockから曲提供を受けるという例はあまりない。

また「福音ーGOSPELー」「OSeINS」「光と闇のドッペル」

には佐々木久夫(SeanNorth)のクレジットが見られる。

こちらには実はどこにも結び付ける確定情報が存在しないのだが

彼もまたA(エース)というV系シンフォニックバンドのメンバー(※休止中)である。

個人的な妄想でないことはこちらを以って証明させて頂きたい。

ドラム以外全員A(エース)やないかぃ!!!

(もしかしたらドラムもサポートだったかもしれないが確証はない)

というかこれでルー様=佐々木久夫と明かしてるようなものではないか!?

もしもアルバムに収録される新曲がこのメンバーで演奏されるとしたら

殊更に期待したくなってしまう。

少し話がずれたが、かなでももこの歌う曲はゴシックやシンフォニックで

ファンタジー色が非常に強い。

その道の第一人者霜月はるかがミニアルバムで曲提供していることからも

その傾向はうかがえる。

(他にアニソンでそのスタイルを貫くのは妖精帝國くらいか)

おそらく【NOeSIS】関連の曲やロックプロジェクトの曲は入るはずなので

重くも飛翔感のあるアルバムになるはず。

アニソン界では異色の世界観をかなでるかなでももこの新作に期待あれ!

公式twitter https://twitter.com/info_kanade

本人twitter https://twitter.com/momoko_kanade

公式HP http://kanademomoko.com/index.php