「小野大輔」常夏ナンバー披露

歌手活動10周年を迎える小野大輔が、今月10枚目のシングルを発売する。

そちらのジャケットとPVが公開された。

なんともダサかっこいい二つの意味でのブルージャケットが目印で、

ファンが提唱する「ハンサム」を彼なりの解釈で届けてくれる

まさにサービス精神旺盛な小野Dらしい仕上がりではないだろうか。

楽曲の方もお得意のダンスナンバーで

あまりにもノリノリで踊る姿がギャップ萌えを蔓延させた

「kiss kiss kiss」を彷彿とさせる。

スパニッシュな編曲がこの夏を一層盛り上げてくれそうだ。

コミカルなダンスを真剣に踊る姿は狙っての犯行だろう。

彼のエンターテイナーとしてポテンシャルは計り知れない。

小野大輔の魅力

彼を知る入口は非常に多いと思う。

初主演作の【AIR】でいきなり大ヒットに恵まれ

涼宮ハルヒの憂鬱】で人気を盤石とし

みなみけ】で芸の幅は臨界まで広げられ

黒執事】で無敵になった。

その上また【ジョジョ】【おそ松さん】といった代表作を確立している。

個人的には【ばらかもん】関連の活動が特に印象深く

整った顔立ち・残念な言動・仲間からの愛され方、そして

おっかなびっくりながらもやさしい子供との接し方等

まさにハマり役だと言い切りたい。

エピソードとして好きなのは

ラジオ内で神谷浩史と【進撃の巨人】の雑談で盛り上がっていたら

二人に最重要キャラへのオファーが舞い込んで舞い上がったというもの。

(DearGirlより)

歌手活動は前述の通り10周年を迎えるが

デビューミニアルバムに杉田智和が作詞を提供していたり

鈴村健一森久保祥太郎が振付を覚えてバックダンサーを務めたり

とにかく周囲からの愛され具合が半端ない。

(それ以外では近藤孝行とのニッチな趣味が有名か)

そういった人格の良さを統合して「ハンサム」と称されるのだろう。

今月は何かと動きが多く、「声優グランプリ」の表紙を務めた後

神谷浩史との9枚目となるツインシングルも控えている。


現役アイドルにも名指しで「ファンです」と言わせてしまうほど

完全無欠の人気を誇る小野Dの活動をお見逃しなく!

公式HP http://www.lantis.jp/artist/onodaisuke/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加