「思春期は終わらない」メイキングDVD【レポ】

こちらの作品をきっちり発売日に手に入れたので

配信3周年を迎える本日に

販促の意味も込めて少しだけ内容を紹介したいと思います。

思春期が終わりません

2014年6月4日より隔週水曜日、HiBiKi Radio Stationにて配信中の

声優・浅沼晋太郎と歌手・鷲崎健によるラジオ番組。

便宜上この様に職業を充てたが、

浅沼の本業は舞台脚本・演出だし

鷲崎はラジオパーソナリティーとして有名だろう。

そんな高尚な肩書を持った二人がネットラジオという広大な情報世界で

どんなトークを聞かせてくれるのか……

その実ファミレスで繰り広げられる雑談そのものである。

だが、この”ただしゃべる”がこの上なく面白い。

二人のやや偏りつつも膨大な知識量と、

それを表現する豊富な比喩と語彙による化学反応が

爆発的な連鎖となり笑いのパンデミックが起こるのだ。

彼らが各々出演するラジオが評価が高い理由もそこにあり

誰と組んでも安定したエンターテインメントを届けてくれる。

メイキング映像

DVDのdisc.1には番組のテーマソング「思春期は終わらない!」の

ジャケット撮影メイキングが収録されており

思春期劇団と称された少年少女4人と戯れる内容である。

全員声優の卵とはいえ若さもあり、

ほぼ素人エキストラと変わらないであろうモデルの子等。

基本的に優しく接し時に適度なからかいを入れイジる。

終始そういった姿勢に飽きることなく本編を見終えることができる。

驚きなのは、撮影場所だけ確保して構図等は二人任せだったこと。

そしてそれを担った浅沼のアイディアのまぁ残酷なこと。

このジャケを見てください。どう思いますか。

誰もが描く青春の1ページではないでしょうか。

誰もが抱く淡い期待ではないでしょうか。

そして誰もが味わったことのあるであろうオチが裏ジャケにて明かされます。

それだけで構図としては最高なのだが、ここで悩むのが浅沼・鷲崎の配置。

一応二人のCDなのでどこかに微かでも登場させておきたい。

ここがメイキングの醍醐味かもしれないが、完成絵を知ってる身からすると

もうそれしかないんじゃないかという形に収まることになる。

ジャケットだけではなくブックレットの撮影も兼ねて学校を探索し

二人の常人とは違う感性を遺憾なく発揮し様々なシチュエーションを演出してゆく。

何の気は無しにパラパラとめくってしまえば”何気ない”で済んでしまいそうな

でも注視してみれば淡い感情の交差が感じられることを、

DVDでは答え合わせができるかもしれない。

リリースイベント総集編

disc.02はおまけとしてリリースイベントの様子がダイジェストで収められている。

実はこのdisc.2には大いに不満がある。

なぜフル尺じゃなくダイジェストなのだというところ。

※特典映像だからです

なんというか、全部面白い。

大阪弁を話さない人に大阪弁を話さそうとするベタなモノから

曲ふりでボケんのやんのかと思ってたと言ったいいだしっぺが率先してやったり

歌うの二人だけなのに踊るの二人もいたらというシチュになってからの展開とか

しまいにはタワレコのイベント中に店員にちょっかいを出すとか

あぁ、すべてを箇条書きにしてネタバレしてしまおうかという欲に駆られるほど。

もちろん舞台上だけではなく、

大阪を皮切りに名古屋・東京へと巡る道中にもカメラを入れ

二人の何気ない会話を存分に……いや、ある意味

ラジオと同じ空気感でしゃべっているのを映像つきで見られる仕様となっている。

そんな中でも浅沼晋太郎の心遣い気遣いが垣間見れるし

鷲崎健の人を楽しませる才能みたいなものは際立つし

少しだけだが「思春期が終わりません」の収録現場の映像も拝める。

下手なコメディよりも笑える作品なのではないか

DVD二枚組という事を考えても、

なんなら主題歌CD買ってないよと言う方でも

二人が好きもしくはラジオ聞いてますという人ならば手に入れるべき一品だと

大きな声で勧めさせていただきたいと思いますかしこ。

思春期が終わりません! http://hibiki-radio.jp/description/shisyunki/detail