「荒野行動」「Rules of SUrvival」ついにPUBG Corp.から訴えられる

荒野行動ついに訴えられる

日本で大人気の荒野行動ですがついにPUBG Corp.から配信、そして開発中止の提訴。

海外サイトのPCgamesNによると

ただNetEaseで開発された「荒野行動」「Rules of SUrvival」の2つのタイトルに関しては著作権侵害、トレードドレス侵害、および不公平なビジネス競争を構成すると主張しています。

これは言われても仕方がない所があるのですが、「フォートナイト」等、似たようなゲームはほかにもありますが、「荒野行動」に関しては「モバイル版PUBG」「スマホ版PUBG」等と間違った認識をされているのも訴えられる大きな原因としています。

原告は、TorrentFreakによって全面的に苦情を申し立てた結果、「PUBGは回復不能な害を被っている」と主張し、NetEaseに問題のゲームの配布と開発を中止させたいとの事です。

かなり噛み砕いてますが、大体な流れは上記通りです。

似ている部分の資料をかなり多く提出されているので、PUBG側の意見がそのまま通りそうな予感。

ツイッターの反応

意外に擁護派が多い印象


釣りでこのような発言をしているのか本気でそう思っているのかはわかりませんが日本のユーザーは荒野行動の人口が圧倒的に多いので配信停止して欲しくないのでしょう。

荒野行動も配信当初よりもアップデートか繰り返され多くの新機能があるので、PUBGより荒野行動の方が楽しいという方もいいるとは思いますが、似すぎていた点が多すぎるのは流石に野放しには出来ないかと。

そしてこのまま配信停止されるのか、どのような結果になるのか続報を待ちましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加