【アニメ可否不可避】⑤妖怪少女〜モンスガ〜 / 恋愛怪談サヨコさん

漫画にとってアニメ化するかしないかの話題は避けられない!

というわけで、まだアニメ化してない漫画を

可能性がありそうなものと薄そうなものを同列に扱って紹介いたします。

題して【アニメ可否不可避】。

しかも今回は【妖怪アパートの幽雅な日常】を見てて思いついたので

【アニメ報連想 7.5】とも言えます。

妖怪少女〜モンスガ〜

著:ふなつかずき による

週刊ヤングジャンプにて連載されていた作品。

……そう、アニメ化すると思っていたのだが

先日7月19日14巻をもって完結してしまった

よって【つぐもも】をやっていた前期中に書くべきだったが

ちょうどよく今期も妖怪モノがあったで採用だ。

この作者名に見覚えはないだろうか。

そう、10年以上も【華麗なる食卓】を描き切った気鋭で

世界初のカレー漫画を謳った稀代の料理漫画家:ふなつ一輝である。

それだけの人気作を完結させて挑んだ新連載に胸高ぶらせて掲載誌を開くと

……そこには「ふなつかずき」と表記を変え、

萌え美少女が漫画の中を闊歩している世界観が広がっているではないか。

いったいこれは何が起こっているのだろう……?

と一瞬圧倒されたのだが、良く考えれば【華麗なる食卓】でも

ことあるごとに女性キャラは脱いでたし

【BLACK CAT】→【To LOVEる】へ方向転換した

矢吹健太朗的変化と思えば支持できる思考へ変換できた。

内容としてはメイド喫茶狂いの主人公がそこの目当ての娘や

看病したろくろ首の娘や実妹の生霊と暮らす妖怪同居ハーレムコメディ。

昨今のジャパニメーション伝統ともいえる妖怪美少女化を踏襲しており

もともとの画力の高さも相まって充分以上の魅力を凝縮して提供される。

発端がメイド喫茶ということで、

てっきり単純に簡易に美少女を並べられる設定にしたのかと思いきや

やがてその土地が持つ意味や由縁にまで話が及ぶのが、

さすが一筋縄ではいかない作家だなという印象。

……でもまぁ結局は

ことあるごとにいろんな角度から女体を描きたいだけにも見えるので

それこそ【華麗なる食卓】ほどあっちやこっちの真意を読み取るとか

そこまで気にしなくていい作品であるという事を、

名前のひらがな表記で示しているのかもしれない。

尚、最終巻と同時発売された【すんどめ!!ミルキーウェイ】は

より過激な作品となっているので

萌えを享受したい殿方は引き続き追いかけるが吉だと思います。

恋愛怪談サヨコさん

著:関﨑俊三 による

ヤングアニマルにて連載されていた作品。

こちらも【ああ探偵事務所】という大作を描き終えた後の連載作。

隔週雑誌の偶数号のみ……つまるとこ月刊ペースでの連載で、

同時期のと比べるとやや遅めの刊行ペースであった。

(【当て屋の椿】との比較がとくに顕著か)

のちにヤングアニマルDensiに移りWeb連載される。

ヤングアニマルという雑誌にどういった印象を抱いているのかは

人によってはまぁいろいろあるだろうが

彼の描く漫画にはそう意味での生理的活性を促す成分はやや稀薄である。

主人公もヒロインも純朴で、異常な背景や周囲の中で

見るももどかしいような親交を深めてゆくのが特色か。

こちらの【サヨコさん】もそれに倣い、

恥ずかしがり屋で人見知りで健気な、

一途で純粋な恋心を応援したくなるようなヒロイン像……とは裏腹に

シャレにならない霊障に巻き込まれる周囲のキャラたちが不憫で仕方がない。

その事実に優しいサヨコさんは本気で胸を痛めているので

やはり庇護欲はそそられるのだが、好きな人に振り向いてもらおうとしても

恋愛に関して無知すぎる彼女の行動はやや変質的で常識とはズレがある。

また、この手の作品としては珍しく、

主人公がなんの変哲もない少年ではあるが凡俗ではない点がある。

異常な行動を起こすヒロインを諭すのが主な役割で、

従来の素直さでそこも愛らしいと見守る彼の気概にきっと共感できるはずだ。

困ってる霊を放っておけない故に800体以上もの霊を抱えた大所帯、

歩く百鬼夜行ことサヨコさん。

そんな彼女が生まれて初めて自分の霊障を受けない少年と出会えば

そこに生じる感情も必然というもの。

全8巻ゆるっと読めてしまうので

是非一度手に取ってみてほしい漫画である。

作者の近況としては美麗カラーを生かして

表紙イラストを担当されたようです


――というわけで

……この二つを紹介させて頂きましたが

実は妖怪日常系で連載中でアニメ化が近いのは

高津カリノ著の【俺の彼女に何かようかい】だろうな……

と思いながら締めたいと思います。

>>バックナンバー

ヲタクに恋は難しい + かつて魔法少女と悪は敵対していた

姫のためなら死ねる + 天使1/2方程式

理系が恋に落ちたので証明してみた。+ 間違った子を魔法少女にしてしまった

邪神ちゃんドロップキック + 悪魔も踏むを恐れるところ