【アルスラーン戦記】廉価版BD/DVD順次発売

それ以前の説明は省きまして。

2015年4月より荒川弘版の漫画を原作として作成された大河浪漫。

国を追われた王子が王都を奪還するというのを大義名分に

正当な王子の首元を狙い襲撃する。

……というのが

原作を読んでいないのでどっちの視点が正解か正直今のところ解らないのだが

こういった壮大な伝奇的ファンタジーは面白くないわけがないと思っている。

けして特別武勲に秀でていたり才知に優れているわけではないが

こと人柄の良さと仁愛の深さに強いカリスマ性を宿した主人公が

真なる平和と平等を求めて奔走する冒険活劇で

絶対的な従者数人から徐々に屈強な仲間を増やし大所帯になっていく様

(※ただし美形に限る)は【暁のヨナ】【幻想水滸伝II】にも通じる。

(もっとも、個人的には一番の比較対象は【十二国記】だと思っているが。)

こういったスペクタクルは30分ごとのヒキが強烈なので

こうして廉価版でまとめて視聴できるのは理に叶っているというもの。

少年がいかに王となるか見届けよう。

(尚2期分見終えてもまだ王には程遠い模様)

小林裕介の魅力

主人公、アルスラーンの声優を務めるのは小林裕介

柔和な日常会話に含まれるキャラクターの実直さは

「ヤシャシーン!」と士気を高める掛け声にあっても

荒げきらないという表現で見事に演技された。

同様の芝居は【ブブキ・ブランキ】でも見られ

少年らしい純粋な感情と熱意を

無垢の範疇に収まる絶叫で聞くことができ、

かと思えば、【Re:ゼロから始める異世界生活】では

まともなことを言ってもどこか端っこにゲスさが垣間見える

苦悶、断末魔といった鬼気迫る熱演を見せ、

さらに【この美術には問題がある!】では

日常に違和感を生じさせない程度で変質さも滲ませ

逆に【下ネタという概念が存在しない退屈な世界】では

変態的なことをしながらも声質は清潔感を失わない。

たまたま好きになるアニメの主演を務めることが多く、

なおかつどれも性質の違うキャラを演じ分け

そのバランス配置が実に絶妙だという印象を覚える。

名前を覚えたのは上記作品の時すなわち2015・2016年なのだが

暁のヨナ】【SHIROBAKO】【食戟のソーマ】でも

よく聞いていたという事実に驚愕している。

聞き直せばわかるのだろうが、やはりどのキャラとも違うイメージだ。

帰国子女だったり

社会人出身つまり脱サラで声優を目指しだしたのが遅かったり

ピアノ・バイオリンを嗜み、【SHOW BY ROCK!!】では美声も響かせ

風夏】にいたっては原作者の前で声優ならではの夢の競演を実現するなど

プロフィールの濃さとポテンシャルの高さが隠しきれていない。


2017年声優アワード新人賞を受賞し今一番脂がノっているゆっけ氏に

更なる飛躍が期待できそうだ。

(熱演しすぎて喉を壊さないように願うばかりであるが。)

アルスラーン戦記HP http://arslan.jp/index2.html

アルスラーン戦記twitter https://twitter.com/arslan_anime

小林裕介twitter https://twitter.com/yusuke032510