【ニル・アドミラリの天秤】最終話カウントダウン企画展開中

公式で複雑なストーリーを懇切丁寧に解説

現在放送中のアニメ【ニル・アドミラリの天秤】。

言うほど複雑かなぁ?とは思うが馴染のない大正時代の背景や華族の関係等

深く知ろうと思えば思うほど深い沼にハマれそうな設定を持っているというのは

なんとなく初めから感じていた。

女性向け版葉鍵系を狙ったのかと思うような設定の選び方だと思う。

なにやら今月入ってからtwitterの広告も積極的に使いだして

それは果たして思ったより視聴数が伸びなくて慌てて設置したのか

逆に想定以上の売上に追い注文を稼ぐための宣伝費が潤ったのか

微妙にどっちかは分からないが、個人的には楽しめているアニメの一つである。

面白いけど微妙に理解が追いついていない!という人はこれを機に復習してみよう!

とてもわかりやすい相関図

各話数簡易解説


……と、まだ数話分しかないのでこれから見ても間に合うぞ!

しっかり理解を深めてから最終話に挑もう。

その他 最新情報

非売品レアグッズが当たるキャンペーン

さとい先生描き下ろしB2ポスターが貰えるキャンペーン

Gファンタジーにて漫画連載中

フォロワー18,000突破記念プレゼント

木村珠莉はゲームプレイ済みの模様

【ニル・アドミラリの天秤】とは

INTRODUCTION

大正が15年では終わらず、さらに10年の月日を重ねた日本。
没落の一途を辿る華族・久世家の長女ツグミは家を救うため
、望まない許婿との結婚を決意する。
だがそれに猛反対した弟のヒタキは自室に閉じこもり、自殺を図ってしまう。
まさかの行動に自分を責めるツグミ。
だが彼女の前に「帝国図書情報資産管理局」を名乗る男2人が現れて、
衝撃の事実を告げる。弟の自殺は本が原因であると……。

STAFF

原作:ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚』オトメイト(アイディアファクトリー)
監督:たかたまさひろ
キャラクターデザイン:佐光幸恵
メインアニメーター:安田好孝
色彩設計:古川篤史
シリーズ構成:金春智子
総作画監督:中原清隆/原由美子
プロップデザイン:小川浩
美術監督:楠元裕也
撮影監督:國重元宏
音楽:長谷川智樹
アニメーション制作:ゼロジー
編集:宇都宮正記
音楽制作:ポニーキャニオン
音響制作:セイバーリンクス
キャラクター原案 – さとい

CAST

久世ツグミ:木村珠莉
尾崎隼人:梶裕貴
鴻上滉:岡本信彦
星川翡翠:逢坂良太
鵜飼昌吾:木村良平
汀紫鶴:鈴村健一
鷺澤累:櫻井孝宏

公式HP

公式twitter

関連記事

2018春アニメ序盤雑感-type.B-⑤

【ニル・アドミラリの天秤】帝都博覧会

【ニル・アドミラリの天秤】舞台化決定