【リゼロ】好きの筆者による【かんぱに】プレイヤーのための解説

【リゼロ】×【かんぱに☆ガールズ】コラボ開催中!

半年ほど前に【このすば】とコラボした際に明らかになった

【かんぱに】ユーザーに【リゼロ】好きが多いという事実。

純粋な【かんぱに】ファンにとってはコラボ自体歓迎しにくい背景は

イヤというほど理解できるのだが、

当然すでに開催されてしまったモノならコラボも楽しめた方が断然お得。

かくいう筆者Bも度重なる限定商法に辟易していて

ここ半年ほどほとんど課金していないので気持ちは痛いほどわかる!

(ハロウィン衣装がかわいかったので少し入れたが☆5は出なかった)

それでも個人的に【リゼロ】は大好きなので「待ってました!」と言える派。

課金したかしてないかで言えばしてないのだが

貯まっていたシャインストーンは消化させてもらった。

今現在残すはラムと幼レムを残すのみ。

後者はムリしても手に入るとは限らないが

ラムちーだけは採用しないとレムりんがかわいそう。

今日からピックアップなので残り1週間頑張っていきましょう!

===12/15追記======

無事ラムを迎えられました。

幼少期レムだけはひけませんでしたが……

===========

ちなみに【このすば】での批判の多さから学んだのか

今回の【リゼロ】コラボのイラストはアニメ版と雰囲気の遠くない絵柄で

個人的には全然許容範囲内

幼ラム・幼レム・ベア子に関してはわざわざ小さいモデルを用意するなど

(ちょっとズレてるとはいえ)気合の入ったコラボと言えよう。

そこまでの配慮が出来るなら男性社員を採用できるとか

幼ラム・幼レム用意するくらいならフェルトとかプリシラとか

もっと戦えるキャラがいただろ!とか(プリシラが来たら田村ゆかりがまた増える)

なぜ批判の火種をわざわざ精製するポカをやらかすのか疑問だが

コラボシナリオの方はちゃんとアニメが好きで

どうしても再現したかったんだなという気負いを感じたので

僭越ながらこちらで補足出来ればと存じます。

ラスト1週間ということで今更かもしれないが、

Re:ゼロから始める異世界生活】という作品もとても面白いアニメなので

是非とも一度触れてみてほしい。

世界観設定

昨今のアニメ界に氾濫する異世界転生ものの一つで、

中世ヨーロッパを思わす剣と魔法の世界に突如主人公が転生してしまう。

今現在なぜ転生してしまったのかは明かされていないが

満員電車に揺られて気がつけばアルカレイアに飛んでいた社長と同様

コンビニ帰りにふらっと異世界に飛んでしまった主人公とで親和性が高い

転生特典も乱発不可能社長アタックしか貰っていない社長に対し

こちらは”死に戻り”。

社長同様身体能力強化や超常現象を会得できてるわけではないので

むしろその能力によって地獄を二乗で味わう羽目になるダークファンタジーである。

美麗なビジュアルとメディアミックスの多さで忘れてしまいがちになるが

特に人気の高い青髪メイド服の彼女が特に血みどろぐっちゃぐっちゃになるハードさで

SAN値直葬、実はおいそれと勧めてはいけない残酷さを伴った作品なのだ。

キャラクター紹介

スバル

CV.小林裕介

本作の主人公。

筋トレの賜物で身体能力はそこそこ頑丈で人当たりも良く

なぜ引きこもりをしていたのかがよく解らない少年。

目つきと諦めの悪さが特徴で、ある意味その執念深さは時折狂気とも呼べる。

【かんぱに】の世界でも原作同様白鯨討伐に奔走しており

当然の様にコラボクエストには登場しない。

余談だが、外来語を始め元の世界の言語や食文化の違いが本編中ネタに上がるのだが

【かんぱに】の世界には移転者が多いため彼はきっと逆輸入でもするかのごとく

この世界に感動しているだろう。

でも中立国にもマヨネーズはあったかな……?

エミリア

本作のメインヒロイン。

禁忌とされるハーフエルフの出自でそのことがコンプレックスだが

誰よりも純粋で誰よりも優しくまさに天使と呼ばれるに等しい人物。

スバルもその性格と見た目に惚れて騎士に立候補したくらい。

ただここ【かんぱに】ではハーフどころかがっつりダークエルフが存在し

むしろ彼女の混血具合はファナリルレベルかと推測される。
(もしかしたらアランノールかもしれないが)

あまりコラボクエストでは発揮されていないが死語使い

むしろ原作ファンからするとなぜ彼女がスバルの生きる時代より

昔の言い回しを知っているのか疑問である。

それと語彙が少ないのか「すごーく」をすごーく多用する。

もうそれらひっくるめて可愛い。

パック

CV.内山夕実

エミリアの使い魔……ではなく契約者。よって彼の方が上位。

基本いつでも一緒にいるがなんだか肝心な時にはいつも不在なイメージがある。

前述の通り一筋縄ではいかないストーリーなので

彼も当然見た目通りの愛玩動物で終わるわけがないので気になる方は原作をどうぞ。

【かんぱに】マジシャン恒例3D上の装備に彼が宛がわれることは予想通りだったが

まさか杖の位置に収まるとは……。

というか無手でいいならジブリールもそうすればよかったのでは。

エミリアのことしか大切じゃないので当然それ以外に対して牙を向けることも厭わない。

レム

本作の一番人気ヒロインの青髪メイド。

スキル名で明かされている通り鬼族の末裔で怪力の持ち主。

幸い【かんぱに】にもセンオンがいるので世界観は共有しやすい。

一途といえば聞こえはいいが思い込みも激しく

序盤の死に戻りの大半の原因になるほど好戦的でもある。

エミリアが朴念仁なのでその代わりとでもいうように

ことごとくあらゆる場面でヒロイン属性を発揮して

王選以外のスバルの行動理念のほとんどを彼女が占めてると

そう思わせるほど彼との情は深い。

ちょっとサイコパスの気もあるので【ノゲラ】のシロ同様、

正直【かんぱに】に来て社長にあんなこと言うとは思えない。

ラム

レムの姉の鬼メイド

そのべったり具合はメルノアアイノアをも凌ぐほど依存している。

スバル曰く「妹に勝る部分が一つもない」のだが

本人はそれを気にするどころか自慢げに受け入れる謎の度量を持つ。

表情を崩すことは極端に少なく常に傲岸不遜

それこそスバルの事なんて文字通り虫けらを見る目そのものだ。

こういう美少女ラノベにしては珍しく、

主人公に対して好意のひとかけらも抱かないキャラ。

もちろんある程度の信頼と心配はしているのだが

それが別ルート以外の本筋で表面化したことはほとんどない。(なくもない)

尚、わけあって幼ラムの方が現在のラムより遥かに強いのが原典である。

ベアトリス

エミリアの住まうお城を自宅警備しているお子様。愛称はベティー。通称ベア子。

厳密には違うがロズワールが出てこない限り関係ないので気にしなくていい。

異次元レベルの司書に引きこもっているのでユイと空間を共有できるかもしれない。

喋り方にかなり特徴があるので対話の台詞等が無いのが悔やまれる。

コラボシナリオでも突然現れ”扉渡り”を披露したが、

要は自身の住まう大図書館の扉が”どこでもドア”になっているという代物。

扉を開けると言う行為がトリガーとなってどこへも出れるし逆に入れないこともできる。
(が、スバルにだけは安々と破られる。)

本来は屋敷と一部の出口限定。

何気にスバルの事を一番助けてるのが彼女で、正直足を向けて寝られないレベル。

尚、当然見た目通りの子供でもなければむしろ下手したらこの中で年長である

当然本来は☆4で収まる器ではないので弱体化されていると考えよう。

クルシュ

王選におけるエミリアの正当ライバルにして一時共闘相手。

その共闘した場面がまさしくコラボイベントの白鯨戦である。
(エミリア・ラム・ベアトリスは参加してないが)

男装麗人ではあるのだが特段男性には見えない。

清廉潔白で実直で堅物なので少し天然っぽくもある。

過去編の第4王子とのやりとりはお涙必至なので是非読むことをお勧めする。

とりあえず【かんぱに】上でのスキルが超かっこいい。

それこそ【かんぱに】の公国やら上位組と実りある話でもしてそうだ。

というかローズの隣にふさわしいのはむしろ彼女ではないだろうか。笑。

フェリス

クルシュの騎士にして癒術師。

デフォルトでケモミミを備えているので

エルザ等がいることを考えるとなんら遜色は無い。

最高峰のヒーラーなので【かんぱに】世界観的にも大歓迎。

……だが男だ

個人的にも確かに含むところあるのだが

でもコラボ興味ない人なら見た目と声優で気にしなければいいのに、とも思う。

本編でもそりゃあ活躍してるので彼が相応しくないとは言わない。

……ただ、男なのだ!

白鯨

喰われると存在ごと消え去ってしまうという最悪の魔物。

記憶から消えるとかそういうレベルではない。

ジェノサイドの巻物を喰らったと思えばわかりやすいだろうか?

なので本来こんなに簡単に倒せてはいけないモンスターなのだが

まぁきっと弱体化してるのだろう。

本編の討伐バトルシーンはこれでもかというド派手アクション。

特に渋いおっさんの悲願達成の瞬間は震えるほどかっこいいぞ!

【かんぱに】装備のクルシュのスキルもその際に披露されたものだ。

尚、あたかもみんな一緒に倒しましょうと藹々と結託してるように見えるが

本編では以後に待ち受ける魔女教襲撃に備えるために

本来敵同士のクルシュ陣営の戦力をなんとか借りられないかと

主人公が画策した苦肉の案の一つ。

クルシュを現場に駆り出させるために何回死んだんだろうスバルきゅん。

ペテルギウス

CV.松岡禎丞

さてさて、フェリスのプレイアブル化も問題なのだが

個人的にもっと突っ込みたい部分が出てきてしまった。

過去コラボの主人公キャラにもなかった立ち絵が

なんとプレイアブル以外の男性キャラ史上初の立ち絵

このペテ公で解禁されてしまった!

頑なに男性キャラのバストアップは作らないのかと思いきや

こいつのは作るんかい!?

だったらまずはスバルやカズマやソラのCG用意せんかい!

――とはいうものの、ペテルギウスは【リゼロ】象徴するキャラでもある。

致し方が無い。

WARNING!で遭遇したものなら知ってると思うが

ついぞ禍々しい姿に変貌して執拗に主人公を苦しめた。

レムも何度彼に捻り潰されたか……(文字通り)

こうして怒りを思い出してしまうくらい強烈なキャラなので

やっぱコラボしてくれてうれしかったなと改めて思った次第です。

尚、余談ですがこいつ【ノゲラ】コラボのリク&ソラと同じ声優です。

もっといえば【かんぱに】から流れる初の男性ボイス

……だったらこれまでのコラボ主人公のボイスも録ってよかったのでは?

最後に

というわけで個人的には課金はしてないけどコラボ自体は楽しんでます。

前回は時期的にこの【リゼロ】だったら自然だなぁと思って

つい予想なんて立ててしまいましたが、また半年後にくるであろうコラボは何になるだろう。

やっぱり異世界ものだと自然だよねぇ。

……【異世界魔王】とか?

KADOKAWAってことを考えると【ソードアートオンライン】あたりも可能性ありそう。

というか【かんぱに】のキャラとシナリオが好きでやってるので

コラボなくても不満は無いのよ?

かんぱに☆ガールズ twitter

かんぱに☆ガールズ DMM

リゼロtwitter

リゼロHP

関連記事

【かんぱに☆ガールズ】に初の男性プレイアブルキャラ登場

【このすば】好きの筆者による【かんぱに】プレイヤーのための解説

【かんぱに】このムゲンノ-世界に祝福を!【このすば】コラボ

【ノゲノラ】好きの筆者による【かんぱに】プレイヤーのための解説②

【ノゲノラ】好きの筆者による【かんぱに】プレイヤーのための解説①

【ノゲゼロ】好きの筆者による【かんぱに】プレイヤーのための解説①

【ノゲゼロ】×【かんぱに☆ガールズ】コラボ開始!

【Re:ゼロ】OVAタイトル・キービジュアル全容・上映時期公開!【リゼロ】

【され竜オルケストラ】公式アンソロジー レビュー②

【C93情報】Giftアニメ関連まとめ①

【Re:ゼロ】脳が震えるLINEスタンプ登場

【Re:ゼロ】画集発売+特典小説2冊付き!