【妖狐×僕SS】Blu-ray Disc BOX発売

2017年11月22日に発売決定

【完全生産限定版】

価格:25,000円+税/ANZX-13841~13846
DISC6枚組(本編BD3枚+特典BD2枚+特典CD1枚)

収録内容

DISC1
第1話「いぬとぼく」 第2話「淋しがり屋の犬」 第3話「ほんとうの契約」 第4話「妖館ウォークラリー」
特典映像:ノンクレジットオープニング、第2話・第3話・第4話ノンクレジットエンディング

DISC2
第5話「春の蜻蛉」 第6話「考えるよりも」 第7話「ふたりのよる」 第8話「お茶と距離」
特典映像:第5話・第6話・第7話ノンクレジットエンディング

DISC3
第9話「約束の日」 第10話「裏切りの妖狐」 第11話「陽炎」 第12話「二人になった日」
第13話(TV未放映)「御狐神くん変化」「スイッチ」「おままごと」
特典映像:第9話ノンクレジットエンディング

DISC4
イベント「妖狐×僕SS ~シークレットなサービスなんて し、しないんだからね!~」(昼の部)
特典映像:劇場特典映像、「WATANUキッチン」第1部(出演:江口拓也)

DISC5
イベント「妖狐×僕SS ~シークレットなサービスなんて し、しないんだからね!~」(夜の部)
特典映像:「WATANUキッチン」第2部、メイキング映像(出演:江口拓也/ゲスト:村瀬克輝)
*イベント内で流れた「WATANUキッチン」第1部・第2部をパッケージ版で収録!
*メイキング映像にはオフショット満載!

DISC6
「ENDING SONGS」(6曲)&ミニドラマ
01「楽園のPhotograph」御狐神双熾(中村悠一)
02「君は」白鬼院凜々蝶(日高里菜)
03「太陽と月」反ノ塚連勝(細谷佳正) /雪小路野ばら(日笠陽子)
04「one way」渡狸卍里(江口拓也) /夏目残夏(宮野真守)
05「one way ~夏目残夏 Only Version~(TV size)」
06「sweets parade」髏々宮カルタ(花澤香菜)
07「SM判定フォーラム」青鬼院蜻蛉(杉田智和)
08根元歳三書き下ろしオリジナルミニドラマ 『それからの日々』

限定版特典

Blu-ray完全生産限定版特典

◆ キャラクターデザイン 飯塚晴子描き下ろしジャケット

◆ 特典CD:「ENDING SONGS」(6曲)&ミニドラマ ※

◆ 音声特典:オーディオコメンタリー ※

◆ 原作者 藤原ここあ描き下ろし漫画 ※

※…既発売の単巻Blu-ray・DVD収録内容と同内容になります。

*商品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。

あらすじ

妖しいヒミツがいっぱい、
主従マンションラブコメディ!!

最強のセキュリティを誇ると言われている高級マンション「メゾン・ド・章樫(あやかし)」。そこは通称「妖館(あやかしかん)」と呼ばれていた。噂が絶えない妖館だが、その実態は妖怪の“先祖返り”の人間達が住む妖しいマンションだった。人と上手く接することができないことが悩みの白鬼院凜々蝶(しらきいん りりちよ)は、そんな自分を変えるために妖館へやって来た。そこで出会ったのは入居者へ必ず1人割り当てられるSS(シークレットサービス)といわれるボディーガード、御狐神双熾(みけつかみ そうし)。双熾は凜々蝶へと懇願した…。

「僕を貴女の犬にして下さい…!」

CAST

白鬼院凜々蝶 : 日高里菜
御狐神双熾 : 中村悠一
反ノ塚連勝 : 細谷佳正
雪小路野ばら : 日笠陽子
渡狸卍里 : 江口拓也
夏目残夏 : 宮野真守
青鬼院蜻蛉 : 杉田智和
髏々宮カルタ : 花澤香菜

藤原ここあtwitter(凍結) https://twitter.com/cocoafujiwara

妖狐×僕SS HP http://www.inuboku.tv/index.html


では以下隠し切れない慕情。

【妖狐×僕SS】とは

【妖狐×僕SS】の魅力

【いぬぼく】こと、【妖狐×僕SS】。

和製妖怪を擬人化し妖怪同士で仲を深めていくラブコメディ。

まずその絵柄が好きと答える者も多いだろう。

【dear】の途中からその傾向は顕著になっていったが

美少女はもちろん美男子も抜かりなく

男性が好きな女性萌えデザイン・女性が好きな男性萌えデザインという

本来相容れないはずの需要を見事に許容した稀有な作品であるところが

特別な思い入れの一端となっている。

ストーリー的にも、表面だけを見れば美男美女同士の恋模様が主軸ではあるのだが

内面に目を向ければ

自分に自信がない、自分が嫌い、他人に理解されにくい悩みがある等

過去のトラウマや後悔を引きづる葛藤とどう向き合うか、

向かった上でどう受け入れるかといったやり取りが交わされ

その健気な思いが成就され長年凝り固まった観念がほどかれてく様は

一種のカタルシスである。

自分が嫌いだと思う気持ちから相手へぶつける想いが変化していくのを見て

共感を覚えたファンが、この作品を今でも支持しているのだろう。

……というか妖怪伝奇もので得物も振り回してるのに

戦闘がメインでないのも珍しいのではないか。

たしかに百鬼夜行と称して敵味方の全面戦争はあるのだが

あくまで意思と意地の張り合いの延長線。

こちらも結局は想いの行方の有り方の一つだ。

第2期への期待

テレビ放映から6年、

原作:藤原ここあ氏が亡くなり約900日。

奇しくもdavid productionが手がけている現在放送中のアニメ

【サクラダリセット】が佳境に入っているこの時期に

BDBOX発売の情報が開示された。

思えば【サクラダリセット】も時をかけて物語が交錯する内容なので

この【妖狐×僕SS】とも親和性が高いということに今気が付いた。

幾許かの年月を経て再びこうして表立った動きを見せてくれたことに

まずは感謝の意を禁じ得ないが

それに伴いより大きな期待が心の中でもたげるのを止められない。

第2期、願わくば最終話まで、どうにかアニメとして放送してくれないだろうか、と。

実質全11巻中3巻分しか放映されていないので、ボリューム的には問題なし。

このBDBOXが売れてくれれば予算的にも問題なし。

そもそもパッケージ版の売上で十分以上のセールスがあったので尚の事。

完全にアニメ化を視野に入れていたであろう【かつて魔法少女と悪は敵対していた。】

が、成功したその暁には……とあったかもしれない未来に馳せる想いは共通だ。

豪華声優陣

そして声優的にもそれを基準に選んだんじゃないかと思わせるほど

しゃべって面白い人が揃っている。

また誰一人欠けることなく今なお第1戦で活躍し続ける者ばかりで

むしろもともと頭角を現していたとはいえ

日高里菜・江口拓也・細谷佳正等は以後の活躍が目覚ましい

こちらのBOXにも収録予定のイベントに至っては

もはや伝説になっていると言っても過言ではないはずだ。

【WORKING!】と並んで近代声優動画の金字塔となっており

杉田智和と花澤香菜のやり取りを見たことがあるという方も多いだろう。

実際、それまでアニメはもちろん声優にも興味の薄かった筆者Bが

ここまで2次元に肩入れするようになったのは

【いぬぼく】声優陣が魅力的だったからに他ならない。

【いぬぼく】関連商品で唯一このBOXに収納されていない音源、

ラジオ・ド・章樫」。

DVDの副音声があまりにも面白くて探してたどり着いたのだが

これまで自分の中を占めていた割合が変化するほどの影響があった。

むしろこのBOXに入らないのが無念ですらある。

是非どこかで試聴してほしい。

最後に

ちなみに、これみよがしに「未放映の第13話」と書いてあるが

パッケージ版第7巻に収録されているものと同じなので

けして未発表映像ではないことに注意だ。

つまりこれを買ったからと言って何か新しい物を拝めるというわけではない。

正直イベント含めDVDで初回生産版で揃えているし、

BDを再生する機械を持っていないのでこの商品を買う理由が全くもってないのだが

購入しようと思っている

すべては、再びこの作品が陽の目を浴びることを夢見て――

以下、同士の声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加