【覆面系ノイズ】第5弾までCD発売中

現在放送中のアニメ【覆面系ノイズ】劇中バンド「SILENT BLACK KITTY」の

シングルが本日6/14日に発売された。

これまでアニメオープニングエンディング含めて「in NO hurry to shout;」が

実に4枚シングルを発表しており、

本編と連動してこのタイミングというものにドラマ性を感じさせてくれて

リリース時期までも上手く練られたプロジェクトだなと言う好印象。

しかも、計6枚すべての購入者対象に無料ライブチケットの抽選権を得られる。

先行予約とかではなく無料招待。

これは覆面系ノイズファンじゃなくても”買い”の商品ではないだろうか。

早見沙織&高垣彩陽

本作が劇中バンドに気合を入れているのはこのキャスティングから読み取れる。

良くも悪くもクオリティ重視だったのだろう。

確かな歌唱力と澄んだ天性の声質を持ち合わせる

キャラソンに定評のある早見沙織と、

オペラ的な歌唱法すら会得しmelodiaというクラシカル特化のCDを出すほど

声優界のDIVAと呼んでも過言ではない高垣彩陽

では、なぜ”悪くも”かというと、つまるところ両者ともバンド向けの声でないのだ。

【SHOW BY ROCK!】等と違って割とガチなロックがコンセプトのはず。

正直、美桜=高垣彩陽はわからなくもないが、ニノ=早見沙織は少々不安が先行した。

だが、忘れていた。そういえば声優だった。

in NO hurry to shout;の切なさとやりきれなさ、つまり精神的なノイズと

SILENT BLACK KITTYのいろいろ悟らせたくない複雑な心境が

各々のCDから感じとれるのではないだろうか。

NARASAKI&Billy

どうやら演奏メンバーは大きく変わらないようで、

どちらも安定した楽曲を届けてくれる。

違いは担当する作曲者というところで差別化が図られた。

NARASAKIは生粋のロッカーまたはメタラーではあるが

どういう因果かキャラソンアニソンの作曲を数多く担当している。

近年で言うところの【鬼灯の冷徹】【監獄学園】【絶望先生】と

どうだろう、なんとなくイメージがつかめたのではないだろうか?

彼のソリッドな楽曲と早見沙織の柔らかい声で、

イノハリの一つの正解を見せてくれた気がする。

一方黒猫の方はBillyが担当。

名前だけでピンとこない、と言う方はTRUSTRICKと言えば伝わるだろうか。

【少年メイド】【俺物語!】【ダンガンロンパ】主題歌の演奏担当だ。

ともすればポップロックと取られそうなところを高垣のボーカルが哀愁を添える。

こちらも「なるほど」と思える解釈で示してくれた。

いよいよ物語は佳境に差し掛かってきていると思うが

ぶっちゃけ内容が苦手!と言う人でも楽曲は一聴の価値があると断言したい。

……最後の一文で気付いた方がいたら明かしませんが今のうちに謝っときます

m(_ _)m

わたしは、ほんとのところを、かくしてる

公式HP http://fukumenkei-anime.jp/

公式twitter https://twitter.com/fukumenkeianime