【音己知賑】㊽ZAQ

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場した楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

2017年度出場全アーティスト制覇を目指して引き続けてきましたが

もう2018年の出場者が発表されてしまいましたね……・

まぁいいか。あと少しで全員分なので続けます。

終わり次第2018のメンツに移ります。

各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

ZAQ とは

ニコ動出身……というよりはニコ動から影響を受けたアーティスト。

その作風はヒャダインこと前山田健一の色を思わせる。

まぁ、本人もそれを隠していない。

初めは【中二病でも恋がしたい】……よりもぜんぜん前で

今確認できる情報では【未来日記】のイメージアルバムが一番古い。

(そしてその時点でだいぶやりたい放題である。)

作詞作曲編曲というクレジットで裏方としてデビューしたが

本人は子供のころからアーティストを目指していたこともあって

【中二病】で念願の歌手デビューと相成った涙ぐましい経歴が見える。

だが、ほとんどの者がそうだったと思うのだが

1stシングルのアーティスト写真があまりにケバすぎて悪い意味で度肝を抜かれた。

インパクトはあるがどう考えても悪印象で、

この先継続して表舞台で活動していけるのか心配になったものだが

どうやらそれは杞憂に終わったようで良かった。

いかんせん楽曲はもちろんの事、歌声も艶があって歌唱力の粗も特になく

汎用性の高い聴き心地だったからだ。

尤も、そのあたりが数多のオーディションで落選した理由だとも取れるが

彼女の才能は制作側に溢れている。

本人が作った曲を本人が歌って何が悪い!

下手じゃないなら全然かまわないだろ!

ということで、裏方で楽曲提供しつつ自分でも積極的に主題歌を歌うという

今までありそうでなかった二足の草鞋を履き歩み続けるアーティストとなった。

(だいたいどっちかに特化していくものなのだ)

歌声はどの曲も伸縮性のある芯の入った感じで統一されているが

楽曲はというと実に七色マーブル模様。

ポップを基調としてシンフォニックに加速したり

ゆったり穏やかなバラードに寄ったり多種多様だが

彼女の本領が発揮されるのはごちゃっといろんな音が混ざった破天荒サウンド。

それこそヒャダインを彷彿とさせる編曲で、

計算してるんだかしてないんだかわからない不協和音が聴いてて飽きない。

歌詞に関しては完全にタイアップ先に合わせて来ていて

並の作詞家が「アニメを意識しました~」という浅い匂し方を鼻で笑うように

がっつりそのアニメ以外でだと違和感を発生させそうなほど寄り添っている。

(といってもそのアニメを知らなければ普通に解釈できるレベルではあるが。)

どうだい?【中二恋】は彼女の色100%でそれ以外の楽曲が思いつかなかろう?

【よう実】も【鋼殻のパンドラ】も登場人物の心境じゃん!と納得できたろう?

作曲の幅が広すぎるので当然個人的に好きな曲もそうでもない曲は存在するが

それでも彼女の作った曲は一通りライブラリに置いておきたい、

そう思わせる面白い作曲さんだという、そんな認識である。

テーマソング制作という大役をこなしきって超お疲れ様でした!

まさに大団円というのにふさわしいスタージにした素晴らしい楽曲だと思います。

これからもキャラソン劇伴関係なく見つけたらなるべく集めていく所存です。

ZAQ 最新情報

中二病じゃなくても曲提供したい

ZAQは良い仲なのん

アニサマ2018にも出演決定!

アニサマHPZAQ HP

以上でアニサマ2017出演者全員網羅です。

お付き合いありがとうございました。

特に反対意見がなければ2018もやります。

宜しくお願いします。筆者B

バックナンバー

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 

  

 

アニサマのセットリストと関連ツイートまとめ

1日目前編 1日目後編

2日目前編 2日目後編

3日目前編 3日目後編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加