【魔法使いの嫁】サントラ発売記念、松本淳一シークレットライブ決行!

12月20日【魔法使いの嫁】オリジナルサウンドトラック発売

只今ひっそりとしかししっかりと好評放送中の【魔法使いの嫁】、

映像美とストーリーを盛り立てて止まない劇中音楽の発売が迫っている。

東京エスムジカとのコラボも見せる、坂本龍一 featuring Sister M のMさん

こと、限りなく透明に近い淡緑色したボーカリゼーションの坂本美雨

リベロアーラ

【Re:ゼロから始める異世界生活】や【ブブキブランキ】で

調和と不調和を自在に行き来するコーラスワークを見せるKOCHO

君の行方

邦楽ヒットシンガーでありながら【銀色の髪のアギト】や【最遊記外伝】を

緊張感を煽るオーケストレーションとともに鮮やかに彩ったKOKIA

精霊の舞 ~Dance of the Spirit

うら若き新星高校生シンガー、北條響が歌った

チセとルツの魂を溶け合わせる契りの儀を包む

アンノドミニ

という贅沢な挿入歌はもちろんのこと

各場面で各方面で絶賛されているインストゥルメンタルを中心に収録。

牧歌的というよりは幻想世界よりの民族音楽で

すこし仄暗い湿った雰囲気のものが個人的には特にお気に入りだ。

ダークイージーリスニングと言ってもいいかもしれない。

そんな【魔法使いの嫁】の劇伴を主に担当するのが

松本淳一という作曲家である。

アニメはニコニコ動画で視聴しているのだが

音楽に対するコメントのまぁ多いこと。

サントラ発売へかかる期待もその分大きいというもの。

まずはその日を迎えるのが楽しみだ。

購入者対象ミニライブ&トークショー

Matokkuというユニット名でライブをこなす(こなしていた)パフォーマーである彼が

どうやら生演奏を聴かせてくれるらしい。

ハーモニカやアコースティックギター等もそうなのだが

アンプラグドの楽器はパッケージソフトと生とでは

聴く印象は大きく変わる。

いや、印象は変わらないかもしれないが、包容力が断然違う。

オーケストラのホールコンサートが人気コンテンツであることからも

その体感は明白だ。

しかもおそらく使用される楽器は

普段の我々には馴染のないものばかり。

その摩訶不思議な音色に触れられるのは抽選に選ばれたごくわずかの人数のみということで

当った方は存分に酔いしれよう。

松本淳一 最新情報

matokku解散ライブ終了

【MR.LONG】の劇伴も高評価獲得

珍楽器の使用を明言

【魔法使いの嫁】最新情報

ゲストキャラのキャストが相変わらず豪華

胡散臭いエリアスの原画公開

【魔法使いの嫁 星待つひと】振り返り上映決定


【魔法使いの嫁】とは

羽鳥チセは15歳の少女。
彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。
ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。

そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、
異形の魔法使い・エリアス。
自然と寄り添い、悠久の時を生きる魔法使いの暮しの中で、
チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく…。

これは、世界の美しさを識る為の物語。

STAFF
原作: ヤマザキコレ(マッグガーデン刊)
シリーズ構成/監督: 長沼範裕
脚本: 高羽彩
キャラクターデザイン: 加藤寛崇
色彩設計: 小針裕子
美術監督: 竹田悠介
撮影監督: 鈴木麻予
CGIディレクター: 須貝真也
2Dワークス: 西谷知恵
特効監修: 谷口久美子
特殊効果: 荒畑歩美
編集: 今井大介
音楽: 松本淳一
音楽制作: フライングドッグ
音楽制作協力: BASiLiCA
音響監督: はたしょう二
アニメーション制作: WIT STUDIO
製作: 魔法使いの嫁製作委員会

CAST
羽鳥チセ:種﨑敦美
エリアス:竹内良太
ルツ:内山昂輝
シルキー:遠藤綾

MUSIC
「Here」JUNNA
作詞 : 岩里祐穂 / 作曲・編曲 : 白戸佑輔
「環-cycle-」糸奇はな
作詞 : 小峰公子 / 作曲 : 吉良知彦 / 編曲 : 上野洋子・吉良知彦

魔法使いの嫁twitter https://twitter.com/mahoyomeproject

魔法使いの嫁HP http://mahoyome.jp/

関連記事

種﨑敦美ブレイク!担当キャラクターまとめ

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-⑥

【魔法使いの嫁】新情報一挙に開示

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加