お台場ガンダムがついに退役(´・ω・`)撤去の順番が最終話と同じ!

というわけでお台場に2009年7月に登場した1/1スケールガンダム「RX-78-2」ですが、

皆様におしまれつつ、2017年3月5日(日)をもって展示を終了し撤去となっております。

一時期は静岡に移動したりもしましたが、今回は完全撤去となりまして、

少なくとも40周年の2019年までは再起動の可能性はないとのことでございます。

ファンの間では、撤去作業のパーツ取り外しの順番が原作の最終話でガンダムが壊れていく順番と

同じということで話題になっておりました。ファン感涙( ;∀;)

今年の秋には、1/1スケールユニコーンガンダムデストロイモードが登場とのことですが、

分解されたガンダムはどこに行っちゃうんでしょうか…

撤去した初代は大阪に設置を、ぜひ関西で再起動をという可能性は…なさげですね…

↓ちなみに中国大陸では人里離れた農村部で、すでに新型が極秘開発されている模様です。

新型モビルスーツ極秘開発現場 (c)はちま起稿

関西で巨大ロボのモニュメントというと、神戸市の等身大「鉄人28号」が有名ですね。

駅からほど近い、いわゆるふつ~の公園にいきなり現れる鉄人の姿は

いろんな意味でなかなかインパクトがあります。シュールさの中にリアリティを感じます。

その他、実写版パトレイバーで撮影に使われた「98式AVイングラム」がイベント

で展示されたなどはありますが…やはり巨大ロボと言えばガンダムであります!

関西に巨大ガンダムはないのかい!となりますと…

2015年11月19日に大阪府吹田市のエキスポシティ内に出来た

バンダイ直営のガンダム専門店「GUNDAM SQUARE」の前にあるバトルモニュメントが

なかなかの迫力と評判です。5M級個体のガンダムとシャアザクが

ビームサーベルとヒートホークでバトルしております。

夜になるとライトアップもされたりして非常にかっこイイ!!(・∀・)

しか~し!やはり男のロマンは1/1スケールでしょっ!!

乗れそうなぐらいでっかいガンダムはないのかいっ!!となると…

知る人ぞ知るところに存在しておりました…

高速道路を走ったことがある人なら見たことがあるかもしれません。

中国自動車道を関西方面から、岡山県に入りちょうど半分ぐらい来たところ。

津山市に入って10分ぐらい、吉井川という川を越えると見えてきます。

進行方向向かって左、眼下を助手席からぼーっと眺めていると…(運転手さんはよそ見禁止です)

半分開いたドックのような建物の影から見える、どう見ても巨大ロボなシルエット。

(グーグルマップでもちらっと確認できます。)

一般道で近くまで行ってみると、

のどかな風景の中、強烈な違和感と共にガンダムっぽいシルエットが見えてきます。

しかしそこは、なぜか道の駅「久米の里」。

その一角にたたずむ「1/3スケールぐらいのゼータガンダムっぽい機体」Σ(・口・)

だれが作ったのか、

なぜ作ったのか、

なぜここに設置されることになったのか…

すべての疑問はここで解決!

↓↓↓↓↓↓↓

久米の里の秘密

人が乗れるのが巨大ロボとしてはマストですね!!

やはり巨大ロボは、熱い情熱によって作られるということでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加