【されど罪人は竜と踊る】島﨑信長×細谷佳正×洲崎綾 対談まとめ

放送直前3夜連続特番公開中

昨日より最速TV放送された【されど罪人は竜と踊る】。

そちらに先駆けて声優同士の対談と朗読劇が公開されているので

作品ファンはもちろんそれぞれの声優のファンも是非チェックしよう。

そしてあわよくば【され竜】自体に興味を持って視聴に漕ぎ着けてもらえるとありがたい。

(でもSAN値の保障は致しませんあしからず)

では以下に概要をまとめてみた。

内容にはほとんど触れないので実際見て聴いて味わってください。

第1夜

半年も延期したアニメなので当然と言えば当然だが

アフレコはとうの昔に撮り終わって久々のされ竜談義らしい。

島﨑は番組を背負ってるという意識か世界観をひたすら誉めまくり

細谷は演じる喜びをひたすら主張する展開。

……いや、どのアニメでも普通の紹介の仕方なんだろうが

いかんせん内容を知ってる方からすればむず痒いことこの上ない。

ひとことも「エグいよ」と発していないが大丈夫だろうか。

それともその辺りは映像化に伴いやはり緩和されているのだろうか

そして洲崎はひたすら聞き役に。

あ、彼女は完全に保険というかまとめ役なんだな。ふわふわした二人の。

まぁ、ぶっちゃけアーゼルさん視聴者役みたいなところあるからな。

ガユスを実況者とするなら。

第2夜

第1夜が対談だけで終わったので「?」と思ったが

その章ごとに完全に割り振る形式だったらしい。

よってこの第2夜は朗読オンリー

ヘロデルと酒を飲んで酔っ払ったガユスをギギナが介抱(?)するシーンがたっぷりと。

なぜよりによってここなんだろうという、ひたすら島﨑の酔っぱらい演技が見られる。

地の文と台詞の演じ分けが判り易かったからかもしれない。

ギギナが素面でぶっ飛んだことを言ってるのがよく解るシーンでもあるのだが

初見はその辺り読み取れているだろうか?

尚、ギギナ本人は冗談のつもりは微塵しか無いため、

細谷の演技はあれで合っている。

おぉ、すげーこの二人思ってた以上にガユスとギギナだ

素晴らしいキャスティングだと言わざるを得ない。

第3夜


再び対談の席へ。

朗読を終えた二人へ感想を促したり

見どころや意気込みを聞き出したりがんばって洲崎が回している。

当然話題の中心は島﨑なのだが、制作側が彼に言ってほしい部分を洲崎が促すイメージだ。

あれ、この方。西明日香と話してる人とは別人かな?

※作品がただシリアスなだけです。

とにかく「原作の文字そのままというわけにはいかない」という部分を強調しつつ

絶対原作を読んでほしいと主張する島﨑。

でも大丈夫だろうか。

「アニメはよかったけど小説はよくわかんなかった」と逆に敬遠されるのではないだろうか。

いや、むしろ解らない方がマシ、まであるか。

アニメでは描かれないであろうアナピヤ編を読んでなお

【され竜】ファンを名乗っている人はちょっと病気だと思う。

まぁその患者が意外と多いからアニメ化まで至ったんだろうけど。

まとめ

というわけで、メンツの割には比較的真面目な特別番組になっているので、

アニメのいい予習になるであろう内容となっている。

注目すべきは、戦闘や用語もそうだが会話劇を推していたのは激しく同意。

正直浅井ラボの小説が面白いと思われている一番の要因と言っていいだろう。

ここまで来てようやく気付く。

……あれ、もしかして

ジョークの飛び交う面白おかしい番組になると思ってたのは自分だけだったかしら?

されど罪人は竜と踊る とは

然現象・物理法則の再現、
物質の生成を超物理的に行うための技術体系〈咒式〉。
この咒式によって、
人類はかつて〈魔法〉として恐れられた力を自在に操ることに成功した。
〈咒式〉は生活のあらゆる分野に恩恵をもたらし、
跋扈していた〈竜〉や〈異貌のものども〉すら駆逐する勢いで、
急速な発展を遂げていた。

式を使い、問題解決と賞金稼ぎの生業に明け暮れる、
ふたりの攻性咒式士、ガユスとギギナ。
混沌とした国境の街、エリダナで咒式士事務所を構える彼らに
〈竜〉を狩る仕事が舞い込むのだが、
それは絡みあう陰謀と策謀の始まりだった――。

たりの主人公の軽快にして絶妙な掛け合い、
〈咒式〉という独特な技術体系を綿密に描いた戦闘描写。
そしてなにより世界の理不尽な残酷さを正面から描き切るその作風で、
「暗黒ライトノベルの始祖にして最終作」と称される『されど罪人は竜と踊る』。
現在、小学館ガガガ文庫より19巻まで刊行され、
長らくアニメ化不可能と言われ続けた本作が、
TBS・BS-TBSにて2017年10月よりTVアニメ化!

ガユスとギギナ、天敵にして相性最悪で最高の「相棒」たちの物語が動き出す!

OP:「divine criminal」 / fripSide
ED:「décadence -デカダンス-」 / 黒崎真音

TBS: 4月5日(木)深夜1:58~
BS-TBS:4月7日(土)深夜1:30~
※放送日時は予告なく変更なる可能性がございます

タイトル:されど罪人は竜と踊る (2018)
原題:Dance with the Dragons
制作・スタッフ:錦織博 #セブン・アークス・ピクチャーズ 浅井ラボ 宮城 ざいん
キャスト:島崎信長 細谷佳正
©浅井ラボ・小学館/「され竜」製作委員会

されど罪人は竜と踊るHP http://www.tbs.co.jp/anime/sareryu/

されど罪人は竜と踊るtwitter https://twitter.com/sareryu_anime

関連記事

【され竜】放送直前特番決定

【され竜 オルケストラ】レビュー

【され竜】放送日時・新規キャストの配役公開

【され竜】第2弾PV公開中

【され罪人は竜と踊る】放送延期。

【され竜】プリンセスカフェへ行ってみた【レポ】

され竜】キャラクター紹介

【され竜】追加キャスト公開

谷山紀章をして「アニメ化してほしい」と言わしめた【され竜】とは

【され竜】PV公開&主題歌アーティスト決定

【され竜】キャスト発表