【されど罪人は竜と踊る】第2弾PV公開中

先月中旬に発表

4月開始のアニメのPVが12月中旬に存在しているというところに

驚きを伴うだろうか。

否である

本来ならば昨年10月より放送されていたはずのアニメ。

このPVは本来8月もしくは9月には欲しかった動画のはずである。

とりあえずは、ようやく咒式を発動する瞬間が見れてほっとした。

あとはそれに伴い術式による化学反応や生体変化をどう描いてくれるか……

出来ていないわけではないのであれば、早く見せてほしいところではある。

――とはいうものの、おそらくは今までのアニメを踏襲して

普通の魔法のような処理で描かれるだろうなという予感はしている。

だって発動した際になんの数式らしき演出がなかったもの。

高望みはしないので今度こそは無事放送を終えてくれれば、それだけでいい。

それでも、少しでも咒式や、なにより登場人物の人間模様を

原作から再現しようとしてくれているのであれば

円盤購入のボーダーラインは個人的には非常に低い

twitterにしろHPにしろほとんど更新されないので

不安ばかりが募るのだが。

され竜 最新情報

月刊ガガガチャンネルに浅井ラボ登場


※近日ニコ動会員であれば普通に見れるようになると思われます

アニメスタッフ手書きコメント到着

公式アンソロジー小説発売中

漫画版第2巻発売中

原作最新第21巻3月発売

されど罪人は竜と踊る とは

自然現象・物理法則の再現、物質の生成を超物理的に行うための技術体系〈咒式〉。この咒式によって、人類はかつて〈魔法〉として恐れられた力を自在に操ることに成功した。〈咒式〉は生活のあらゆる分野に恩恵をもたらし、跋扈していた〈竜〉や〈異貌のものども〉すら駆逐する勢いで、急速な発展を遂げていた。
咒式を使い、問題解決と賞金稼ぎの生業に明け暮れる、ふたりの攻性咒式士、ガユスとギギナ。混沌とした国境の街、エリダナで咒式士事務所を構える彼らに〈竜〉を狩る仕事が舞い込むのだが、それは絡みあう陰謀と策謀の始まりだった――。

ふたりの主人公の軽快にして絶妙な掛け合い、〈咒式〉という独特な技術体系を綿密に描いた戦闘描写。そしてなにより世界の理不尽な残酷さを正面から描き切るその作風で、「暗黒ライトノベルの始祖にして最終作」と称される『されど罪人は竜と踊る』。現在、小学館ガガガ文庫より19巻まで刊行され、長らくアニメ化不可能と言われ続けた本作が、TBS・BS-TBSにて2017年10月よりTVアニメ化! ガユスとギギナ、天敵にして相性最悪で最高の「相棒」たちの物語が動き出す!

OP:タイトル未定 / fripSide
ED:タイトル未定 / 黒崎真音

TBS:10月5日(木)深夜2:28放送予定
BS-TBS:10月7日(土)深夜1:30放送予定

タイトル:されど罪人は竜と踊る (2017)
原題:Dance with the Dragons
制作・スタッフ:錦織博 #セブン・アークス・ピクチャーズ 浅井ラボ 宮城 ざいん
キャスト:島崎信長 細谷佳正
©浅井ラボ・小学館/「され竜」製作委員会

されど罪人は竜と踊るHP http://www.tbs.co.jp/anime/sareryu/

されど罪人は竜と踊るtwitter https://twitter.com/sareryu_anime

関連記事

【され竜】プリンセスカフェへ行ってみた【レポ】

されど罪人は竜と踊る】キャラクター紹介

【されど罪人は竜と踊る】追加キャスト公開

谷山紀章をして「アニメ化してほしい」と言わしめた【され竜】とは

【されど罪人は竜と踊る】PV公開&主題歌アーティスト決定

【されど罪人は竜と踊る】キャスト発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加