【音己知賑】①Aqours【アニサマ特集】

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8月25日・26日・27日にさいたまスーパーアリーナにて開催される

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場される楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

目指せ終了日までに全アーティスト網羅。

なお各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

Aqours

ラブライブ!サンシャイン!!】より飛び出した9人組声優アイドルユニット。

メンバーは

高海千歌(CV.伊波杏樹)
桜内梨子(CV.逢田梨香子)
松浦果南(CV.諏訪ななか)
黒澤ダイヤ(CV.小宮有紗)
渡辺曜(CV.斉藤朱夏)
津島善子(CV.小林愛香)
国木田花丸(CV.高槻かなこ)
小原鞠莉(CV.鈴木愛奈)
黒澤ルビィ(CV.降幡愛)

【ラブライブ!】の「μ’s」の姉妹ユニットという見方をしてもいいかもしれない。

なんせ作詞の畑亜貴と愉快な作曲陣に変化はなく

ユニット内ユニットの形状もメディア展開もすべてがμ’sを踏襲しているのだから。

違うのはせいぜい、μ’sは無から道を耕してきたのに比べて

Aqoursはその道に上がる重圧というものが必要以上にかかってしまうということか。

それはアニメ内でも描かれたことであり、

現実の音楽活動でも直面した問題に違いない。

(もっとも、実際はμ’s休止で落ち込んだ心の救世主に映り

引き続き応援する人が多いのが周囲の反応だったが。)

また、μ’s結成時すでに台頭していたと記憶している南條愛乃・三森すずこがいたが

Aqoursに至っては全員がほぼこれが初の大役という者ばかりという印象。

よっぽど乗り換えが上手くいくという自信があったのだろうか。

ちなみにユニット名はAqua(水)とours(私たち)を組み合わせた造語

調べるまではそれに加えて、aq(永久)のアワーズ(時間)とも係ってて

ファンの密かな思いがこもってるな!と思ったが特にそういった意味合いはないらしい。

今回のアニサマ参戦はほぼ既定路線で、

発表前から「Aqours」は確定だろ、の声は見受けられたし

実際トップバッターに発表された。

楽曲は良質なアイドルポップスという範疇に収まる安定感のあるクオリティ。

「Hey!Hey!」といった掛け声の似合う青春ポジティブソングや

アニソン関連の作曲者が多いことから得意分野と思われる合唱曲のようなメディアム調、

演歌一歩手前の哀愁漂う歌謡曲路線、と

あえて言い切ってしまうが、その実邦楽のアイドルソングと大差はない。

(どメジャーの楽曲と比べても遜色がないと捉えてほしい。

ただどちらかを非難する風潮が気に入らないだけ。)

明確な違いがあるとするなら

なぜかμ’s期にもあったロックやメタルやゴシックな楽曲。

もともとフィクション性の高い「アニメ」と言うカテゴリに置いて

こちらの楽曲はさすがに説得力が増幅する。

(個人的には特にGuilty Kiss発信の楽曲全般が非常に好みである。)

それらがポップとバラードの間に混ざることにより、

よりドラマティックさが生まれると感じている。

……まぁそれすらもBaby Metal以降

アイドル界隈では増えてきたジャンルではありますがね。

基本的に若いエネルギッシュでフレッシュな面々が歌っているとあって

アップテンポな曲が多い=好みの曲が多いし

そもそも 山口朗彦光増ハジメといった好きな作曲家が提供しているのだから

大きく外れるわけがないという安心感もある。

期待度の高いアニメNo.1のアイドルユニットのステージに期待あれ!

Aqours 最新情報

電撃オンライン座談会更新

第70回沼津夏まつりに参加

燦々ぬまづ大使 認証式

アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

ラブライブ公式twitter https://twitter.com/lovelive_staff?lang=ja

ラブライブ公式HP http://www.lovelive-anime.jp/uranohoshi/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加