【音己知賑】⑩Minami【アニサマ特集】

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8月25日・26日・27日にさいたまスーパーアリーナにて開催される

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場される楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

目指せ終了日までに全アーティスト網羅。

なお各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

Minami

なぜこのわかりづらい名義にしたのだろうか……

それはさておき、Minamiこと栗林みな実の経歴は大分特殊である。

キャリアとしてのスタートはコミケのスタッフ……声優なのだが

普通は名義を変える人が多い作品への出演へも包み隠さず

声優でありながら作詞作曲をこなす……

というか途中からそちらの活動がメインとなる。

主にアージュ関連のタイアップに関わりが深く、

特に【君が望む永遠】関連にはなくてはならない存在である。

個人的にも彼女の存在を初めて知ったのは

【CDTV】でランキングインした曲(マブラブ再録版)をレンタルしてきてからで、

実は楽曲がアニソンであることも歌っているのが声優であることも知らなかった。

つまるところ彼女の歌声には普遍的な魅力があると感じる。

誰が聴いてもスっと入ってくる無垢で澄んだ声音は

年季を帯びても深みが増すばかりで衰えない。

Sound Horizonへの参加もそのあたりの評価が第一にあったと考えるのが自然だ。

それは弦楽器との相性も良く、Elements Gardenと組めば神聖な響きとなり

JAM PROJECTと混ざれば調和を担い、一種の増幅剤としての効能もある。

また、谷山と出会う前の飯塚昌明のパートナーとしても有名。

彼と組んだ楽曲は何れも評価が高く、

彼のクレジットのないオリジナルアルバムは今のところ存在しない。

(もっとも、それは版権上前作で途切れそうではあるが)

初め、「Patria」を出したころは改名していたことを知らず、

新人さんかな?と思い聴いてみるとめちゃくちゃ聞き覚えのある歌声で

すぐさま栗林だと気が付き、みな実のMinamiか!と直結したのだが

売上が極端に下降したことを考えると、同様に気付いてない人が多いのかもしれない。

なぜなら誰もがみなゴシップを逐一チェックしているわけではないし

ライト層は新譜も出てから手に取るわけで、

“栗林”で認識していれば当然”Minami”を見てもスルーしてしまっているだろう。

この記事で少しでも気付いてくれる人が増えることを願う。

まぁ彼女の場合作曲家としても申し分ないキャリアがあるので

裏方としても仕事が途絶えることはないと思いますがね。

15周年を経てなお新しいことに挑戦し続ける境地を望むステージに期待あれ!

ちなみに個人的に一番好きな曲は「翼はPlesure line」で

カップリングの「snow」も次点になるくらい好きなのだが

公式動画がなかったので泣く泣く割愛させて頂いたことをここに弁明します。

あと、余談だが、”栗林みな実”でtwitterの本人アカウントに辿り着けなくしてるのもイジワルというかなんというか……

Minami 最新情報

Beautiful Soldier通常盤ジャケット公開

【ようこそ実力至上主義の教室へ】EDテーマ。8月23日発売。

花れん、霜月はるか、rinoとの4ショット

4人重ねても声の透明度が全く埋まらない組み合わせである。

【セーラームーン】のクラシックコンサートを見て感涙

アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

Minami HP http://www.lantis.jp/artist/kuribayashiminami/

Minami twitter https://twitter.com/minamiracle6_6

【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】バックナンバー

①Aqours

②OxT

③GRANRODEO

④鈴木このみ

⑤田村ゆかり

⑥茅原実里

⑦TRUE

⑧Pyxis

⑨Machico

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加