【音己知賑】⑮スフィア【アニサマ特集】

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8月25日・26日・27日にさいたまスーパーアリーナにて開催される

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場される楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

目指せ終了日までに全アーティスト網羅。

なお各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

スフィア

あえて言い切るが、

ここまで格差のない4人組の声優ユニットが存在しただろうか。

寿美菜子高垣彩陽戸松遥豊崎愛生

全員が超有名声優。

運も実力も兼ね揃えており、代表作を数えれば枚挙にいとまがない。

また、音楽活動においても全員がいまだにソロとして作品を発表している。

よって、なぜユニットとして活動しているのかが窺い知れない存在として映る。

個々が代表作を持つのは確かだが、”中の人”の姿を

このスフィアというユニットで初めて見たという人は多いのではないだろうか。

高垣をどのアニメで知ったかにもよるとは思うが、

個人的には豊崎と彼女の身長差に驚いた記憶がある。

しかもそっちが小さいの!?といった具合である。

Venus Versus Virus(またか)で知った上に

毎回カップリングで洋楽だったりをオペラティックに歌い上げ

声楽に詳しくない自分でも卓越していると解るほどの歌唱を

あの小さい体で成し遂げるとは思えなかった。

ソロと言えば、豊崎は初め声質で充てられた曲調かと思ったら

どうやら彼女自身の好みによるところが大きいらしい。

なんとも実益を兼ねた才能である。

曲調的には寿の活動がロックで好みなのだが

こちらは彼女の趣味だとしたならちょっと意外だ。

戸松は元気な曲が多いイメージで、見事に4人のソロ活動に重なる部分は少ない。

だが、実は一点だけ、全員田淵智也から楽曲提供を受けているという共通項がある。

これがまたそれぞれの方向性に合致しつつ懸け橋にもなっているかもという素晴らしい4(5)曲で。

全部混ぜたら「vivid brilliant door!」になるような気もする。

活動的にはアイドル的な動向はほぼ見られず、あくまで正統派に徹していると思われる。

スフィア4人で主要を固めた【夏色キセキ】のような試みは面白かったし

同期同士で気の置けない会話を聞くのも楽しい。

楽曲的にも個性が均されるというよりは、粒揃いの素材を粗挽きで提供してくれるので

ユニット活動の中でもそれぞれのファンは推しどころを見つけやすいだろう。

それが、ランティス至上初のオリコンデイリーランキング1位の獲得に繋がったのではないだろうか。

なぜかローソンとのコラボも多かったので良く目に触れるのも功を奏していた気がする。

4人での音楽活動は今年で止まってしまうが、再開時期も明言されているので安心して待とう。

円滑に円満な大団円を描くであろうステージに期待あれ!

スフィア 最新情報

ツアー舞台裏レポート公開中

LAWSON premium event ミュージックレインフェスティバル2017開催

休止前ラストステージ

【東京エンカウント弐】第51章の出演はセミスフィア

アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

スフィア HP http://www.planet-sphere.jp/main.php

【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】バックナンバー

①Aqours

②OxT

③GRANRODEO

④鈴木このみ

⑤田村ゆかり

⑥茅原実里

⑦TRUE

⑧Pyxis

⑨Machico

⑩Minami

⑪アイドルマスター ミリオンスターズ

⑫i☆Ris

⑬蒼井翔太

⑭angela

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加