【音己知賑】⑱fripSide【アニサマ特集】

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8月25日・26日・27日にさいたまスーパーアリーナにて開催される

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場される楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

なお、閉会後も引き続き全アーティスト制覇を目指して引き続けます。

あと、各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

fripSide

八木沼悟志が主宰するプロジェクトで、

声優:南條愛乃を2代目ボーカリストとして迎え幾星霜。

バンド・ユニットにとってボーカルが変わるというのは非常に大きな問題で

これまで”長年”固定されていたボーカリストが変更されて成功した……いや

失敗しなかった例は、国内でも多くない。

言い換えた理由はずばりnao時代もちゃんと売れていためで

しかも気が付けば既に南條期の方が長くなっているから驚きだ。

今は無きmuzieというサイトを拠点としていたことから

satのそもそものルーツは小室哲也・浅倉大介といったJ-Pop。

だが、I’VEが席巻したせいでPCゲーム業界には空前のトランスブーム。

その需要にがっちりと合致した故にしばらくは美少女ゲームの主題歌を担当する。

未だに真実は知らないのだが、satより初代ボーカルの方がそちらに傾倒し

電波色を強めた楽曲をソロプロジェクトとして発足するが

様々な楽曲を歌いたいnaoと自分色の範疇で演りたいsatで

意見が違えたのだと勝手に思っている。

何より仲違いが理由ならその後の活動に説明がつかないしね。

南條とnaoの声質は全く違うのに

satの楽曲にどちらも釣り合いが取れているのが不思議な魅力。

感情を載せ過ぎない発声は共通してるし、あと単純にキーが高い

大きく分けて、幻想と憂いの南條&nao、現代ファンタジーと寂寥のALTIMA&その他

という印象。

KOTOKOとのコラボは誰もが納得の相性の良さを魅せた。

もっと言えば、いかにsatは南條という逸材をよくこの時期に見出せたのかという事に尽きる。

まだμ’sも結成しておらず南條愛乃という名前はまだまだ無名に近く、

キャラクターソング含め歌唱曲は少なかったはずだ。

立花あや、佐藤しずく、の方が有名かもしれない。

南條も、fripSide加入以降の仕事の増え方が尋常じゃない。

いや、”出演数”だけでみるならそれ以前の活躍も少なくないが

ラブライブ】【ミルキィホームズ】というビッグタイトルを

三森すずこと盛り上げた立役者というイメージだ。

楽曲は基本的にBPM高めのトランスやユーロビート、またはデジロック。

ソリッドでシャープなかっこよさがおおよその武器であり魅力なのだが

バラードの美しさも秀逸だからこそ双方の熱量を高め合っている気がする。

Red -reduction division-」と人気を2分する「an evening calm」、

2期も「only my railgun」等の表題曲をキラーチューンとしながら

late in autumn」「memory of snow」「The end of summer」と

立て続いたカップリング季節感メドレーもかなりの名曲。

そんないつのどこを切っても粒ぞろいな看板に偽りなしのfripSide楽曲。

ついに、nao期の楽曲の南條によるカバー企画が始動した。

まぁ間違いなく「flower of bravery」は入らないと思うが。

過去と未来を駆ける量子の音で構築された高次元のステージに期待あれ!

fripSide 最新情報

fripSide 15周年アルバム「crossroads」発売

【されど罪人は竜と踊る】OPはなんとバラッド

fripSideの窮地を救った旧知のRita、
「spiral of despair -resurrection-」を歌う


アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

fripSide HP http://fripside.net/

【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】バックナンバー

①Aqours

②OxT

③GRANRODEO

④鈴木このみ

⑤田村ゆかり

⑥茅原実里

⑦TRUE

⑧Pyxis

⑨Machico

⑩Minami

⑪アイドルマスター ミリオンスターズ

⑫i☆Ris

⑬蒼井翔太

⑭angela

⑮スフィア

⑯中島愛

⑰fhana

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加