【音己知賑】②OxT【アニサマ特集】

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8月25日・26日・27日にさいたまスーパーアリーナにて開催される

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場される楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

目指せ終了日までに全アーティスト網羅。

なお各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

OxT


Sound Scheduleのボーカル&ギターにして

うたうまカラオケバトル決勝進出常連者にして

2017年を一世風靡した【けものフレンズ】主題歌楽曲提供者で

自らも数々のアニメの主題歌を歌いこなす大石昌良と、

けいおん!】の唯ボーカル曲の中心作曲者で

膨大なアニソンキャラソンへ楽曲提供しつつ

V系バンド「SuG」やその周辺企画の楽曲プロデュース、

しまいには会社の代表取締役を務めるTom-H@ckの2名による

超頭脳派全方位楽曲提供及び歌唱ユニットである。

至極単純に二人の頭文字、Masayoshi Oishi × Tom Oshima

からとって、読みは【オクト】。

ダイヤのA】のOPにてまず二人のコラボが顕現。

大石の持つ、高音を縫ってもぶれないハイトーンボイスに

壮大なオーケストラとブラスが野球の持つドラマ性を見事に捉え

文字通り期待度を上回る楽曲を提供してくれた。

とくに大石に関しては【ダイヤ】関連に係わりが深く

ニコ生特番に単独ゲスト出演すれば

「青心寮へようこそ」専用の主題歌を手掛けたほか

浅沼晋太郎とはプライベートでも遊園地等へ遊びに行く仲に。

そこで花江夏樹を気に入ったのか、立て続けに彼に楽曲提供もこなしている。

もともとニコ動出身の歌い手にも明るいのも、その要因の一つかもしれない。

以後もそれぞれの音楽活動

・大石は各ロックバンドのライブやイベントへの出演

・Tom-H@ckはMYTH & LOIDを中心に幅広い楽曲提供

の手は緩めぬまま印象的なアニメのタイアップを飾り、

そのフットワークの軽さたるや元より驚きっぱなしなのだが

この一大イベントにもしょっぱなに名前を連ねてくれた。

作曲は両者どっちも担当しているが

アコースティックのオーイシ・エレキでエレクトリックのTom-H@ck

というイメージからさらにぶっ飛んだ融合を音楽にて昇華する。

One Hand Message」や「STRIDER’S HIGH

あたりは分かりやすい方程式が当てはまるのだが、逆に

Clattanoia」はこのユニットならではの新境地だと感じた。

こういった音楽のジャンルをなんというのだろう。

ミクスチャー?ディスコード?

特にTom-H@ck側の趣味なのだろうが

ゴチャットシンフォニーな楽曲は特に自分の琴線に触れることを自覚した。

もっとも、Tom-H@ckのその一端を垣間見たのは

日笠陽子へ提供した「Glamorous days」なのだが、

OxTやMYTH & LOIDの音楽性はまさに”そういった音楽”な気がする。

普段は裏方に位置する”作曲者”が異例の目立ち方をするユニットのステージに期待あれ!

OxT 最新情報

大石昌良セルフカバー発売中

ANIMAX MUSIX 2018 OSAKAへ出演決定

MYTH & LOIDは中国でLIVE

アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

OxT HP http://www.oxt-music.com/

【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】バックナンバー

①Aqours

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加