【音己知賑】㉑小倉唯【アニサマ特集】

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8月25日・26日・27日にさいたまスーパーアリーナにて開催された

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場される楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

なお、閉会後も引き続き全アーティスト制覇を目指して引き続けます。

あと、各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

小倉唯


声優界の小倉優子……と呼ばれているかどうかは知らないが

セルフプロデュースの権化、小倉唯の登場だ。

声優として初主演する前に石原夏織と「ゆいかおり」を結成したり、

かと思えば揃ってStylipsのメンバーに選出されるし

二つのユニットを続けながらソロデビューを果たすし

端から見ればよく解らないアーティスト活動を展開していたが

彼女を声優としてより先に

ニコ動で踊っている人というイメージを持ってる者も多いのではないだろうか。

そう、初音ミクのモーションアクターを務めており、

動民からは敬意をこめて「骨の人」と呼び慕われている。

上述したユニットも含めキュートながらソリッドな楽曲も織り込まれた

バラエティ豊かな楽曲を歌唱しており万遍なく気に入っているのだが、

(個人的にはデビュー曲であるRaiseがダントツで好きなのだが

当然彼女のファン層的にも以後のキュートな楽曲の方が人気なので少々もどかしい。)

声優として触れたのは【妹ちょ】なのでだいぶ遅かったりする。

金田朋子や田村ゆかりの系譜を受け継ぐ、いわゆる”世間一般でイメージされる”アニメ声で

脳が蕩けそうなロリ系萌えボイスを発する。

ラジオでのしゃべりでも歌声でもその特徴は薄れないので

よっぽど丁寧に構築された声色なのだろう。

また、竹達彩奈と並んで女性声優が新人の頃にあてがわれそうな裏声の多い役も多く

そういった汚れ役をも厭わない姿は尊敬に値する。

スレンダーで抜群の運動神経で繰り出されるダンスは業界トップレベル、

容姿も良く彼女の写真集は声優仲間に所持者が多い、と

なんだかもうよく解らないスペックの高さを誇り、なんだか異次元人みたいだ。(誉め言葉)

俊敏な恋するステップと乱れ咲くハートが乱舞するステージお疲れ様でした!

小倉唯 最新情報

【UQホルダー】にてセクシーボイス披露

Instagram 5万人突破

模範的なY字バランスを披露

アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

小倉唯HP http://www.ogurayui.jp/

【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】

>>バックナンバー

①Aqours

②OxT

③GRANRODEO

④鈴木このみ

⑤田村ゆかり

⑥茅原実里

⑦TRUE

⑧Pyxis

⑨Machico

⑩Minami

⑪アイドルマスター ミリオンスターズ

⑫i☆Ris

⑬蒼井翔太

⑭angela

⑮スフィア

⑯中島愛

⑰fhana

⑱fripSide

⑲三森すずこ

⑳アイドルマスター SideM

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加