【音己知賑】㉒SCREEN mode【アニサマ特集】

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8月25日・26日・27日にさいたまスーパーアリーナにて開催された

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場される楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

なお、閉会後も引き続き全アーティスト制覇を目指して引き続けます。

あと、各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

SCREEN mode


声優:林勇と、音楽プロデューサー:太田雅友によるロックユニットである。

実は彼らの経歴については以前独断と偏見により紹介しているので割愛。

今回はより個人的な感想を乗算してお届けしたいと思う。

デビュー曲こそいきなりバラッドで美旋律を強調したリリースを見せたが

表題曲以上にカップリングの「Re:Evolution」を甚く気に入っていた。

事前情報は全く調べておらず、それこそ【ぎんぎつね】が好きでそのEDで知り

雅友?んー知らない名前だ、でもさぞかしロックな経歴を持ってるんだろうなと

調べてみたらド級のアイドルポップクリエイターでいい意味で裏切られたと感じた。

ただ、ということはこのユニットは今後はポップスに傾倒していくのかな……と思いきや

以後のシングルやミニアルバムの表題曲含めバンドサウンド全開!

ミスチル(桜井さん)っぽいとも言われる勇-YU-のボーカルワークはつまるところ

理論より感情で音符を転がす歌唱法というところ。

大きくない身長から放たれる咆哮もまったく置きにいかない方向性で好感だ。

故に、【無彩限のファントムワールド】主題歌「Naked Dive」を聴いたときは

最初はついに来てしまったか……と落胆しかけた。

安易にEDMもしくはトランスを取り入れ軽い雰囲気を示してしまったら

以後はアニソンファンはそれを求めてしまい有象無象の邦楽に均されてしまう。

だがアニメを見ていて何回も聞かされるうちにその毒性が回ってしまったようだ。

気が付けば自分も彼らのどの曲よりも好きになってしまっている。

もともと浅倉大介サウンドが好きだったせいでアナキラフィシーショックを起こしたかもしれない。

されど最高を塗り替えてくれるからこその贔屓対象アーティスト。

食戟のソーマ】の「ROUGH DIAMONDS」でちゃんとロックの方角に向き直ったかと思えば

文豪ストレイドッグス】「Reason Living」でアニソンど真ん中の曲調ながらどのアニメにも似合わない

それこそ文豪の”生きる理由”以外に背く楽曲を生み出すことに成功。

王道のコード進行を外してるんじゃないか(※定かではないが)と思わせるほど歌メロが一筋縄でいかない。

歌って気持ちいい「Naked Dive」とは対照的にカラオケで歌うにはダイブ骨が折れそうだが

それ故に一番好きな楽曲と思えていた。

そしてアニソン要素の欠片もない「SOUL」で個人的に好感度を巻き上げられたのち、

今期【バチカン奇跡調査官】のOP「MYSTERIUM」を発表。

もう先行PVが公開された時から予感はしていたが、見事なゴシック。

田村ゆかりに曲提供をしているということを忘れてしまいそうな雅友の引き出しに感服である。

死生観も士気高揚も変幻自在の音の映像が投影されるステージお疲れ様でした!

SCREEN mode 最新情報

Live 2018 Winter

畠中祐×太田雅友のマサトーーーク

谷山紀章×林勇が休日に〇〇

アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

SCREEN mode HP https://screenmode.net/

【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】

>>バックナンバー

①Aqours

②OxT

③GRANRODEO

④鈴木このみ

⑤田村ゆかり

⑥茅原実里

⑦TRUE

⑧Pyxis

⑨Machico

⑩Minami

⑪アイドルマスター ミリオンスターズ

⑫i☆Ris

⑬蒼井翔太

⑭angela

⑮スフィア

⑯中島愛

⑰fhana

⑱fripSide

⑲三森すずこ

⑳アイドルマスター SideM

㉑小倉唯

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加