【音己知賑】③GRANRODEO【アニサマ特集】

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8月25日・26日・27日にさいたまスーパーアリーナにて開催される

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場される楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

目指せ終了日までに全アーティスト網羅。

なお各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

GRANRODEO

声優界の異端児(自称)、ボーカル:谷山紀章

笑いの神(自称)、ギター:飯塚昌明による二人組ロックユニット。

君が望む永遠】の主人公である鳴海孝之(CV.谷山紀章)のキャラソンを

飯塚昌明が担当したことがきっかけになり結成。

そもそも美少女ゲームで男性キャラが歌うというのも珍しいので

企画した者が谷山の声質をどこかで活かしたいと考えていたのかもしれない。

e-ZUKAを一発でオとしたKISHOW、という構図になるのだが

谷山の歌声を聴けば、業界唯一の発声に気が付くはずだ。

おおよそにおいて声優というのは”言葉”を大切にする職業だ。

よって母音と子音をくっきり区分けするのが当たり前となっている可能性がある。

それが”歌を歌う”という点に限り不利に働くことも多いのだが

彼はグシャっと崩し濁らせた上で発音を滑らせる、

ロックと声優のいいとこどりな声色を聴かせてくれるのだ。

バンドマンに多いのだが、他に声優でこの歌い方をする人物を私は知らない。

鈴木達央は近いのかもしれないが彼の特徴は他にあるので割愛。)

さて、ここまで第1線で活躍している彼らだが、

実はブレイクしたのがいつなのか微妙にわからない。

ROSE HIP-BULLET」で初めてオリコンTOP10入りするが

タイアップ的に決め手とは言い難い。(【咎狗の血】)

逆に【黒子のバスケ】の「Can Do」はそこまで奮っていない。

つまるところ、デビューから少しずつ着実にファンを増やしてきており

気が付けば武道館まで上り詰めた、これまた声優らしからぬ活動実績である。

(普通はスタート地点がピークの場合が多い。)

こういうバンドはいきなり不人気になったりしないので

本人たちが望む限り続けていられるだろう。

谷山のキャラがそうさせるのかV系バンドとの相性が良く、

BREAKERZムックといったバンドとも交流があったり

カラオケでロックバンドの楽曲に紛らせても全く違和感がない。

個人的な好みでいえば、幅広い音楽性ゆえにそこまでハマらない曲もあるのだが

逆に言えばそれだけ器用に何でもこなすこと自体がリスペクトに値する。

ロデオボーイガール入り乱れるチャラい曲だって(「modern strange cowboy」のこと)

きっとファンにとっては嬉しい曲だろうし、谷山のキャラにも合ってるというもの。

とにかく飯塚のセンスの懐の深さは包容力ありまくり。

tRANCE」でメロイックになるか、「恋音」でヒロイックになるか

あえてシングルで表してるがアルバム曲だってカップリングだって遜色ない。

自分が気にってるものを動画として紹介しているが、

これらにピンとこなくても別の曲が気に入るかもしれないので積極的に聞いてほしい。

言って良し演って良しハマらない奴らは逝ってよしの彼らのステージに期待あれ!

GRANRODEO 最新情報

【最遊記 RELOAD BLAST】主題歌いよいよ発売!

本日TBSにてライブ映像放送!

谷山紀章、ドラクエに執心

アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

GRANRODEO HP http://www.granrodeo.net/

【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】バックナンバー

①Aqours

②OxT

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加