【音己知賑】㉔春奈るな

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8月25日・26日・27日にさいたまスーパーアリーナにて開催された

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場した楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

なお、閉会後も引き続き全アーティスト制覇を目指して引き続けます。

あと、各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

春奈るな

いつか絶対二次元に行けるんだ!」と言って憚らない彼女は

実は【Fate/zero】のメジャーデビュー以前にも活動歴がある。

以前にも紹介した通りKERA専属モデルとしての活動……よりさらに前に

レンタルマギカ】のWebラジオ版主題歌を歌唱担当し

芸能人としてのキャリアをスタートしているのだ。

おそらくこれも本名ではないのだろうが”伊藤彩“名義で、

収録音源もラジオCDのため希少だが存在しており、

瑞々しい彼女の歌声を聴くことができる。

その数年後には優勝こそ逃しはせども

アニソングランプリファイナリストとして注目されたのが今に至るに違いない。

ビジュアルを前面に押し出しているので、

音楽も偶像流布の一環と見てしまう人も多いとは思うが

実はアニソンアーティストらしくライブに参加する頻度は高めである。

加えて女の子の好むファションに精通しているせいか、

やたらと同性の同業者に好かれているイメージもある。

撮られなれている彼女のアーティスト写真はやはり何れもかわいらしい。

楽曲的には低い声質を活かしたゴシックでメルヒェンなモノが似合っていると思う。

【ハイスクール・フリート】以降はポップ寄りの方向性だが

それこそ【物語シリーズ】周辺のリリースに見られたシリアスな表題曲

――よりも、マチゲリータ等が関わるカップリングやアルバム収録曲にこそ

彼女のアマとゴスのトイボックス感があって楽しいので、

個人的にはこちら側がもっとフューチャーされてほしい次第だ。

前の記事とも重複するが、彼女の二次元への愛はホンモノ

作品へもアーティストへも絵師にもデザイナーにも

そしてなによりキャラクターへと敬意を表する彼女に

共感しないアニメファンはいないはずだ。

彼女の纏うゴシックがいつしか服装だけでなく思想へと深化しそうなステージお疲れ様でした!

春奈るな 最新情報

春奈るな LIVE 2017 “LUNARIUM”

【URAHARA】声優初挑戦、その声ちょい聞かせ

季節も変わり名義も変更しますん

アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

春奈るな HP http://www.harunaluna.jp/

【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】

>>バックナンバー

①Aqours

②OxT

③GRANRODEO

④鈴木このみ

⑤田村ゆかり

⑥茅原実里

⑦TRUE

⑧Pyxis

⑨Machico

⑩Minami

⑪アイドルマスター ミリオンスターズ

⑫i☆Ris

⑬蒼井翔太

⑭angela

⑮スフィア

⑯中島愛

⑰fhana

⑱fripSide

⑲三森すずこ

⑳アイドルマスター SideM

㉑小倉唯

㉒SCREEN mode

㉓TrySail

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加