【音己知賑】㉖水瀬いのり

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8月25日・26日・27日にさいたまスーパーアリーナにて開催された

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場した楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

なお、閉会後も引き続き全アーティスト制覇を目指して引き続けます。

あと、各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

水瀬いのり


現代を時めく美少女アニメ需要ナンバーワンと言ってもいい活躍を見せる水瀬いのり。

弱冠にして既に売れっ子というイメージだが

デビュー自体が14歳ということを考えると、実は苦労したであろう背景も見えて少し切ない。

かくいう自分も【恋愛ラボ】の広瀬すず役で初めて聞いて

以来なんてかわいい声をしてらっしゃる!と思ったわけだが、

この時点ですでに3年のキャリアを経ていた。

だがその直後に前年度のドラマ出演で運気を引き寄せられたのか

皆さんご存知の超当り役、【ご注文はうさぎですか?】のチノを担当することになる。

そうなってしまえばその声質は世の二次元愛好家の殿方の胸にクリティカルヒット!

同年はメインヒロインでなくとも脇で光るレギュラー役(【アルドノア・ゼロ】エデルリッゾ等)

をこなし、二次元流行語大賞対象の【ダンまち】ヘスティアも宛がわれたことも追い風となり

もう翌年数えるころにはアニメゲーム問わず彼女の声が氾濫することになる。

戦姫絶唱シンフォギアGX】ではおそらくキャリア初となるであろうラスボスを演じたかと思えば

今や【ごちうさ】チノと双璧を成す人気いのりんキャラ、【Re:ゼロから始める異世界生活】レムにて

再度大当り役を獲得。

大活躍した声優の恒例行事として翌年には【プリキュア】にも抜擢され

ここ3~4年で最も躍進した女性声優と言えるのではないだろうか。

一方で歌手活動もしているが、こちらはいつの間にかデビューしていた感が強い。

おそらく事務所が彼女のあこがれの人物である

水樹奈々と同じルートを用意してあげたくて敷いたレールなのだろうが

残念ながらそもそものアーティストとしての土台が違うということに

大人たちはちゃんと気が付いてあげるべきだと苦言を呈さずにはいられない。

全く接点の見えないrejet作品へ楽曲提供していることでそう思うのだが、

邪推であることを願う。(※個人的には好きな作品なので続けてほしい傾向ではある)

まぁ、そんな透けて見える陰謀を抜きにしてみれば

ラジオでのしゃべりでも感じていたが、歌声と地声と演技に大きな差異がなく

言葉を選ばなければめちゃくちゃかわいい声質を披露してくれていて良品質。

上述の”売れなかった時期”のエピソードを読むに、

物事を真正面から捉えすぎるきらいがある点も真面目さに感じられて好印象。

仲のいい声優にはちょっとやさぐれる傾向にあり

売りすぎない媚びもむしろ親近感で

今のところまったく清廉潔白さを損なっていないのもすごい。

曖昧模糊じゃない声優としての未来を指し示すようなステージお疲れ様でした!

水瀬いのり 最新情報

5thシングル(タイトル未定)11月29日発売

【Tokyo 7th シスターズ】3rdライブ大成功

【少女終末旅行】ラジオでもひっぱりだこ【ららラジ】

アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

水瀬いのり HP https://inoriminase.com/

【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】

>>バックナンバー

①Aqours

②OxT

③GRANRODEO

④鈴木このみ

⑤田村ゆかり

⑥茅原実里

⑦TRUE

⑧Pyxis

⑨Machico

⑩Minami

⑪アイドルマスター ミリオンスターズ

⑫i☆Ris

⑬蒼井翔太

⑭angela

⑮スフィア

⑯中島愛

⑰fhana

⑱fripSide

⑲三森すずこ

⑳アイドルマスター SideM

㉑小倉唯

㉒SCREEN mode

㉓TrySail

㉔春奈るな

㉕水樹奈々

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加