【音己知賑】㉘LiSA

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8月25日・26日・27日にさいたまスーパーアリーナにて開催された

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場した楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

なお、閉会後も引き続き全アーティスト制覇を目指して引き続けます。

あと、各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

LiSA

彗星のごとくアニソン界に降臨したロックヒロイン、LiSA。

デビューまでの経歴やガルデモ時代、はたまた名コンビ田淵智也に関しては

前回の記事を読んでもらうとして、今回はもっと個人的な見解を。

それこそアニメは見てなくても音源を漁るのが趣味みたいなものなので

彼女の歌声はメジャー最初期から聴いてはいて気に入ってもいた。

だが表題曲に思い入れがないので「confidence driver」が一番好きだな、

くらいの認識。

初めて彼女の楽曲に琴線を掻き毟られたのが

【魔法科高校の劣等生】主題歌「Rising Hope」。まず一聴して一耳惚れ。

大仰なキメがしつこいくらい多用され全部サビみたいなメロディラインで

……これフルサイズで聴いたら胃もたれするんじゃないだろうか、

と不安になるほど。

実際は2番に入ると1番とはまるでメロディが異なり全く別の曲のようになり

元々のスピード感をより加速してそのまま飛翔するまでに至る暴走曲だった。

Linked Holizonの「紅蓮の弓矢」でもあった論争なのだが、1Aメロと2Aメロは同じでなければいけないとかいったふざけた固定観念を持った人が意外と多く、そういった者から「がっかりだ」「TVサイズしか聴く価値なし」とか烙印が押されてしまいがちだが

断じて否!!破天荒であればあるほどロックとか魂とかそういうのが宿るんだよ!!

彼女はアニソンアーティストとして成功したが生粋のロッカーなんだよ!!

と声を大にして言い切りたい。

実際この曲を「ミュージックステーション」歌唱曲に選出しているし

まさしく今年のアニサマでは水樹奈々へ渡すバトンを非常に印象付ける形で

期待として放つ閃光弾のように映ったはずだ。

……なんだかアーティストの紹介というよりは楽曲レビューのようになってしまったが

以後彼女の楽曲を聞く耳が変わった。

歌詞もただ愛とか友情とかを歌うにとどまらず、

一回マイナス思考に浸けてから希望に揚げる調理を施しており、

一筋縄ではいかない人間臭さが味として染み出る詩になっているように感じる。

蠱惑的なブラックと小悪魔的なピンクが同居するパンクなステージお疲れ様でした!

LiSA 最新情報

【Fate/Apocrypha】2期OPはLiSA×シド(マオ+御恵明希)!

「古坂大魔王の原石が出るTV」最終回

LiSA、運動嫌いなのにアスリート化まったなし


アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

LiSA HP http://www.lxixsxa.com/ 

【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】

>>バックナンバー

①Aqours

②OxT

③GRANRODEO

④鈴木このみ

⑤田村ゆかり

⑥茅原実里

⑦TRUE

⑧Pyxis

⑨Machico

⑩Minami

⑪アイドルマスター ミリオンスターズ

⑫i☆Ris

⑬蒼井翔太

⑭angela

⑮スフィア

⑯中島愛

⑰fhana

⑱fripSide

⑲三森すずこ

⑳アイドルマスター SideM

㉑小倉唯

㉒SCREEN mode

㉓TrySail

㉔春奈るな

㉕水樹奈々

㉖水瀬いのり

㉗ミルキィホームズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加