【音己知賑】㊳Wake Up, Girls!

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

現在スカパーにて特別番組放送中の

昨年さいたまスーパーアリーナにて開催された

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場した楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

ちょっと前回から間が空きましたが

引き続き全アーティスト制覇を目指して引き続けます。

あと、各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

Wake Up,Girls! とは

東日本大震災を受けて興そうとしてくれたのか、

アニメとしては華のない東北地方を舞台として展開された、

吉岡茉祐永野愛理田中美海

青山吉能山下七海奥野香耶高木美佑

の7名によって構成される作中アイドル及び声優ユニットである。

7人のパワーバランスがまた絶妙で

今のところ各々【WUG】以外に一つか二つ主役級を演じていて

特別誰かが突出して売れているという印象はない。

個人的には【異能力バトルは日常系のなかで】の真冬ちゃんがかわいかったなという事で

山下七海の名前を一番最初に覚えたかなという程度。

実際わずかながら彼女が半馬身ほど出演作が多いように感じる。

最近では【恋愛暴君】青山吉能のインパクトが大きい。

アホかわいいグリを演じた声質もそうなのだが、

本人の声優でありながら声優ファンという強烈な側面は

それこそ声優ファンならば応援したくなる要素に映らないだろうか。

だが最初の頃は、ファンの方には申し訳ないのだが、

i☆Risとは同じ事務所という事に加えて

D-selectionsでシャッフルユニットをやってるもんだから

ぶっちゃけメンバーがたまにごっちゃになってしまっていたことを白状する。

声優アイドルユニット戦国時代、と呼ばれているかどうかは定かじゃないが

比較的リリースの多い部類で、第2期が始めるころには

すでにベストアルバムが2枚ほど発売されている。

音楽的特徴としては基本的に7人斉唱が多く、

キャラクターソロシングル以外での個人歌唱や

組み合わせシャッフルの少人数コンビやトリオといった組み合わせが極端に少ない。

曲調は少し古めのJ-POPといった塩梅で、

複数の作曲家を起用しているという側面上様々な曲調に挑戦するユニットが多い中、

それはとても正統派に映る。

……尤も、クレジットを熟読したわけではないので、間違っていたら重ねて申し訳ない。

ミルキィホームズと同じく最近は元のアニメ以外のタイアップも請け負う事が増えたWUG。

【灼熱卓球娘】や【恋愛暴君】に【異世界食堂】のMay’nとのコラボと

なるほどこれまとは微妙になかった曲調を歌唱していて面白い。

これらが同じアルバムに入ったとき、アニメとは切り離された

オリジナルアルバムとしての彩が見えてくるような気がして、今からリリースが楽しみである。

とりあえず、WUG情報は浅沼晋太郎の口から話題に上がることが多いので

図らずも情報が耳に入ってくるが

同じ東北出身ということでかなり可愛がっているようである。

ちなみに、Poppin’ Partyにとっての Roselia、のようなI-1clubが活動する可能性は皆無なので諦めよう。

ゼロから始まりメキメキと経験値が蓄積され開花したステージお疲れ様でした!

Wake Up,Girls! 最新情報

 デスマーチオンリーショップお渡し会

おひとり様番組放送中

同業者から推される吉岡茉祐


アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

Wake Up, Girls! HP http://wakeupgirls3.jp/


【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】

>>バックナンバー

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加