【音己知賑】㊵ClariS

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

3月24日にアニサマ2018記者発表会を控えている

昨年さいたまスーパーアリーナにて開催された

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場した楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで出場が発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

引き続き全アーティスト制覇を目指して引き続けます。

なんとか2018年の出場者が発表される前に終えたいところですが……。

あと、各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

ClariS とは

クララ嬢とアリス嬢によるニコニコ動画発祥の女性デュオで、

いわゆる”歌ってみた”出身アーティスト。

今はアリス嬢卒業に伴い、後輩のカレン嬢が相方となっている。

ところでユニット名はClareNにしようとは思わなかったのだろうか。

藍井エイルと同様にリスアニに見初められた逸材で、

動画投稿からわずか一年でメジャーデビューに漕ぎ着けた末恐ろしい当時中学生だ。

今現在はキャリアを重ねそろそろ成人するかな?といった辺り。

【魔法少女まどか☆マギカ】【俺の妹がこんなに可愛いわけがない】【物語シリーズ】

等で有名だと思われる。

歌唱は基本的にユニゾン。ハモりは別枠で流れることの方が多い。

メンバーが替わり、マイルドから若干ウエッティに変化したきらいはあるが

大きく印象が変わることもなく最初期の無垢な声質を保っているのが特徴で

抑揚された感情のかすかな揺らぎが、不思議な音色を持っていると感じている。

それは癒しにも似て、且つ楽曲の持つ雰囲気とタイアップ先によって自在に染まれる武器だ。

当初中学生にしては落ち着いた歌声に疑問の声も聞こえてきたが

同時期にmomonakiを聴いていたので個人的にはまったく疑っていなかった。

むしろ感情をこめすぎない歌唱法は若年層特有だとすら思っている。

経験を積めばビブラート等技術的な部分に頼りたくなってしまうので

この瑞々しさはまさにこの年頃のアーティストにしか出せない魅力である。

そしてその辺りがアニソンとしてふさわしい耳当たりだと感じている。

実は彼女らの楽曲との出会いはかなり特殊で

東日本大震災の際、有志がニコニコ動画にアップロードした

コネクトのオーケストラバージョンの動画で涙が止まらなかったのが発端。

正直URLを貼り付ける為に動画を開いた今でも未だ込み上げてくるものがある。

歌詞とのシンクロ率が高すぎて自分の中ではこの楽曲は完全に復興ソングだ。

当時はまだアニメを嗜んでいなかったので、まさかアニソンだとは露程も思わなかった。

そこから原曲も聴いて、それ以来ClariSの大ファンである。

特に渡辺翔楽曲との組み合わせが好みだが、

特定のタイアップで同じ作曲者から楽曲提供を受け取るスタンスも面白い。

シルエット越しのライブから仮面を被ってのパフォーマンスを経て

ついに昨年文字通りヴェールを脱ぎ素顔をさらした彼女らは

Season2と銘打ったネクストステージで何を見せてくれるのか。

まだ年端もいかないだけに未来は無限大。

今後の活躍にも期待大である!

ClariS 最新情報

3rd HALL CONCERT一般発売

コラム連載スタート

【BEATLESS】PRIMALoveのPV公開中

アニサマHP

ClariS HP

バックナンバー

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

アニサマのセットリストと関連ツイートまとめ

1日目前編 1日目後編

2日目前編 2日目後編

3日目前編 3日目後編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加