【音己知賑】㊷黒崎真音

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

3月24日にアニサマ2018記者発表会を控えている

昨年さいたまスーパーアリーナにて開催された

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場した楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

引き続き全アーティスト制覇を目指して引き続けます。

なんとか2018年の出場者が発表される前に終えたいところですが……。

あと、各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

黒崎真音 とは

人によっては”いつのまにか”アニソン界に君臨していたロック女王だと思う。

【HIGHSCHOOL OF THE DEAD】でいきなりのフルアルバムでメジャーデビュー

おおよそアニメエンディング集とは思えないジャケットで、

そのアングラ臭漂う狂気的なベリー遣いに

相川七瀬や上木彩矢等の女性ロックアーティスト好きな自分はそれに一発で惹かれた。

(のちにそれは原作に忠実な構図だったことを知るが。)

意外とキャリアの割にはシングルの枚数は多くなく、

ミニアルバム・アルバム単位で活動するのも特徴か。

つまるところコンセプチュアリズムを大事にしているようであり

上記の他にも【薄桜鬼】オンリーミニアルバムや

【とある魔術の禁書目録】関連をまとめて担ったり、

タイアップの固め打ちが多い印象だ。

逆に言えば間口は広くなく、そんなにメジャーなタイアップでもないので

そこを通らなければ知る機会も限られてくるのが玉に疵か。

ゾンビアニメの女王だったり、割とエグイタイアップが多い。

本人がヲタク気質な所は好感度に繋がる。

美人でロックな格好してるのにヲタ活も怠らないので

共感できる部分は多い。

ヲタクの大好きなトランスに積極的なのも強みかもしれない。

fripSideの八木沼悟志とALTIMAを組んだりI’veのゲストを務めたりと

デジタルの導入も辞さない貪欲なアーティスト活動はある意味ロックだ。

思えば、アニソンアーティストが好きなのに、また自身もそれに該当するのに

ヲタ芸へ対する批判をしたことで物議を醸したが

個人的にはもっと彼女を好きになる事件であった。

(そういえば榊原ゆいもそういうスタイルだったよな……ゴシックを愛する者は硬派なのかもしれない)

LiSAがドライなパンキッシュガールだとしたら

彼女はウェッティなゴシックスタイル。

中二病を地で行く彼女だから危なっかしい発言も魅力の一つで

これからも独自の路線を貫いていってほしい次第である。

そんな彼女は今度【されど罪人は竜と踊る】という中二病成分120%の

暗黒ファンタジーのEDを担当する。

【ダンガンロンパ】も担当するくらいなので抵抗はないだろう。

個人的に一番好きな小説のアニメ化なので

decadanceの単語に相応しい思いっきりダークな曲調を期待してます!

黒崎真音 最新情報

décadenceーデカダンスー撮影終了

中二病共演

NBCフェス開催記念ニコ生特番

アニサマHP黒崎真音 HP

バックナンバー

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

アニサマのセットリストと関連ツイートまとめ

1日目前編 1日目後編

2日目前編 2日目後編

3日目前編 3日目後編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加