【音己知賑】㊼Luce Twinkle Wink☆

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場した楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

2017年度出場全アーティスト制覇を目指して引き続けてきましたが

もう2018年の出場者が発表されてしまいましたね……・

まぁいいか。あと少しで全員分なので続けます。

終わり次第2018のメンツに移ります。

各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

Luce Twinkle Wink☆ とは

メンバーは

宇佐美幸乃深沢紗希錦織めぐみ板山紗織桧垣果穂

の5名。

語弊を恐れず言うなら、一般のアイドルグループである。

誰かが声優として活動しているとか、実は最終的にアニソン歌手になりたいとか

そういった副業的な考え方を(少なくとも表面的には)していない希有なアイドルだ。

つまるところこういったイベントを主戦場とする

アニメ関連に従事したユニットではけしてないという事。

ところが、彼女らは結成から一途にアニサマ出場を目標としており

当初を知っているわけではないのでその動機は不可解。

だがアニメで聞こえてくる楽曲はきちんと作品に寄り添ったものであるので

むしろその情報を知ったときは好感を抱いたものだ。

それに、【ブラック・ブレット】関連でfripSideのバックダンサーを務めた後

その2年後で今度は単独で参戦が決まり彼女らと共演できたというエピソードは

涙なくしては聴けない。

それを見越しての「black bullet」披露は粋過ぎる演出で

その場にいなくても泣けてしまうというものではないか!

天誅ガールズの話はここまでにしてLuceに戻すと、

やはり【ネト嫁】で知った人も多いはず。

そしてなにより続く【うらら迷路帖】の「go to Romance>>>>>」

がとてもかわいい。

【うらら】は本編もOPもどこもかしこも可愛いのだが

「1st love story」とはまた違った歌唱で驚かされた。

斉唱が主なアイドルでこのような感想を抱くことは多くない。

つまり、彼女らが愛情持ってアニメに接してくれているからで

それは声優同様に二次元に命を吹き込むアクターと同義ではないだろうか。

冒頭の”普通の”というのは、いわゆる声優アイドルではないという意味で

なのにアニソンタイアップのリリースが続いている同様のアーティストは

A応Pくらいしか思いつかない。

(よってアイドルに詳しくないので、ルーチェのtwitter等を見ても

その情報が何なのかよく分からない)

別にアニソンが偉いというつもりは微塵もないが

やはりそのアニメを好きな者からしたらただのタイアップじゃなく

ちゃんとアニメに合った楽曲を望むというもの。

そこと向き合ってくれるというのはアイドルという特性上簡単なことではないので

やはり彼女らを応援したくなるのは必然なのだ。

あとLuceになってからメンバーが誰一人替わってないっていうのもかなり珍しい。

1stアルバムが出てしまったが空中分解することなく

これからも素敵なアニメを担ってくれることを期待しています!

Luce Twinkle Wink☆最新情報

イベントでトリ有終

1st 写真集発売

歌う曲が見事にアニソン声優ソングばっかり


アニサマHPLuce Twinkle Wink☆HP

バックナンバー

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 

  

アニサマのセットリストと関連ツイートまとめ

1日目前編 1日目後編

2日目前編 2日目後編

3日目前編 3日目後編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加