【音己知賑】⑥茅原実里【アニサマ特集】

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8月25日・26日・27日にさいたまスーパーアリーナにて開催される

アニソンアーティスト最大の夏の祭典、通称【アニサマ】。

そちらに出場される楽アーティストについて

っていることでも話してやかしたい!

というわけで発表された順に追っていこうと思います。

題して【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】。

目指せ終了日までに全アーティスト網羅。

なお各アーティストごと、さすがに平等な情報量は有せないので

間違いの指摘や抑えきれない愛などの書き込み大歓迎です。

茅原実里

まさについ最近大きなニュースが届いたみのりんこと茅原実里。

その件に関してはもう単純におめでとう以外の言葉は見つからないので割愛。

彼女の代表作・ブレイク作は非常に明確で、

【涼宮ハルヒの憂鬱】の長門有希だろう。

アニメ化する前から【このライトノベルがすごい】で

メインヒロインのハルヒを差し置いて一番人気の

ある意味ものすごいプレッシャーのかかる役であろう彼女を

見事に皆の期待を裏切らない声色で演じきった精鋭である。

以後、声優あるあるではあるが、しばらく

【らき☆すた】岩崎みなみ【みなみけ】南千秋【NEEDLESS】くちなし

【聖痕のクェイサー】テレサetcと無表情キャラを数多く担当する。

須らく各作品において個人的に一番好きなキャラを務めるので

必然的に名前を憶えてしまった。

だが、それでも好きな茅原実里キャラ1位には

【Venus Versus Virus】の鷹花スミレを推したい。

……まぁ同意されたことはないが。

担当キャラもかわいい系が多いが、声質と同等に

ラジオ等でのトークを聴くと天然系の本人のキャラもあって

全体的にキュートな印象を抱く

(杉田智和の数少ない気の置けない女性声優という側面もある)

が、実はそれに反して

見た目と歌声がクールというギャップが彼女の魅力だと推測する。

恐らくその歌声が広まったのは長門のキャラソン「雪、無音、窓辺にて。

だと思うが、これがまた名曲。

普段アニソンを聴かない層おろか、アニソンは聞いてもキャラソンは聴かないアニメファンにまで「この曲は別格」という評価を下す人は少なくない。

Lantisに移籍してからのシングルも、以前に出したミニアルバム「HEROINE」とは比べるべくもない分かりやすい方向転換をしている。

それを実現しているのが菊田大介(Elements Garden)の功績だと思っている。

他にもTatsh俊龍といったストリングスアレンジの得意な作曲者が名を連ねるが

これがまた彼女の歌声と相まって美しい。

さらに、もともとがそうなのにさらに特化したセルフカバーシンフォニックアルバムや

Crustaceaに混ざりアンプラグドなオーケストラをCD音源として発表したり

ライブでのバックバンドも弦楽器をフューチャーした編成で

これでもかとクラシカルな要素を織り交ぜてくる。

音楽の造形美がアニソンの様式美を塗り替えるそんなフォルムの楽曲群に

崇高なロックシンフォニーを味あわせてくれるのだ。

そんなGだか線上のDIVAが舞い上げる美旋律のステージを期待あれ!

もっとも、この音楽性はファンの求める声に応えたいという彼女の意志なのだろう。

彼女が自身で作曲した曲はアコースティクやラテンを思わすメロディで、優しい空気が漂う。

ライブ会場でしか手に入らないので、”本当の”彼女を知りたければライブ会場へ赴くことをお勧めする。

茅原実里 最新情報

年末ライブ開催決定

バックバンドCMBがハイレゾ配信開始

スタンプを綺麗に押せてご満悦


アニサマHP http://anisama.tv/2017/index.php

茅原実里 HP http://www.lantis.jp/artist/chiharaminori/

【音己知賑 -ONKOCHISHIN-】バックナンバー

①Aqours

②OxT

③GRANRODEO

④鈴木このみ

⑤田村ゆかり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加