【ブギーポップは笑わない】アニメ化決定!③キャラクター紹介・キャスト予想A【ブギーポップは笑わない】

宮下藤花は悠木碧、霧間凪は大西沙織!

電撃文庫25周年ステージにて発表された

・【ストライク・ザ・ブラッド】OVA制作決定、種田梨沙復帰!


・【青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない】アニメ化決定


に続いて紹介された

・【ブギーポップは笑わない】20周年記念アニメ化プロジェクト。

主要キャラのボイスを先行公開したことによりその本気度が伺えるというモノ。

というわけで、今回は軽く二人と

今後発表されるであろうキャラクターの紹介も兼ねてキャスト予想をしてみたいと思う。

ビッグコンテンツでマッドハウス制作ということで、

潤沢な資金なことを考えてわざと売れっ子から選んでおりますあしからず。

尚、これまでの予想的中率は限りなく0%に近いので、希望的妄想としてみて頂ければ幸いです。

宮下藤花(CV.悠木碧)

ブギーポップ/宮下藤花

見ての通り円筒の帽子と道化のような魔導衣という奇抜な格好をした変人

性格はひどく合理的で冷淡。

なにか面白いことがあると左右非対称の不気味(ブギー)な笑み(ポップ)を浮かべる

いわゆる死神というやつである。

誤解を恐れず至極端的に行ってしまうと2重人格で、

世界が危機に瀕した際に宮下藤花という少女に”ブギーポップ”の意識が浮かび上がる。

その間宮下の意識はなく、元に戻った後は整合性のつく記憶に置き換わっている。

元人格の宮下の方は、高校二年生で彼氏持ち

素直で明るく悩んでいる人がいれば手荒に叱咤激励するサバサバした元気な女の子。

普通の感覚で小説を読み始めると竹田が主人公だと思ってしまいがちなので

その印象のまま読み進めるとヒロイン的な立場に見え、

もともとの後輩ちゃん属性で普通に可愛い。

といってもほとんど活躍の場はブギーポップが主導だし

その彼自身も出番が主人公なのに多いわけでもない。

絵的な意味でも彼の活躍は必要不可欠なわけだが

はたしてアニメでその処遇はどの程度加味されるのだろうか――

そして【キノの旅】キノと【デスマーチ】アリサを担っている悠木碧ならば

この演じ分けは容易いだろう。

まぁ、キノより【サクラサリセット】相馬菫の方がイメージしやすいが。

期待と安心の配役である。

霧間凪(CV.大西沙織)

霧間凪

正義の味方になりたくて、己の信じる正義の下に悪党を成敗する、

中二病が行動力と決断力と実力を身に着けた結果が彼女である。

目的のためなら停学も厭わない

ぴっちりとしたライダースーツで体術を繰り出す戦闘スタイルで

それに狂わされた殿方も多数。

美人でしたたかでしなやかな彼女なので、作中でも協力者が絶えない。

襲い掛かる苦悩も立ち向かった苦難も多く、

ある意味主人公(ブギーポップ)より主人公っぽい

と、このように二次元映えしそうな設定であることが

逆にこの作品にあっては浮いているのがおもしろい。

男勝りな彼女だが身内には甘く、

ごく親しい者にのみ人間らしいからかいや思いやりを見せる。

活躍の場も役割も多いし大概重要なシーンなので

おそらく作中屈指の人気を誇るであろうキャラクターである。

そんな彼女に凛とした役が多い大西沙織はこれまた適役。

昨今でも【ソードオラトリア】のアイズ・ヴァレンシュタインや

【刀使ノ巫女】十条姫和といえばイメージもしやすいだろう。

低めの声だと【異世界食堂】のクロも合いそうか。

ラジオでも大賞を取って脂がのっている時期でもあるし

この大抜擢には納得の一言である。

【ブギーポップは笑わない】

表向きは、女生徒失踪事件が頻発している学園から始まるミステリー。

行方不明者が続出している背景には

薬物の散布による陰謀論や洗脳による支配やら不穏な空気が充満していた。

――だがそんなことよりも少年にとっては

今いる彼女との関係が若干拗れ気味な方が大事件なのだ!

我ながらひどい概要説明になっているが

少年の悩みと失踪事件と世界の終焉が同軸で語られ同時に収束するカタルシスは

そうそう味わえるものではない。

今となってはありがちな設定と一笑に付すかもしれないが

その流れをまさしく作ったのがこの作品だということを知ってもらいたい。

 末真和子

博士というあだ名がつくほどの優秀な頭脳と豊富な知識を持ち

次作の【VSイマジネーター】でも大活躍する優等生。

上記2名の友人でありラスボスとも(知らずに)接触のある超重要人物。

犯罪心理学にも通じており学生らしからぬ思考回路を有するが

所詮人の身であるがゆえに事件が起こっても大体知る頃には終結してしまっている。

アニメ放送分ではおそらく描かれないだろうが

回を重ねるごとにポジションが深部へ至る重要人物である(二回目)。

優等生的な役割ということで早見沙織なんかどうだろうか。

【いのバト】の櫛川鳩子辺りのイメージ。

 紙木城直子

「命短し恋せよ乙女」が口癖の恋多き不良娘。

いや、不良ではけしてないが、困っている人のため尽力するほど優しい性格のため

時にそう映るのが玉に疵。

霧間凪の親友で、彼女の後の行動やら信念やらに少なからず影響を及ぼす。

ネタバレになるので多くは伏せるが、彼女がいなければ

少なくとも【VSイマジネーター】までは至らないし

【歪曲王】も湾曲しなかったかもしれない。

なかなか難しいが日笠陽子とかどうだろうか。

【NEW GAME!】の八神コウのイメージ。

 新刻敬

真面目で一途な学級委員長

童顔だがしっかりもので素直で機転も効く所謂いい子ちゃん。

片思いだったが相手にフラれ傷心中

洞察力には優れていて賢いので、

【笑わない】後半はおそらく彼女が主役のように立ち振る舞ってくれる。

ちびっこだけどまっすぐ真面目ということで高田憂希とかどうだろうか。

【NEW GAME!】涼風青葉のイメージ。

 百合原美奈子

眉目秀麗で二年生ながら予備校でもトップレベルの秀才。

常に学年首位を維持しているが反面周りとは馴染めず孤立気味

よって彼女に起こった変化など気付く者は誰一人と居なかった。

まぁ、”彼女と”と表するのは語弊があるが

後述の早乙女との関係はなかなか切ない。

最近の【刀使ノ巫女】や【刻刻】の演技が好きなので瀬戸麻沙美で聴いてみたい。

むしろ折神紫は若干被ってるか。笑。

 竹田啓司

いわゆる一番最初の語り部で、個人的には今でも彼が主人公だと信じてやまない。

【笑わない】以降でメインを貼ることはないが

宮下藤花の彼氏ブギーポップの唯一の友人という事で存在感は強い。

デザイナー志望故に進路が既に固まってるので周囲の学生からはちょっと浮いており

そこがちょっとかっこよく映ったり羨ましかったりで妬みも買われているようだ。

実際作中随一のモテ男だったりする。

直接告白した者は少ないが彼へ秘めたる慕情を抱えてた女子は以後も登場する。

最近の主人公ボイスの推しとして熊谷健太郎を挙げたい。

【グランクレスト戦記】のテオも合っているし。

ちなみに【Boogiepop Phantom】では登場しなかったので念願のボイスとなる。

 早乙女正美

一見普通人を装っているが割と変人。

軽薄だが文武両道でおまけに顔もいいので女性人気は高い。

おそらくしばらくはモブとして背景に紛れているだろうが

上記の百合原と出会いどっぷりと惹かれていく。

とにかく普段はその特殊な性癖も思考もひた隠し生活していたので

「オマエは普通だから」という理由で霧間凪にフラれたのはかなり皮肉である。

前任者が福山潤なのでそのままいけそうな気もするが多分そうはならないので

花江夏樹とかどうだろう。

【アクティヴレイド】のミュトスのイメージだ。

 田中志郎

真面目な性格で弓道部のエース。

上記の紙木城直子に告白されるがその好意を受け止めきれずにいる

内気だが心優しい少年。

一応【笑わない】最後にも彼に活躍の場はあるのだが

それ以上に大器晩成にもほどがある大舞台が待っている未来を

彼は(あと視聴者も)知らない。

キリよく【歪曲王】までやってくれればキリもいいのにな?

なんとなく【弱虫ペダル】小野田坂道が浮かんだので山下大輝で。

個人的には【TRICKSTER】の小林芳雄でもある。

 エコーズ

浮浪者

紙木城直子に保護された男性で、ボロボロの服にしゃべれない上に無愛想なので

普通は見向きもしたくない類の風貌である。

それ故に彼に手を差し伸べた紙木城に誰も足を向けて寝られないだろう。

いやほんとに。彼女のおかげで……この世界が存続しているのだから

正体は【ブギーポップ】とは別の上遠野浩平作品に出てくる個体なので

気になる人は【ナイトウォッチシリーズ】も是非購読を。

声が充てられるかどうか分からないが、武内駿輔ばりに低い声が望ましい。

言うても「い・・ぅ・・」ぐらいしか言わないが。

↓後半はこちらへ↓

(ぶっちゃけ最初の二つを書きたかっただけじゃね?)

(その通りだけどまぁいいじゃん)

ブギーポップは笑わないHP

ブギーポップは笑わないtwitter

関連記事

アニメ化決定!②アニメ放送どこまでやる?

アニメ化決定!①上遠野浩平と緒方剛志が与えた影響とは