プロゲーマーフィーチャーマガジン11月22日発売!!

ほぼ丸々一冊プロゲーマ特集「eスポーツマガジン」

男なら必ず一度は考える「最強」へのあこがれ…

スポーツなのか勉強なのか格闘技なのか…さまざまな舞台はあるけれど、その道半ばでほとんどの人が挫折していきます。

どんな世界でも最強、一番を目指すとなれば、才能も必要ですが、それを伸ばしていく日々不断の努力が不可欠でしょう。

ゲームの世界でもこれは同じ。練習すればある程度までは上達します。しかし必ずどこかで壁にぶち当たります。それが何かはわからないけれど、くじけることなくやり込みを続ける、もしくは別の角度から考えてみるなど、何らかの努力の継続がなければそこで成長が止まってしまいます。地元のゲーセンでは負けなしでもツワモノが集まる都会のゲーセンに行けば全く相手にならないことなんて普通です。大半の人はそこであきらめてしまうんですよね…

「遊びだし…」、「うまくなっても飯が食えるわけじゃないし…」、「強くても大人になったら意味ないし…」そうやってゲームから、ゲームセンターから離れていった人たちもたくさんいました。

筆者もそんな一人ではあるんですが…自分の強さの限界を知ってもなお、自分より上手く、強いゲーマーに関してはやはり尊敬と畏怖の念があります。一言でいえば「すげー!!」です。

そんな生き残った人たちの中でもさらに一握りの、本気で最強を目指し続けた人たち、今でも最強を争い続けている人たちの中からいつしか、

プロゲーマー」と呼ばれる人が出てきました。自称ではなく周りから認められて、文字通り「ゲームで飯を食っている人」です。

そんな「プロゲーマー」にスポットを当てたムック「eスポーツマガジン」が白夜書房より11月22日に発売になりました!

内容のメインは現在活躍している格闘ゲームプロゲーマーへのインタビューとなっております。

梅原さんはもちろんのこと、今年のEVO優勝者ときどさんなどなど…有名人多数です。

その他eスポーツ大会のレポートや、ゲーム実況者インタビューなどなど…

ゲーマーの端くれとして、個人的にゲームセンターGAMENEWTONのオーナのインタビューが感慨深かったです。プロがいる業界自体を支える方々がいてこそ、近年の隆盛があるのだと思います。

女子プロゲーマーの誕生や、日本でのEVO開催などなど、、年々盛り上がり続けるeスポーツ業界ですが、

ゲームには歴史がありゲーマーにも歴史があります。それらを知るともっとeスポーツが面白くなると思います。

白夜書房ムック565 eスポーツマガジン『eスポーツマガジン編集部・編』 ¥1,404(税込)

白夜書房公式サイト内eスポーツマガジンページ:http://www.byakuya-shobo.co.jp/page.php?id=5394&gname=shoseki_musictalent

白夜書房公式ツイッター:https://twitter.com/byakuya_shobo