古今東西ゲーセン聖地巡礼 東京編①

レトロゲームから最新格闘まで

先日アメリカラスベガスで行われた世界最大規模の格闘ゲーム世界大会、EVO2017の「ストリートファイター5」(以下スト5)部門において日本人のときど選手が優勝しヤフーニュースになるなど、世界的にもe-sportsが注目されています。スト5はゲームセンターには設置されておらず、対戦はネットが中心となりますが、ちょっと前までは対戦ゲームといえばゲームセンターに「俺より強い奴に会いに行く!」というのが当たり前でした。

時は流れ、特に小さな店舗は経営難で惜しまれつつ閉店してしまったりと、めっきり数が減ってしまったゲームセンターですが、そんな現在でも客足が途絶えず毎日盛り上がっている、ゲーマーから聖地と呼ばれるお店があります。そんなお店をご紹介。

高田馬場 ゲーセンミカド

オールドゲームファンなら誰もが知っている「ザ・ゲームセンター」。山手線高田馬場駅の真西に鎮座する東京西の聖地であります。2階建となっており、一階はテーブル筺体、アップライト筺体、音ゲー、体感ゲーム(大型筺体)、ピンポールなどが設置されています。二階に上がると名作シューティングコーナーと対戦格闘ゲームコーナにわかれています。世界から絶滅寸前状態の非常に貴重な大型筺体なども設置されており、アーケードゲームの歴史を感じることができる博物館ともいえるお店。唯一無二の存在感!!

平日に行けばまったりと遊べる懐かしい雰囲気、休日前などはバーチャ2全盛期の新宿を彷彿とさせる人だかりで、閉店時間まで客足は途切れることなく、常に熱気に包まれております。設置数が一番多いのはダントツにギルティギアシリーズですね。10セット以上あります。常に東京中の猛者たちであふれかえっております。
そのほか過去のセガ、カプコンなどの有名格ゲータイトルはほぼ網羅されておりますが、特にSNKのネオジオ対戦格闘ゲームコーナーが大人気となっております。ガロスぺ、真サムスピ、などはレギュラー設置ですが、その外は不定期で入れ替わり、ファイターズヒストリーやワールドヒーローズなんかもプレイできます。週末となればどのゲームも必ず対戦相手がいる!ってぐらいお客さんがいるので、対戦相手に事欠くことはありません。そして常にここで戦い続けるゲーマー達の腕前は止まることなく進化を続けています。編集Aも全盛期はガロスぺやファイターズヒストリーなんかはやりこんだはずなんですが、ミカドでは全く歯が立ちません。対戦すると確実にフルボッコにされるので、はっきりいって上級者同士の対戦を観戦して楽しむのがメインです。あとなぜか鉄拳シリーズは一切設置されておりません。
ちなみに名物として「アルカノイド(大山のぶ代様寄贈台)」も設置されております。かの超有名ネコ型ロボットの中の人ですが、アルカノイド(ブロック崩し)の達人というのは関係者の間では有名な話です。
一階に行けば世界初のアクションRPGと言っても過言ではない「ドルアーガの塔」が2台常設されており、必ず誰かが遊んでいます。ドルアーガの聖地とも言えるのではないでしょうか。今遊んでもやっぱり面白い。宝物の出し方さえわかればそこまで難しいゲームでもありません。スマホで調べながら是非遊んでみてください。

秋葉原 HEY(Hirose Entertainment Yard)

秋葉原と言えば今でもゲーセンは数あれど、ここが規模、こだわり、熱気ともに東京東の聖地と断言してもいいのではないでしょうか。

秋葉原のど真ん中!駅近!とにかく広い!設置台数が多い!!プライズもレトロゲームもシューティングも大戦格闘ゲームも充実!!!TCG(トレーディングカードゲーム)なども抜かりはありません。ビルの上の看板に「廣瀬無線」とあるように、「廣瀬無線電機株式会社」さんの本社ビルの1~4Fがゲームセンターになっています。特徴としては、プライズと音ゲー1~2F、シューティングとアクション2F、対戦ゲーム3F、TCGは4Fと分かりやすくジャンル分けされており、特に2Fのシューティングゲームの品ぞろえは他の追随を許さないラインナップとなっています。いつ見ても上級シューターのプレイは緊張感と美しさに満ち溢れており、時間を忘れて見入ってしまいます。エスカレータで3Fに上がると目の前に名物のストⅡX対戦台が2セット設置されていますが、なんと1ゲーム¥10!!閉店まで戦いが途切れることはありません。ネット配信もされています。その他のゲームもまんべんなくプレイヤーが集まっており、対戦相手に困ることもないでしょう。
個人的にはプライズが非常に良心的だと思います。キャッチャーのアームが強いのか、ことのほか簡単にほしい景品が手に入りました。
ここにしかないシステムとして「来店退店時間のタイムカードが押せる」というサービス!?があります。このサービスを利用すると自分がどれぐらいHEYに遊びに来ているかが一目でわかってしまうというステキなシステムですね★

東京高田馬場 ゲーセンミカド
http://mi-ka-do.net/

東京秋葉原 HEY(Hirose Entertainment Yard)
https://www.taito.co.jp/gc/store/00001703