古今東西ゲーセン聖地巡礼 大阪編①

関西ゲーセンは燃えているか!!

その昔、バーチャファイター2やストⅡXなどが全盛期だった時代に、よく利用するゲーセンがある地域と使用するキャラクターを組み合わせて、ニックネームにするのが対戦格闘ゲーマーのステータスだった時代がありました。

ただし、それを名乗るためにはその地域において、そのキャラクターを使うゲーマーの中で一番強い必要がありました。名のっても周りから強さを認められなければ、誰もその名前では呼んでくれません。

バーチャファイター2において最強ゲーマーと言えば、真っ先に名前が挙がってくるのは「新宿ジャッキー」さん、「池袋サラ」さんといったレジェンドゲーマーを思い出す方もいるのではないでしょうか。また、現在テレビ東京系で絶賛放送中のゲームバラエティ「勇者ああああ」において、すでに準レギュラーと化している、プロゲーマー「板橋ザンギエフ」さんをご存知でしょうか…もちろん板橋において最強のザンギエフ使いであったがゆえのニックネームでしょう。

そんなカルチャーが生まれたゲーセンも最近は「アミューズメントパーク」と名を変えて統廃合が進み、お店がどんどん減っているのが実情です。e-sportsが注目されている昨今、大会以外ではネット対戦が主流になりつつありますが、そんな現在でも客足が途絶えず毎日盛り上がっている、ゲーマーから聖地と呼ばれるお店があります。そんなお店をご紹介。

monte50(明大モンテカルロ)

大阪キタの聖地を言えば言わずと知れた「モンテ50」ですね。近くに純情モンテカルロという別のゲーセンがありましたが、別店でよく間違われていました。(純情モンテカルロはすでに閉店しています。)

モンテ50は大阪駅から近く、建物移転に伴ってフロアを拡張するなど、現在でも大阪の対戦格闘ゲームムーブメントを代表するゲームセンターと言えるでしょう。「50」がついている名前からしてわかるように、ほとんどのゲームが50円で遊べます。べらぼうに地価が高いキタの一等地でこの料金設定は本当に素晴らしいと思います。特徴としてはほとんどがビデオゲームという硬派な品揃え。大型筐体はMJぐらいで、その他はほぼライトアップ筐体という、香ばしい情景となっております。対戦格闘がメインで、シューティングはケイブ系やガレッカなどメジャーどころは押さえています。業時間が「日の出から翌日1:00まで」というのも特徴ですね☆閉店までいたら確実に終電に乗れませぬ…

台数、種類共に豊富な対戦格闘ゲーム、立地が良く、料金も安い、となれば、ゲーマーが集まってくるのは必然でしょう。

ただし!!この店の対戦で勝ち抜くには強靭な精神力が必要かと思われます、いろいろな意味で…ツワモノが集まるお店ですヽ(#`Д´)ノ

monte50(明大モンテカルロ)公式サイト:http://www.monte50.com/

セガ難波アビオン

激戦区、大阪ミナミの聖地と言えば「セガ難波アビオン」、言わずと知れたセガの運営店舗ですね。ご近所にはタイトーを始め、プライズメインの店舗や、格闘ゲームに特化した「アテナ日本橋」などがあります。対戦ゲームだけを考えたら「アテナ日本橋」が聖地なのかもしれません…が、しかし、あえて言おう。ここ「アビオン」がミナミの聖地であると!(`O´*)(筆者の主観です。)

セガといえば、プライズと大型筐体メインだったり、コインゲームメインだったりと、「ゲーセン」というよりは「アミューズメントスペース」と呼ぶべき店舗もありますが(立地や客層によってラインナップが変わるのは当然ではあるんですが…)、アビオンは昔から変わらず対戦格闘が盛り上がっていますし、適度に入れ替わるレトロゲーム、メダルゲーム、大型筐体、プライズなどなど…

新旧織り交ぜた非常にバランスのいいラインナップで、誰が行っても楽しめる「パラダイス」と言ってもいい居心地の良さを実現しています。古き良き「ゲーセン」と気軽に楽しめる「アミューズメント」の要素が理想に近い形で実現されている店舗です。(筆者の主観です。)

メンテナンスの良さも特徴でレトロゲームなども非常に快適にプレイできます。

ゲームのみならず、アニメのタイアップやイベントなども精力的に行われていて、ラブライブの聖地として認識されている方も多いのではないでしょうか。キャラクターの誕生日会が開かれたりしていました。(*^ワ^*)

このお店、お客さんを大事にしてる感がすごく伝わってきます。分かりにくい表現になりますが、店側とゲーマー、それぞれからの感謝とリスペクトをお互いに感じるお店。このお店が存在するという、言葉にはできない安心感。そんな唯一無二の存在感がこのお店を聖地と知らしめているのではないかと思います。

これで1ゲー¥50とかだったら聖地を超えてもはや神なんですけど…最近のゲームなんかはワンコインごとに店側にネット利用料とかかかるので無理みたいですね、仕方ないところです。

ゲーム大会なども頻繁に行われています。行くたびに新しい発見があるのもGood!!(*^-^*)/

セガ難波アビオン公式ツイッター:https://twitter.com/sega_avion

セガのお店情報サイト:https://tempo.sega.jp/am/avion/

近年は大阪のみならず、長年愛されてきた「ゲーセン」が惜しまれつつも多数閉店しています。プロゲーマーと呼ばれる人たちの主戦場はネットと大会で、ゲームセンターで戦うことは少なくなってきています。ゲーセン自体の役目はどんどん変化を続けています。(特にシューティングや対戦格闘の重要性は…)家庭用ゲームやPCゲームは、すでにゲーセンと遜色はありません。わざわざゲーセンに来る理由はもはや無いのかもしれません…。

このご時世で生き残っている店舗は有形無形の企業努力や、オペレーターさんの「ゲーム愛」によって存続しているお店ばかりです。しかし、どれだけ惜しまれても、「ゲーム愛」があったとしても、赤字では店舗は継続できません。

大手のみならず、個人や小規模経営で存続しているお店もまだまだあります。そんな思い出のお店が、もしもなくなってしまったとき…

後悔しないように、悔いのないように今なお存在している「ゲーセン」を楽しみましょう!!(* ̄ω ̄)v