【中二病でも恋がしたい!】邪王真眼、再降臨

映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me- 今冬劇場公開!

京都アニメーションが制作する【中二病でも恋がしたい!】が

2018年1月6日(土)より全国劇場公開されることが決定した。

かつて、邪王真眼ダークフレイムマスターが邂逅し、暗黒神話が紡がれた。

そしてすべては神々の祝福を以て終焉を迎えた――はずだった。

だがしかし、暗黒神話には続きが存在した。

それは二人を引き裂く危機-クライシス-

それは若さゆえの逃走劇-エクソダス-

追い求めるは安息の地・幻想郷-ザナドゥ-

刮目せよ。

語られるは、隠匿されし暗黒神話の最終章-カタストロフィ-――。

(公式HPより転載)

現代語に翻訳すれば、

居候していた六花が元の家族の下へ戻ってこいと言われたが

勇太がそれを阻止したく、友人らから駆け落ちを提案されるというもの。

ただでさえ精神を拗らせてるというのに

さらに生活環境まで拗れそうな展開で

大がかりな(大袈裟な)逃走劇を期待できそうなストーリーではないか。

キャストはもちろん監督の石原立也も劇半の虹音も主題歌のZAQも変わりなく

安定の布陣なのでこれまで通りの中二恋を堪能できるだろう。

楽曲にも刮目せよ

“ヒロインである六花がとにかくかわいい”だけで視聴に耐えうるアニメではあるが

個人的には楽曲がいつも楽しみでならない。

邪気眼をテーマとしているからかゴシックなテイストに

アニソンらしい疾走感と二次元のかわいらしさを

魔女鍋の如くごちゃまぜにして料理するZAQの手腕が発揮されるのは

【中二恋】が一番ではないかとさえ感じている。

前作の映画【小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜】では

あえて「今までと違う感じにしたかった」と制作秘話を聞かせてくれたが

今回は逃走劇……

再びおもちゃ箱を蹴り倒すような楽曲が出来上がるのではないかと期待している。

奇しくも、富樫勇太役の福山潤と小鳥遊六花役の内田真礼

ニューリリースCDのPVを公開した5月19日に発表されたこのニュース。

梟雄が交わりしとき新たな暗幕がいざ開かれん――

なんちゃって。

公式HP http://www.anime-chu-2.com/

公式twitter https://twitter.com/anime_chu_2