2017夏アニメ完走日記-type.B-③

2017夏アニメ注目の恋愛アニメ4作品をピックアップ!

皆さん、2017夏アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから5年目の筆者Bが

序盤雑感からどう変化したか比較しながら

1クール分見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

あらすじを知りたい方はリンクを参照してください。

(参考にはならないと思いますが)

恋と嘘

原作:ムサヲ
製作会社: ライデンフィルム 監督:宅野誠起

OP「かなしいうれしい」フレデリック ED「Can’t you say」Roys

キャスト:根島由佳吏(CV.逢坂良太) 真田莉々奈(CV.牧野由依)
高崎美咲(CV.花澤香菜) 仁坂悠介(CV.立花慎之介)

子供のころから好きで実は両思いだと知ってしまった絶世の美少女と

“政府通知”が保証する相性も器量もいい後付けの許嫁に揺れる

純朴少年の葛藤を描いた一風変わった恋愛コメディで

原作未完の為アニメオリジナルで決着をつけるわけにもいかないという事か

まぁこういう終わり方しかないよなぁという印象。

つまりどっちつかずで煮え切らないまま終わる。

りりかわ”という言葉が他動画にも出張するほどぽっと出の結婚相手が可愛らしく

彼女からの「仲が悪い演技を続けて別れましょう」という提案を主人公が飲まなかったことを

・体よくキープしやがって!二人の女性に言い寄られるハーレム作品の定番だよな!

嘘でも莉々奈を嫌いだと言い続けなくてはいけないこと、

莉々奈にも嘘をつかせ続けなきゃいけないこと、両方に耐えられないんだよな、

どちらと読み取るかで印象が変わると思う。(断然筆者Bは後者)

タイトルとポスターのせいで高崎美咲の想いにも何か裏があるのではと勘繰りたくなってしまうが

そっちにはどうやら嘘はない模様。

むしろ諦めたいと思っていることが嘘だというなんとも可愛らしい着地点へ。

世間知らずのお嬢様に「嘘が下手ね」なんて言われてしまうほどだ。

絵柄も目が大きすぎるきらいがあるが、

少女コミックだってこんなものだし違和感があるだけで十分可愛い。

胸囲の格差はあれど美しさの優劣が付いていないし

二坂はやっぱり顔並みにかっこいい台詞を吐きやがるし

主人公以外もちゃんと魅力的なのがいい。

とりあえずヒロイン二人のやり取りがこの上なく微笑ましいので

男同士女同士でいろいろ友情を掘り下げて欲しいと思うのは邪道だろうか。

(※他意はありません)

もっと二坂の自分の首を絞めつけるキザな台詞が聴きたい。

徒然チルドレン

原作:若林稔弥
製作会社:Studio五組 監督: 金子ひらく

OP「アイマイモコ」水瀬いのり ED「Dear」小倉唯

キャスト:菅原卓郎(CV.石川界人) 高野千鶴(CV.水瀬いのり)
剛田武(CV.前野智昭) 上根綾香(CV.小倉唯) 香取慎一(CV.浪川大輔)

この作品の魅力? 「わっかんねっ☆

――というわけにもいかないので徒然に記したいと思うが、

とにかく純粋無垢に清廉潔白で穢れ無き少年少女の恋模様マーブル味で、

正直見てるこっちが恥ずかしくなる。

学生時代に妄想したことのあるシチュエーションの具現化と言っても差し支えないくらい

多岐に渡るハートの乱れ咲きは各方面で飛び出し注意だ。

まぁ、この文章のように何を言ってるのかわからないキャラが一人だけいて

そいつのキャラがまたぶっ飛んでいて面白い。

そのインパクトたるや、【徒然チルドレン】の感想を

次の④ギャグアニメ編の方に混ぜたくなってしまうほどだ。

浪川大輔の演技は今季は他では【アホガール】のイヌしかないため

殊更その印象に引っ張られる。

肝心の本編の方はというと(いや、香取くんも本編の登場キャラだが)

まぁ10分ほどのショートアニメなので序盤の感想は変わらず、

一通りの主要カップルには何かしらの進展があった模様。

お気に入りカップルも変わってないが

さらにもう一組、山根くんと本山くん&栗原さんのやり取りが可愛そうで好きだ。

多分彼らのお話は女性からの受けがすこぶる悪いことは想像できる。

だが共感する男性は非常に多いと思う。

我こそは非モテだと自称するものであれば一度見て激しく首肯してほしい。

そして断言しよう。「栗原さんのような女性、現実にはいませんよ

はじめてのギャル

原作:植野メグル
製作会社:NAZ 監督:古川博之

OP「はじめてのSEASON」純情のアフィリア ED「GAL的LOVE」エラバレシ

キャスト:羽柴ジュンイチ(CV.浅沼晋太郎) 八女ゆかな(CV.長久友紀) 本城蘭子(CV.喜多村英梨) 香椎結衣(CV.竹達彩奈) 藤ノ木寧音(CV.小倉唯)

前回のレビューで、

女性の行動力に甘える主人公像が許し難いと書いたが(※そこまでは言ってない)

結局最後までその印象はあまり変わっていない。

最終話辺りでようやく男らしいところを見せたような気がしないでもないが

彼よりも本城蘭子の方がかっこよかったのでやはり覆らない。

楽しめた点としてはツッコミがバラエティに富んでいたこと。

それがアドリブなのかどこまで台本に書いてあることなのかは分からないが

イキテタイッ等のトーンやテンションを決めるのは声優なので、

やはりその力量は評価されるべきだ。

こちらを嗜んだ殿方が来季視聴するのは【しょびっち】ということになるのだろうか。

捏造トラップ -NTR-

原作:コダマナオコ
製作会社: Creators in Pack.Inc 監督:ひらさわひさよし

OP「Blue Bud Blue」東城陽奏 ED「Virginal lily」逢瀬アキラ 他

キャスト:岡崎由真(CV.加隈亜衣) 水科蛍(CV.五十嵐裕美)

とりあえず前回のレビューで、女性同士が結ばれることだけが

百合作品におけるトゥルーエンドたる形だと豪語したが(※そこまで言ってない)

そういった意味では、まぁ、ハッピーエンド?ではないだろうか。

蛍のほうが悪女かと思いきや、まぁ小悪魔には違いないが

純情ぶってる分どちらかと言えば由真の方に問題があり

煮え切らない態度にそりゃあ蛍だって不安定になるよなと同情。

だがそれ以上にひたすら他人を重んじる武田君がかわいそうだ

そして藤原のような男が好かれるのか全く持って理解できないが

どちらも現実ではそう変わらないので致し方がない。

とりあえず絵柄がずっと可愛くて綺麗。

肢体も肉感的というより造形美に寄っているので

セクシーよりキュートな印象。

なのにストーリーが不釣り合いなドロドロなので不穏さが倍増。

結果、フィクションとしては感情揺さぶる物語として映る。

つまり、こういう不純系百合作品の中では

ハイクオリティの部類に入るのではないだろうか。


――というわけでお読み頂き有難うございました。

ご意見等喜んでお受けいたします。

関連記事

>>2017夏アニメ総括レビュー

2017夏アニメ完走日記-type.B-①【乙女重視】

2017夏アニメ完走日記-type.B-②【萌え重視】

>>2017夏アニメ序盤レビュー

2017夏アニメ序盤雑感-type.B-①【乙女重視】

2017夏アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え重視】

2017夏アニメ序盤雑感-type.B-③【恋愛重視】

2017夏アニメ序盤雑感-type.B-④【ギャグ重視】

2017夏アニメ序盤雑感-type.B-⑤【異世界ファンタジー】

2017夏アニメ序盤雑感-type.B-⑥【エグいアニメ】