2017夏アニメ序盤雑感-type.B-②

2017夏アニメ注目の萌えアニメ4作品を紹介!

皆さん、2017夏アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから5年目の筆者Bが

とりあえず1話~2話を視聴して面白そうだと思ったものを数本に絞って書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

アクションヒロイン チアフルーツ

原作:チアフルーツ製作委員会
製作会社:ディオメディア 監督:草川啓造

OP「情熱☆フルーツ」 ED「陽の当たる場所」

キャスト・歌唱:城ヶ根御前(CV.M・A・O) 赤来杏(CV.伊藤美来) 黒酒路子(CV.村川梨衣) 黄瀬美甘(CV.山崎エリイ) 緑川末那(CV.広瀬ゆうき) 青山勇気・元気(CV.石田晴香) 桃井はつり(CV.豊田萌絵) 紫村果音(CV.白石晴香)

ディオメディアが送るオリジナルアニメーション。

特に気になる要素はなかったが何の気なしに眺めていたら意外に面白い。

中止になったアクションヒーローをたった二人で模倣し

妹の落胆を別の色に塗り替えることに成功。

それが偶然元市長の孫でもある生徒会長の目に留まり、

ご当地アクションヒロインでどこまで行けるかわからないがどこまでか行こうと模索する

いわゆるローカルアイドルものとして見るのが吉か。

視聴層をかなり絞って企画されているのか

アホの娘一歩寸前のキャラを軸に置き、舞台は古き良き戦隊物を踏襲。

ギャグ部分もどこか懐かしさを感じさせサブタイトルにはパロディを塗す。

明らかに深夜アニメを愛聴する30代以上のアニメファンに訴求する内容だ。

声優も伊藤美来の存在感が大きく、【ろこどる】外伝と言われたら信じそう。

何気なく都合よく美術が得意バク中ができる機械に強い人材が集まるのはまぁお約束だが

それでもなんともハイスペックな集団である。

物語はいよいよ疑似ヒーローを咎められ

オリジナルのヒーローを編み出さないといけない展開に入った。

ようやく地域名産の果物を題材にすると思われる”チアフルーツ”分が添加され

役者も揃ってきたし、ここからが見せ所なのは間違いない。

天使の3P!

原作:蒼山サグ イラスト:てぃんくる
製作会社:project No.9 監督:柳伸亮

OP「羽ばたきのバースデイ」 ED「楔」Baby’s breath

キャスト:貫井響(CV.井上雄貴) 五島潤(CV.大野柚布子) 紅葉谷希美(CV.遠藤ゆりか) 金城そら(CV.古賀葵)

幼女である。

既視感を覚えたのであればそれはおそらく間違いではなく

ロウきゅーぶ】の同作者・同キャラデザによるライトノベルが原作だ。

子供が楽器こんなに弾ける訳があるかい!とか

子供の手の届くところにこんな楽器があるかい!とか

ネットで好きになった作曲者がすぐ近くに住んでるわけあるかい!とか

そんだけのテクもっときながら今更主人公に何を求めるんだい!とか

まぁとにもかくも都合良い突っ込みどころは満載なのだが

かわいいは正義で万時解決。

ついでに楽曲も無駄にかっこいいのでむしろ推奨。

子供が弾いてるテイにするのであれば、【けいおん!】がやってたみたいに、

“技巧派のスタジオミュージシャンにわざわざアマチュアバンドにありがちな稚拙な部分をあえて再現させる”くらいのことはしてもらいたいところだが

ポップスじゃないどころかロックでもヘヴィよりの楽曲を選んでいることから

個人的には耳に心地いいので原作者ナイスと言わざるを得ない。

というか【バンドリ】でもゴシック路線の「Roselia」が台頭してるし、

【SHOW BY ROCK!!】でも「BUD VIRGIN LOGIC」がボスとして君臨した。

このBaby’s breath(劇中の幼女バンド)の歌うEDも素晴らしくダークかっこいい

ロリがゴスを奏でほんとの意味でのゴスロリ音楽と呼べるこの作品を

否定できる要素が自分には見つけられないので試聴確定。

ドラムの娘のようなネムネムキャラが愛くるしくて仕方がない。

ようこそ実力至上主義の教室へ

原作:衣笠彰梧 イラスト:トモセシュンサク
製作会社: Lerche 監督:岸誠二・橋本裕之

OP「カーストルーム」ZAQ ED「Beautiful Soldier」Minami

キャスト:綾小路清隆(CV.千葉翔也) 堀北鈴音(CV.鬼頭明里) 櫛田桔梗(CV.久保ユリカ)

某DMMのゲームでお気に入りのキャラクターデザインをされているイラストレーターが挿絵担当という事で放送前から注目はしていた作品。

まぁいわゆる美少女ゲームの絵師なので、ノベルの内容には過度な期待は禁物

……と構えて見てみたら、始まって間もなく雰囲気が違う事に気づく。

ストーリーは、全ての行動が己に返ってくる自己責任型完全国家管理統制学園。

入学早々10万もの小遣いが支給されたうえにすべての娯楽施設が校内に収容。

学業を怠っても注意ひとつされない生徒は毎月もらえるお小遣いも揚々と散在。

だが、毎月支給されるのは日ごろの行いから減点された金額のみ。

つまり2ヶ月目にしてゼロになった所持金に直面して慌てふためくのがプロローグ。

ここから起こり得るやり取りや駆け引きは血の流れないデスゲームと想定できるので

綺麗な絵柄とは裏腹な腹の探り合いになったら面白そう。

だって監督の片方が岸誠二ですよ?

美少女成分は橋本裕之が担うからそっち方面は彼の得意分野でしょう!?

と勝手に期待している。

加えて原作のキャラデザに近いアニメーションも素晴らしい。

アニメに向く向かない絵柄と言うものは少なからず存在し

こと美少女イラストに関しては難しい場合が多い。

(上記の【天使の3P】も拒否感は皆無だが対比すると相違は大きい。)

NEW GAME!!

原作:得能正太郎
製作会社:動画工房 監督:藤原佳幸

OP:「STEP by STEP UP↑↑↑↑」 ED:「JUMPin’ JUMP UP!!!!」

キャスト・歌唱:涼風青葉(CV.高田憂希 滝本ひふみ(CV.山口愛) 篠田はじめ(CV.戸田めぐみ) 飯島ゆん(CV.竹尾歩美)

第1期は同時期放送で派遣争いをしていたと思しき大ヒットアニメの第2期。

ゲームクリエイター美少女化という揶揄やらなんやらを一蹴して

単純にきらら系お仕事科目と割り切って見るのが吉。

(少なくとも乙女ゲーム含め、知る限りでは女性比はそもそも多くない)

動画工房お得意の

かわいいキャラクターデザインと無駄にたまに尖るプロップデザインを

今季はこちらと【ひなろじ】で堪能できることになる。

もう正直どこを切ってもかわいいカットと破綻のないストーリーなので

アニメ化大成功の一例としてなんも考えず視聴することをお勧めします。

よってここは少し、原作者への私見を一つ語らせて頂きたい。

得能正太郎の軌跡

筆者Bが初めて彼の作品に出会ったのは

著:葛西伸哉【サヴァイヴド ファイブ】。

表紙があまりにも好みで、思わずジャケ買いしてしまった。

直後、偶然別の機会に

著:久遠馨【謎解キ卍屋―魔術師と闇の民俗学】を見つけ名前と絵柄が一致。

よってこれはハマる流れしかない!と思い、遡って

著:枯野瑛【銀月のソルトレージュ】等を探し

期待を裏切らないイラストに、完全に好きな絵師の一人になっていた。

(なお、枯野瑛は【終末何してますか~】通称【すかすか】でアニメ化にこぎつけているので

今この小説を持っている人はお宝感があって幸せになれるはずだ)

【謎解キ】の同時期の【ゴースト・ライト】では「おや?」とも思ったが

こういう絵も描けるのかー、程度の認識。

漫画【こもれびの国】はフルカラーということで関心マックスだったので

実はここで起こっていたであろう転換に気づかなかった。

どうですか?

上と下でぜんぜん方向性違いますよね!?

というか頭身がぎゅんぎゅん下がってますね。

以後かわいいイラストだけど……と表紙だけでのラノベ購入をしなくなって幾年。

アニメ【NEW GAME!】が始まるころには完全に連想できなくなってしまっていた。

思えば【こもれびの国】もちゃんと面白かったし、

なにより今読み返してもイラストが恐ろしく綺麗。

イラストレーター→漫画家への転身を鮮やかにこなした珍しい例と言えるのではないか。

好きになった当時とはまったく見解が替わってしまったが

かわいい絵柄でも魅力的なのは変わらないので、今後も応援したいと思います。

具体的には原作を買う事で。

漫画の青葉ちゃんはアニメより小動物感増し増しでめっさかわいいよ?

というわけで今回はこの4作品を並べてみました。

一つの例として参考にしてもらえたらと存じます。

>>2017夏アニメ序盤雑感-type.B-①【乙女重視】