2017夏アニメ序盤雑感-type.B-③

2017夏アニメ注目の恋愛アニメ4作品を紹介!

皆さん、2017夏アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから5年目の筆者Bが

とりあえず1話~2話を視聴して面白そうだと思ったものを数本に絞って書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

恋と嘘

原作:ムサヲ
製作会社: ライデンフィルム 監督:宅野誠起

OP「かなしいうれしい」フレデリック ED「Can’t you say」Roys

キャスト:根島由佳吏(CV.逢坂良太) 真田莉々奈(CV.牧野由依) 高崎美咲(CV.花澤香菜) 仁坂悠介(CV.立花慎之介)

これはなかなかに新感覚なラブコメが登場したものだ。

極端な少子化対策に時期が来ると予め政府が定めた相手と結婚しなければならず

それ以後の恋愛を禁ずるという一見トンデモ設定で人権を無視すれば割と合理的。

この状況下で起こり得る一番ベタな問題、

好きな娘がいて両想いなのに全く見ず知らずのもう一人が無理やり挿入される違和。

ここで優柔不断な主人公にイラっとするまでは想像できたが女生徒同士の関係が秀逸。

まさかの後釜側が元の二人を応援し、

あまつさえ仲良くなって初めてできた友達に感動するという愛しい位置づけに収まる。

そのキャッキャウフフに挟まれ主人公が手持無沙汰になると思いきや

直後に以外過ぎる相手に唇を奪われる

確かにフラグは立ってたが、もう一度言うがまさかである。

いや、ある意味現代のアニメにおけるご期待に沿った結果かもしれないが

この恋愛ものど真ん中の作品にぶっこまれるといっそ清々しい。

そういうのが苦手な人がいることも当然わかってはいるのだが

ここは素直に受け入れていびつな四角関係を見守ろうではないか。

確かに渋谷にデカデカとポスターを貼るだけのことはある衝撃作品だ。

徒然チルドレン

原作:若林稔弥
製作会社:Studio五組 監督: 金子ひらく

OP「アイマイモコ」水瀬いのり ED「Dear」小倉唯

キャスト:菅原卓郎(CV.石川界人) 高野千鶴(CV.水瀬いのり) 赤木正文(CV.小野賢章) 梶亮子(CV.佐倉綾音)

まずは謝らせていただきたい。

キャストはいったいどこを抜きだせばいいのかわからなかったので

純粋に自分が好きなカップルから二組選ばせて頂いた。

意見反論等あったらコメント欄使えばいいと思うよ

つまるところオムニバス形式でさまざまな恋愛模様を立て続けに垂れ流す

無差別全方位型ラブコメである。

【Boys Be…】のもっと短編的と言いたいが年齢がばれてしまうし通じる気がしない。

10分弱の間にだいたい4話前後が押し込まれ

内容的にはとても他愛のない、ピュアなものが非常に多く

見てるといろんなところがむずがゆくなってくる。

こんな時期も、いつかはあったのかしら。

個人的に好きな話は上記の通り

純愛×鈍感のズレ漫才と、生徒会長×エセ不良の強引マイウェイで

他にも土下座と臆病さんのズレ漫才とか、星座を見上げるすれ違い漫才とか

……この作者はアンジャッシュが好きなんでしょうか?

とりあえず声優効果もあって無表情な鈍感少女がかわいすぎるので、

試聴確定である。

どうでもいいけど純愛と鈍感って字面が似てるよね

それ以外にも実に多種多様なシチュエーションで

青春ラブストーリーが同時多発するので

絡み合う人間相関図を想像しながら見ても楽しいかもしれない。

はじめてのギャル

原作:植野メグル
製作会社:NAZ 監督:古川博之

OP「はじめてのSEASON」純情のアフィリア ED「GAL的LOVE」エラバレシ

キャスト:羽柴ジュンイチ(CV.浅沼晋太郎) 八女ゆかな(CV.長久友紀) 本城蘭子(CV.喜多村英梨) 香椎結衣(CV.竹達彩奈) 藤ノ木寧音(CV.小倉唯)

浅沼晋太郎がいうところの「偏差値の低いアニメ」が

また新たに彼の履歴に加わることになってしまった。

女性関係に疎く多弁で優秀な女生徒に容赦なく突っ込む姿は

【生徒会役員共】のタカトシを思わせるが、

微妙に漢字の感じが違い、彼に比べるといささか品に欠ける

努力しなくても引っ張ってってくれるような女の子像を凝縮したような

主人公の立場とか卑下するほどのものか?と共感できる部分は少なく

どうにもあらゆる面で都合のいい展開が目に余るが

まだ初回放送、慌てる様な時期ではない。

それらを抜きにして、男性陣のボケや過激発言等

普通(?)の会話に楽しめる要素があるので

前評判がどこを評価されての数字なのか興味深く眺めよう。

捏造トラップ -NTR-

原作:コダマナオコ
製作会社: Creators in Pack.Inc 監督:ひらさわひさよし

OP「Blue Bud Blue」東城陽奏 ED「Virginal lily」逢瀬アキラ 他

キャスト:岡崎由真(CV.加隈亜衣) 水科蛍(CV.五十嵐裕美)

とりあえず第1印象は「誰が上手いこと言えと」。

タイトルが秀逸である。

DAI語じゃないけど、頭文字を上手く使いこなしている作品を見ると

なんだか感心してしまうおやじギャグ脳なのは自覚症状があるので気にしないでほしい。

内容は彼氏持ちの女性二人による密かやな逢瀬のお話。

もうあえてキャストは2名分しか載せないが

この手の作品は二人がくっつく以外の選択肢はすべてバッドエンドだと思っている。

wikipediaには主人公・準主人公と書かれているが、

断じて、主人公とヒロインという肩書が適切である。

正直思い入れや感情移入と言う点では、

主人公の彼氏君を全力で応援したい衝動に駆られるが

だいたい不憫すぎて目を覆いたくなるので

始めからそうした期待は抱かないようにしているのだ。

そしてそういうのが好きなら普通にラブコメか少女コミックに求めよう。

まともな思考で見ると、

毅然とできない主人公の方にやきもきするか、

ヒロイン余計なことすんなよぉぉぉと呻くことになる。

そういう意識までもってかれてるので、

導入部分で上手いこと描写してるんだろうなという印象。

【徒然】とは真逆の方向性だが楽しみだ。

あと今書いてて気付いたが、全然関係ないが、

テーマソングが【奇異太郎】と同じ方式ということで、同じ会社が作っているらしい。

それも含めて逢瀬アキラさん新譜いつ出るのかしら……?

「真紅の革命」から結構もう経ってるよね。

というわけで今回はこの4作品を並べてみました。

一つの例として参考にしてもらえたらと存じます。

>>2017夏アニメ序盤雑感-type.B-①【乙女重視】

>>2017夏アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え重視】