2017春アニメ完走日記-type.B-②

皆さん、2017春アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから5年目の筆者Bが

序盤雑感からどう変化したか比較しながら

1クール分見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

あらすじを知りたい方はリンクを参照してください。

(参考にはならないと思いますが)

エロマンガ先生

原作:伏見つかさ イラスト:かんざきひろ

制作会社:A-1 Pictures 監督:竹下良平

OP「ヒトリゴト」ClariS ED「adrenaline!!!」TrySail

キャスト:和泉正宗(CV.松岡禎丞) 和泉紗霧(CV.藤田茜) 山田エルフ(CV.高橋未奈美)

ラノベ作家同士でのラブコメに終始した

完全フィクション性の高い作品。

登場する女性キャラ全員が主人公を好きになる典型的なハーレム物なので

そういうものが好きであれば安心して試聴できただろうし

逆に胃がもたれた人もいるだろう。

そういう意味ではこういうものを書かせたら現代第一人者の伏見つかさである。

ツンデレ傲慢わがまま奔放金髪美少女に

年上(芸歴が)一途で控えめ和服黒髪美少女に

引きこもり頑固でむっつりの血の繋がっていない妹。

みんなちゃんと可愛いので誰かはヲタ心にヒットするはず。

今季の皆さんのヒロインは誰でしたか?

クロックワーク・プラネット

原作:榎宮祐・暇奈椿

制作会社:XEBEC 監督:長澤剛

OP「clockwork planet」fripSide ED「アンチクロックワイズ」After the Rain

キャスト:見浦ナオト(CV.南條愛乃) RyuZU(CV.加隈亜衣) マリー・ベル・ブレゲ(CV.大西沙織)

これは初見から一貫していい中二病アニメ。

終盤に近づくにつれバトルは過激になり、

かなり強引な理由づけやそれに付随する設定も散見するが

それらすべて機械機構爆撃連撃砲撃をより効果的に演出する要素になり

だいぶスカッとする絵面に満足度は高い。

自動人形であるので部位欠損も人道的に反さないからか起こり得るし

そうして煽った悲壮感を回収する感動も抜かりない

かと思えば主人公の情熱・熱意は少年漫画的で

RyuZU故障時の火傷を顧みない救出劇はベタだが熱い展開だ。

(【EVA】のゲンドウがレイを助ける場面と言えばわかりやすいだろうか)

連想したのは【MOUSE】の葉月なのだが通じる自信がない

なによりこのアニメの収穫としては

エンディングテーマがかっこよかったなというところか。

切ないオープニングとの対比は、ふつう逆の効果を狙いそうなところだが

この構図だったことがこのアニメを凡作で終わらせない底力のように思う。

サクラクエスト

原作:Alexandre S.D. Celibidache

制作会社:P.A.WORKS 監督:増井壮一

OP「Morning Glory」ED「Freesia」(K)NoW_NAME

キャスト:木春由乃(CV.七瀬彩夏) 四ノ宮しおり(CV.上田麗奈) 緑川真希(CV.安済知佳) 織部凛々子(CV.田中ちえ美) 香月早苗(CV.小松未可子)

おおよそ予想通り、

村おこしの案は大体が大きな変化をもたらさないまま収束してしまうが

登場人物、特に主人公の心境の変化がこの作品の魅力と言えるだろう。

朱に交われば――とまではいかなくても

少なからず影響は受けあい与え合うわけで

間野山の空気感にうっすら染まりつつあるのかなとも思う。

……あ、だから髪の色がピンクなのか!(※こじつけです)

各大臣(メインヒロイン5名)それぞれにちゃんと見せ場・修羅場があり

中でも主人公以上に変化の兆しがある娘が一人

内気で無表情で人との交友が苦手な彼女の意識が外側へ向いてく様は

……ある意味では、街が過疎に向かってしまう

その根本に関わる話に見えてならない。

こうして下界へ夢を見出す若者を田舎に括り付けておく権利が大人にはあるのか

……それが焦点になるような気がする。

2クール作品でまだ折り返し地点だが

【SHIROBAKO】のようなさらなる窮地が訪れそれを乗り越えるのか

【花咲くいろは】のように一つの問題と向き合い続けるのか

はたまたまったく別の情景を見せるのか、試聴継続確定である。

あとサンダルさんの予測不能な発言と行動に目が離せない。

フレームアームズ・ガール

原作:壽屋 キャラクター原案:島田フミカネ

制作会社:ZEXCS / studioA-CAT 監督:川口敬一郎

OP「Tiny Tiny」村川梨衣 ED「FULLSCRATCH LOVE」FAガール

キャスト:源内あお(CV.日笠陽子) 轟雷(CV.佳穂成美) スティレット(CV.綾瀬有) バーゼラルド(CV.長江里加)

基本的に一話完結式で

1バトルごとに1体仲間になり徐々に居候個体数が増加。

大人数になったところで今度は3話形式で日常回を消化し

最後に申し訳程度のラスボスを投入し勝利し大団円。

こちらも期待を大きく裏切らない安定したストーリーで楽しませてくれた。

作画的にも余裕があったのかオープニング映像を手書きに置き換える小技も。

コトブキヤ主催のため扱えるネタも多く

台詞の端端に含ませる専門用語に見せかけた口上や宣伝も

視聴者を楽しませようとする気概を感じて好印象だ。

最終話は何を血迷ったのかMMDのようなキャラソンに合わせたダンス動画で

無駄にミュージックビデオのようなクオリティ。

スタッフが楽しそうで見てるこっちまで幸せになれるような作品だった。

エピローグでは第2期をおもわず不穏な影もチラミセしてきたので、

予算と時間さえ都合つけば可能性は高いと言えるだろう。

ベルセルク

原作:三浦建太郎

制作会社:LIDENFILMS 監督:板垣伸

OP「サクリファイス」9mm Parabellum Bullet ED「一切は物語」南條愛乃 feat.やなぎなぎ

キャスト:ガッツ(CV.岩永洋昭) パック(CV.水原薫) ファルネーゼ(CV.日笠陽子)

3Dの演出にも慣れてきたのだが、

総集編の1つ手前の作動画はすこしひどかった。

レンダリングミスかそもそもモーションの段階でボーンの連結をしくじったのか

とにかく反復運動の連続が見苦しかったが

それ以外はおおよそストーリーも分かりやすい順番でなぞってくれたので概ね満足だ。

2クール目で初登場のシールケは初回サービスなのかスタッフのお気に入りなのか

可愛い仕草もカットされない台詞も多く、なんだか愛されていたなと言う印象。

ベルセルクにおける良心のような役割も果たしているので

個人的にはこのまま行ってもらいたい。

最終話も全然終わった感じのしない幕の締め方だったので、

ゆっくり続編を待とう。

信長の忍び〜伊勢・金ヶ崎篇〜

原作:重野なおき

制作会社:トムス・エンタテインメント/V1Studio 監督:大地丙太郎

OP「白雪」蓮花

キャスト:千鳥(CV.水瀬いのり) 織田信長(CV.羽多野渉) 助蔵(CV.村瀬歩)

初回から欠かさず見ているが

3分であるのが非常にもったいないと思う反面

だからこそこの捲し立てる感じがテンポを良くして

原作の雰囲気を損なわないという可能性もあり少々もどかしい。

キャストも主題歌も申し分なく

3クール目である今季は北畠具教との一騎打ちをきちんと前後描き切ってくれて

今後も不安なく最後まで追いかけたい。

ここまでお読みいただき有難う御座いました。

ご意見等喜んでお受けいたします。

第1印象はこちら>>2017春アニメ序盤雑感-type.B-②

>>2017春アニメ完走日記-type.B-①

>>2017春アニメ完走日記-type.B-③

>>2017春アニメ完走日記-type.B-④