2017春アニメ完走日記-type.B-③

皆さん、2017春アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから5年目の筆者Bが

序盤雑感からどう変化したか比較しながら

1クール分見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

あらすじを知りたい方はリンクを参照してください。

(参考にはならないと思いますが)

兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走-

原作:幽・灵

制作会社:イマジニア、ファンワークス 監督:ラレコ

主題歌「Sunny side up」Brian the Sun

キャスト:時分(CV.中村悠一) 時秒(CV.雨宮天)

話を追うごとに兄のダメさ加減、妹への不理解ぶりが露呈し

暴力的なところ以外は特に欠点が見当たらない妹がより不憫だ

いっそう同情を禁じ得ないが

なんだかんだ仲のいい兄妹だなというのは花火の回でも分かるし

見ていて実に微笑ましい。

結局妹が兄の友人に向ける恋心が報われるのか、

報われたところで幸せなのだろうか、

……と、最終話以後の展開も興味は尽きない。

ただ一番かわいそうなのは転入してきたもう一人の友人の様な気もする。

惚れてない女性に振られ且つ睨まれるとか不可解の一言だろう。

がんばれ万歳

つぐもも

原作:浜田よしかづ

製作会社:ゼロジー 監督:倉谷涼一

OP「METAMORISER」バンドじゃないもん! ED「I4U」MICHI

キャスト:加賀見一也(CV.三瓶由布子) 桐葉(CV.大空直美) くくり(CV.久保ユリカ)

さすがこと日本においてジャパニメーション伝統と言えるからか

妖怪バトル漫画にハズレはないとまたも思わせてくれる作品だった。

正直これといった特徴はあまりないのだが

ヘタレ主人公が攻撃に対して手心を持ってることが

逆にライバルとの死闘に勝利をもたらす結果に成ったり

九十九神(袴や剣など)をモノ扱いできない思考が王道過ぎて

むしろ様式美とさえ感じる

また、序盤だけでもお色気成分が多いと記したが

後半にもっと過激な話が挿入される。

なんとDMMにて(ゆるくはあるが)R指定で有料配信されており

それでもまだファンに「原作はもっとエロい」と言わしめるのだから

これはちょっくら原作単行本を覗きたくなってしまうではないか。

……そこまで行動させられたなら、充分アニメ化成功と言っていいだろう。

たとえ円盤が売れなくとも

武装少女マキャヴェリズム

原作:黒神遊夜・神崎かるな

製作会社:SILVER LINK. 監督:橘秀樹

OP「Shocking Blue」伊藤美来 ED「DECIDE」天下五剣

キャスト:納村不道(CV.畠中祐) 天羽斬々(CV.松井恵理子) 鬼瓦輪(CV.高田憂希)

概ね全体的にキャラ付けは満足度が高く

どのヒロインも可愛いと思える全方位ハーレムバトル物だったと思う。

女尊男卑の構図として主人公以外が完全に選択外で

ひとりひとり勝負し勝利し攻略していくのが

「外出許可証」なるカードに判を押すことで視覚的にも映えた。

ケチをつけるとすれば、ラスボス含め五剣の関係性が微妙に許容できなかった点。

バトルシーンが静止画中心で省エネだったこともあり、

力の相関図、敵意のベクトルが読みづらかった。

正直見終わった後に何も残っていないのだが

鬼瓦と因幡がかわいいだけで見続けられたのでそれはそれで佳作だろう。

(個人の感想です。)

恋愛暴君

原作:三星めがね

製作会社:EMTスクエアード 監督:濁川敦

OP「恋?で愛?で暴君です!」Wake Up, Girls! ED「「スキ」を教えて」smileY inc.

キャスト:藍野青司(CV.小野賢章) グリ(CV.青山吉能) 緋山茜(CV.沼倉愛美)

これは視聴者の好みによって評価が割れる作品だと思われる。

第一話含む序盤はラブコメ色……いや、コメディというより

過激なギャグ部分が多く、それを期待して見続けると

中盤・後半のシリアスが入り混ざる部分が目障りだろう。

だが暴力特化に裏付けがありそこから派生する事象なので必然性があるし

天使と悪魔のハーフという題材で無視できない問題も直面しているあたり

個人的にはむしろ指示したい部分である。

解決方法の強引さも余韻のクラッシュ具合も序盤の軽いノリを踏襲するし

印象深いストーリーとグリの濃いキャラはしばらく記憶に残りそうだ。

境界のRINNE 第3シリーズ

原作:高橋留美子

製作会社:NHKエンタープライズ 監督:石踊宏

OP「SHINY」夜の本気ダンス ED「スキナノカナ」Softly

キャスト:六道りんね(CV.石川界人) 真宮桜(CV.井上麻里奈) 六文(CV. 生天目仁美)

老練・高橋留美子による小学館伝統芸能のるーみっくわーるど

その末裔のアニメシリーズも既に第3シリーズに到達。

短期放送が中心の現代では分割クールと言う形ではあるが

長期にわたって放送できる体力をもつ数少ない作品である。

ある意味【つぐもも】が大して話題に上がらなかったのは

同時期にこちらも放送されていたからに他ならない、気がする。

第3シリーズでは主人公の現金への執着がより強調され

父親との血縁がより確固たる物語が多いように感じた。

というのも、2クール目に突入し、

ついに主人公の家族関係に踏み込んだ内容になっていることから

スタッフも上手いこと流れを把握してるなと言う印象。

今後も安心して試聴を続けられそうだ。

弱虫ペダル NEW GENERATION

原作:渡辺航

製作会社:TMS/8PAN 監督:鍋島修

OP「トランジット」夏代孝明 ED「タカイトコロ」佐伯ユウスケ

キャスト:小野田坂道(CV.山下大輝) 手嶋純太(CV.岸尾だいすけ) 真波山岳(CV.代永翼)

熱い。やっぱりスポ根はこうでなくちゃ。

第3シリーズ2クール目は主に

総北リーダーVS箱根エースクライマーの一騎打ちが本筋である。

本来そこにいるべきはずの主人公は

周囲のチームの妨害に遭い戦線離脱(正確には後逸)。

代わりにリーダーがその役目を全うしようと無理をする展開。

そう、言葉を選ばなければ凡人VS天才の勝負であるのだが、

相手にしない天才に凡人が食らい付き

ようやく目線が交差したところでトラブル発生

それで勝ってもフェアじゃないと肩を並べ再戦を臨むところは

キャラクターに萌えるしストーリーに燃えるし

手に汗握り溢れ零れ落ちること間違いなし。

当然レースは終わらないまま終了したので

ゆっくり安心して第4期を待とう。

ここまでお読みいただき有難う御座いました。

ご意見等喜んでお受けいたします。

第1印象はこちら>>2017春アニメ序盤雑感-type.B-③

>>2017春アニメ完走日記-type.B-①

>>2017春アニメ完走日記-type.B-②

>>2017春アニメ完走日記-type.B-④