2017春アニメ完走日記-type.B-④

皆さん、2017春アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから5年目の筆者Bが

1クール分見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

最終回は序盤特に触れてなかった残りのものを列挙します。

GRANBLUE FANTASY The Animation

原作:Cygames
製作会社:A-1 Pictures 監督:伊藤祐毅

OP「GOBUMP OF CHICKEN」 ED「ソラのパレード」HARUHI

キャスト:グラン(CV.小野友樹) ルリア(CV.東山奈央) ビィ(CV.釘宮理恵)

日本で最も遊ばれているソーシャルゲームの一つ、【グラブル】がついにアニメ化。

“もっとも”はさすがに言い過ぎだが、

いわゆる二次元愛好家に限ればあながち間違っていないと個人的には感じている。

それだけ売れているゲームなのだからさぞかし資金は潤沢だったに違いない。

終始安定した作画と上手くアニメとして落とし込んだストーリーが非常に好印象だ。

多すぎるキャラクターは当たり前だがストーリーキャラを中心に配置され

ゲームでは最重要の属性対処はほぼ無視だったりもしたが

場面の流れと勢いを殺ぎかねないことを考えると些事である。

それでも最終話の高レアのオンパレードやEXジータのifストーリーなど

スタッフの最大限のサービス精神も見て取れて、

ファンとしては手放しでアニメ化成功の判を押したい気分だ。

OPEDテーマも素晴らしく、作曲者はそれぞれのアーティストが担っているが

まったく似た雰囲気の楽曲(とくに前奏)を提供してきており

タイアップを意識した音創りをしてくれたのかなと嬉しく思う。

(まぁBUMPはいつものことですけどね。さすがです)

進撃の巨人 (第2期)

原作:諫山創
製作会社:WIT STUDIO 監督:荒木哲郎

OP「心臓を捧げよ!」Linked Horizon ED「夕暮れの鳥」神聖かまってちゃん

キャスト:エレン(CV.梶裕貴) ミカサ(CV.石川由依) アルミン(CV.井上麻里奈)

日本で最も続刊が待たれている漫画原作のアニメ化第2期である。

“もっとも”はさすがに言い過ぎだが、

いわゆる二次元愛好家に限ればあながち間違っていないと個人的には感じている。

……いや、むしろ結構一般にも普及してるかな。

もう正直ufotableと並んで信頼感MAXのWIT STUDIOが引き続き制作とあって

原作よりもわかりやすく視聴者に伝わる表現で今回も圧巻の動画を見せてくれた。

むしろ第1期よりもパワーアップしてるように映ったのは気のせいだろうか?

立体起動はより鮮烈に、巨人の威圧感はより熾烈に、そして顔芸はより下劣に。

……いや、今回シリアスの比重が大きすぎてシュールギャグは控えめだったけど。

特に個人的にはライナーの変化が、原作では少々納得しにくい描写だったのを

回想シーンの順番を入れ替えて(早めた?)腑に落ちたところもあり、

ほんと第1期の訓練兵時代の組み込み方といいいい仕事するなぁという印象。

顔なじみの最期もかなりドラマティックになっており

数話前からの丁寧な死亡フラグ構築は見るに忍びなかったくらいだ。

こちらも続編は確実にあるだろうし、期待して待ちたい。

 ロクでなし魔術講師と禁忌教典

原作:羊太郎 イラスト:三嶋くろね
製作会社:ライデンフィルム 監督:和ト湊

OP「Blow out」鈴木このみ ED「Precious You☆」

キャスト:グレン=レーダス(CV.斉藤壮馬) &ED歌唱:システィーナ(CV.藤田茜) ルミア(CV.宮本侑芽) リィエル(CV.小澤亜李)

今日本で……はもういいか。

だが昨今でこれほどまでに第1話でHateを集め

尚且つ第2話で挽回したアニメがあっただろうか。

だが初回の”ロクデナシ”っぷりがロクデナシであるほど

その後の講義が生きるわけで……30分括りのアニメでは難しいかもしれない。

とべた褒めはしてみたものの、

マイナス50点から100点を取って這い上がっただけで

最終的に今季の派遣はこのアニメだと呼びたいわけではないことは明記しておく。

毎回ギリギリで勝利するのは魔法と言うチカラが拮抗しているのか

それとも主人公がほんとに毎度奇跡を起こしているのかはわからないが

むしろ本編に絡む戦闘や救出劇よりも、

学生を巻き込んだ魔法と戦術を駆使する競技の方が面白かった気がする。

あ、この既視感、思い当たりました。

【魔法科高校の劣等生】と同じ楽しみ方をしてましたね。

ひなこのーと

原作:三月
製作会社:アニマアンドカンパニー 監督:高橋丈夫

OP「あ・え・い・う・え・お・あお!!」 ED「かーてんこーる!!!!!」

キャスト・歌唱:桜木ひな子(CV.M・A・O) 夏川くいな(CV.富田美憂) 柊真雪(CV.小倉唯) 萩野千秋(CV.東城日沙子) 中島ゆあ(CV.高野麻里佳)

今季【エロマンガ先生】と双璧を成した萌えアニメ。

かわいいがかわいいを愛でるのでコメント欄には「おまかわ」の嵐。

演劇だったり対人恐怖症だったりと

扱う題材が割と重めなのに発泡スチロールでも敷き詰めたのかと思うほど

ストーリーは軽いノリでゆるっと進んでいく。

誰もが騙されるほど「まんがタイムきらら」系の絵柄なのだが

(なんならOPでも全員ジャンプ、通称きららジャンプもあるが)

一点において一線を臥す特徴がある。

そう……無駄なエロス。

妙にフェチズム全開の予告だったり

そういうのに無頓着な若干2名の無意識に扇情な振る舞いだったり。

結局前回取り扱った時と同じ感想を書いてしまってるが

第一印象から変わらず最後まで見続けられるのも

ひとつの優良作品と言えるだろう。

以上、最終話まで追いかけた作品群になります。

ほんとは見たかったけどタイミングを逃してしまったものもいくつかありますが

(【ソードオラトリア】や【銀の墓守】等)

機会があれば補完したいと思います。

ここまでお読みいただき有難う御座いました。

ご意見等喜んでお受けいたします。

>>2017春アニメ完走日記-type.B-①

>>2017春アニメ完走日記-type.B-②

>>2017春アニメ完走日記-type.B-③