2017春アニメ序盤雑感-type.B-②

皆さん、2017春アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから5年目の筆者Bが

とりあえず1話~2話を視聴して面白そうだと思ったものを数本に絞って書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

エロマンガ先生

原作:伏見つかさ イラスト:かんざきひろ

制作会社:A-1 Pictures 監督:竹下良平

OP「ヒトリゴト」ClariS ED「adrenaline!!!」TrySail

キャスト:和泉正宗(CV.松岡禎丞) 和泉紗霧(CV.藤田茜) 山田エルフ(CV.高橋未奈美)

高校生兼ライトノベル作家の主人公が、

両親不在の下、引きこもりの義妹と過ごしていたある日、

実はその妹こそが自身のライトノベルの挿絵師だったと発覚する

結局【俺の妹がこんなに可愛い】ストーリー。

【俺いも】コンビによる小説が原作で主題歌のClarisも同じだが

アニメ自体を作ってるところは違うという謎の布陣。

ラノベ作家が描くラノベ作家&ラノベ絵師という事で

時折入るブラックジョークやら自虐やらが楽しい。

どちらにしても作者が絵師を猛烈に尊敬してることは伝わった。

終始テンション高めでスピーディに展開していくので

非常にとっつきやすく手軽に可愛いを堪能できるだろう。

義妹が理不尽かわいい。

クロックワーク・プラネット

原作:榎宮祐・暇奈椿

制作会社:XEBEC 監督:長澤剛

OP「clockwork planet」fripSide ED「アンチクロックワイズ」After the Rain

キャスト:見浦ナオト(CV.南條愛乃) RyuZU(CV.加隈亜衣) マリー・ベル・ブレゲ(CV.大西沙織)

機械にしか興味がない変人のもとに箱ごと自動人形が落下してくる。

206年前に故障して以来誰も出来なかった修理を

崩壊する自室の中ものともせずものの数時間で完遂。

以後、人形は主人公をマスターもしくは変態とののしりながら付き従うことに。

……ラノベ特有のてんこ盛りな設定を省いてまとめようとしたら我ながらひどい説明に。

どうやらアニメ化に至って少年の性格が少しマイルドになったように映る。

原作が【ノーゲーム・ノーライフ】と同じということで

なるほど設定がガチガチに編みこまれているわけだ。

修理を可能とした要因が異常聴覚にあり、それゆえの活躍と苦労を拝めそうである。

多次元戦闘やら機械仕掛けやらドリルやらで中二心を十二分に刺激してくれるので

そういったものが好きな人にはたまらないだろう。

サクラクエスト

原作:Alexandre S.D. Celibidache

制作会社:P.A.WORKS 監督:増井壮一

OP「Morning Glory」ED「Freesia」(K)NoW_NAME

キャスト:木春由乃(CV.七瀬彩夏) 四ノ宮しおり(CV.上田麗奈) 緑川真希(CV.安済知佳) 織部凛々子(CV.田中ちえ美) 香月早苗(CV.小松未可子)

【花咲くいろは】(旅館)【SHIROBAKO】(アニメ制作会社)に続くP.Aお仕事シリーズ。

田舎が嫌いで何か成せるはずと上京してはみたものの何にもなれず、就職も30社受けて全滅。

いきなり無差別に耳が痛いところからスタートし、過去登録した派遣会社からの依頼で

何の因果かよりによって田舎の村興しを手伝うどころか率先して行わなければいけない羽目に。誠にあはれなり……

田舎を知る者としては「どう面白くするんだろう」という危機感は【ろこどる】に通じる。

村が呼びたかったのが”椿”さんで、呼んじゃったのが”木春”さんという下らなさと

関口可奈味のSHIROBAKOに近いキャラクターデザインで個人的な掴みはOK。

上記の通り面白くなるビジョンが未知数なので、

現状維持だけは絶対に避けていただき、あっと驚く結果を期待したい。

楽曲は【灰と幻想のグリムガル】以来の音楽集団(K)NoW_NAME

R・O・N、宮崎誠、睦月周平etcアニソンキャラソンに欠かせない作曲陣が

ボーカルとイラストレーターも擁しており

総合的なサウンドプロデュースを自身達の輪の中で完結できることで

より作品と密接した劇伴を生み出せる。

ファンタジーが基盤だった前作と比べてどういうアプリーチでくるか

今からサントラが楽しみである。

フレームアームズ・ガール

原作:壽屋 キャラクター原案:島田フミカネ

制作会社:ZEXCS / studioA-CAT 監督:川口敬一郎

OP「Tiny Tiny」村川梨衣 ED「FULLSCRATCH LOVE」FAガール

キャスト:源内あお(CV.日笠陽子) 轟雷(CV.佳穂成美) スティレット(CV.綾瀬有) バーゼラルド(CV.長江里加)

模型に興味のない少女のもとに手違いでフレームアームガール試作機が届き、

誰も起動できたことのない機体のはずなのにただ触ったら反応。

なし崩し的にモニターに抜擢されるが、普通にバイトするより稼げるとわかり乗り気に。

「感情を知りたい」と最初は表情に乏しかった轟雷が少しづつ豊かになっていく……はず。

【ストライクウィッチーズ】【武装神姫】等でも見られる通称フミカネ節が本作でも炸裂。

いくら違うから恥ずかしくないといいつつも、第一話の末尾で主人公が「パンツだよね」と

突っ込むセルフパロディも盛り込み、ダイレクトマーケティングも露骨で、

随所にプラモあるあるも挟み込み、コトブキヤがノリノリで制作しているのが目に浮かぶ。

快活な主人公がまた魅力的で、久々に普通の女の子役を演じたであろう日笠陽子に気付かなかった。

さすが声優。

それにしてもどうしてこうフミカネ絵はかわいいのだろうか……(個人の感想です)

アニメが不作なんて信じられない!

と、こんな感じで、

始まる前は”見るのないかも”と思っていた人がいたらとりあえず見てみよう。

結局どこかしら気になって見続けるものはあるはずだ。

今期の定石といえば

【ベルセルク】【信長の忍び】等があると思うが

やはり普遍の面白さというものもある。

自分なりの二次元ライフを見つけ出そう!

>>前半はこちら

>>追加分はこちら