2017春アニメ序盤雑感-type.B-③

皆さん、2017春アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから5年目の筆者Bが

とりあえず1話~2話を視聴して面白そうだと思ったものを数本に絞って書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走-

原作:幽・灵

制作会社:イマジニア、ファンワークス 監督:ラレコ

主題歌「Sunny side up」Brian the Sun

キャスト:時分(CV.中村悠一) 時秒(CV.雨宮天)

どうしようもない兄に割と優等生な妹がツッコミ(物理)を叩き込む日常コメディ。

中の人も相俟って、薄味のカラ松【おそ松さん】に

テンションの低くない霧嶋董香【東京喰種】が絡んでるように見える。

(声のトーン的にはアクア【このすば】っぽいが)

正直まったく期待していなかったが普通に面白い。

ショートアニメなので気軽に見れるし、ベタを微妙にはずしてくるところ、

例えば妹が恋心を兄に感じないあたりに日本人じゃないテイストを感じて

今期のコメディ枠では頭抜けてツボにハマっている。

喧嘩番長 乙女-Girl Beats Boys-

原作: スパイク・チュンソフト

製作会社:project No.9×A-Real 監督:齋藤徳明

OP「ラブスナイパー」ED「眼光シグナル」Love Desire

キャスト:中山ひなこ(CV.山村響) 箕輪 斗々丸(CV.KENN) 金春貴之(CV.蒼井翔太)

偶然を装い道端で通行中の主人公に接触し、

双子の兄である自分の代わりに喧嘩で一番を決める高校へと入学することを半ば強制する。

【喧嘩番長】の番外編、というか乙女向けバージョン。

ゲームは未プレイだがキャラソンをかなり気に入ってたので視聴。

異常な生徒とまともな主人公の掛け合いといった

演出とわざとらしさがスパイク・チュンソフトっぽくて嫌いじゃない。

OP・EDは期待どおり好みで

ともあれこの作品はキャラソン等の音楽面が楽しみだ。

つぐもも

原作:浜田よしかづ

製作会社:ゼロジー 監督:倉谷涼一

OP「METAMORISER」バンドじゃないもん! ED「I4U」MICHI

キャスト:加賀見一也(CV.三瓶由布子) 桐葉(CV.大空直美) くくり(CV.久保ユリカ)

母の形見である袋帯を一日2回嗅ぐことが日課の主人公に、ある日突然怪異が襲いかかり、

彼を救うために現れた着物の美少女こそがその袋帯の付喪神であった。

以後人に害する妖怪を調伏するいわゆる退魔アクションコメディで

掲載紙が”月刊アクション”であることでわかるとおり無駄にエロいお色気サービスが多い。

以前大空直美に固有キャラのイメージが付きそうと表現してしまったが

動画でやはり同様のコメントが大量に流れている。ポンコツ成分が薄いサターニャだよね。

アニメ化にあたりお色気は(多分)抑えめで、

戦闘シーンは原作のダイナミックさを表現しようと力を入れているように見える。

題材のせいか古き良き”ジャパニメーション”で安心して視聴を続けられそうだ。

武装少女マキャヴェリズム

原作:黒神遊夜・神崎かるな

製作会社:SILVER LINK. 監督:橘秀樹

OP「Shocking Blue」伊藤美来 ED「DECIDE」天下五剣

キャスト:納村不道(CV.畠中祐) 天羽斬々(CV.松井恵理子) 鬼瓦輪(CV.高田憂希)

学園美少女バトルもの。主要男性キャラが一人で

ハーレム的に少女たちが集うテンプレ物と言い切ってしまっていいかと。

そういった中でも視聴を続ける作品そうじゃない作品分かれると思うが

鬼瓦輪が鬼かわいいので今のところ最後まで追いかけるつもり。

主人公の性格が自由を愛する且つつかみどころがなく、

虚弱じゃないところが気に入っている。

ネタの新鮮度という意味では

むしろ脇キャラのマツコデラックス完コピと予告のおすぎとピーコもどきが秀逸だ。

恋愛暴君

原作:三星めがね

製作会社:EMTスクエアード 監督:濁川敦

OP「恋?で愛?で暴君です!」Wake Up, Girls! ED「「スキ」を教えて」smileY inc.

キャスト:藍野青司(CV.小野賢章) グリ(CV.青山吉能) 緋山茜(CV.沼倉愛美)

主人公のもとに死神が現れ命を奪おうとする、というような構図で

カップルを成立させることが目的だができなければ呪いがかかるという展開。

のっけから「キスノート」なるアイテムが登場するあたり

パロディ満載のラブコメディ……である、たぶん。

ヒロイン死神のそもそも主人公に接触してきた理由がBL趣味のせいで

今までも「キスノート」で不当にカップルを量産してきた不良キューピッド、

主人公が片思いしていた少女とは実は両想いでめでたくカップル成立

――を喜べるはずが重度のヤンデレでぜんぜんハッピーじゃなかったり、

主人公に絡んできた娘をツンデレと受け取って結ばせてみたらGLだったり

……どうしようヒロインにまともなやつが一人もいない。

そういった内容なので印象は一際強い。

どう収集つけるのか(もしくはつけないのか)楽しみである。

アニメが不作なんてことは起こり得ない

と、こんな感じで、

始まる前は”見るのないかも”と思っていた人がいたらとりあえず見てみよう。

結局どこかしら気になって見続けるものはあるはずだ。

特に今回の③で取り上げた5作品は

まさに”初めは見続けようとは”思ってなかったものである。

その他、【境界のRINNE】の第3シリーズや

【弱虫ペダル NEW GENERATION】は2クール目に突入し

継続して視聴している。

あえて記さなかったが、もちろん①と②で最後にあげている作品も同様である。

自分なりの二次元ライフを見つけ出そう!

>>前半はこちら

>>後半はこちら