2017秋アニメ序盤雑感-type.B-②

2017秋アニメ注目の萌えアニメ5作品を紹介!

皆さん、2017秋アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから5年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

 ブレンド・S

原作:中山幸
製作会社:A-1 Pictures 監督:益山亮司

OP「ぼなぺてぃーと♡S」 ブレンド・A
ED「デタラメなマイナスとプラスにおけるブレンド考」ブレンド・A

キャスト:桜ノ宮苺香(CV.和氣あず未)  日向夏帆(CV.鬼頭明里) 星川麻冬(CV.春野杏)
秋月紅葉(CV.鈴木達央) ディーノ(CV.前野智昭) 天野美雨(CV.種﨑敦美)

まんがタイムきららという正しく血統書付き美少女漫画が原作の、

今季期待のザ・萌えアニメ

他と違う要素として主要キャラに男性キャラが2人もいるのだが

個人的には【WORKING!】を思わずのでむしろ好印象。

性格設定のぶっとび具合ではメインヒロイン等を差し置いて悪目立つので

それを許容できるか否かで評価が割れそうだ。

ツリ目と下手くそな笑顔が悩みの娘が主人公でどうみても可愛いのだが

どういうわけか他人から怖がられるという

現実の絵柄と作中の印象が一致しない案件から始まる。しかし、

彼女の真骨頂は性根の心優しさに隣接する天然ドSにあった――

それを見初めた店長も気持ち悪いが

もう一人のまともそうな男性従業員も百合を熱弁する等十分狂っている。

普段はドライで無表情だが接客時は妹キャラに変貌したり、

慎みのない胸囲でツン成分の低いツンデレをがんばったりする同僚と

良好な関係を築けるあたりやはり普通に主人公は良い娘。

それ故に踏んだドジがことごとくドSに昇華されるというかわいそうな特技が

ピタゴラ的に連鎖するので一層不憫で愛らしい。

ツンとした後にヘコむ姿は、【妖狐×僕SS】の白鬼院凜々蝶で提唱される

ツンシュン“の正統後継者としても期待される逸材で

ぶっちゃけ見た目もそれっぽい。妙に肉感的な太もももそれを増長させる。

個人的には三白眼と金髪のなんだか隅に置けない雰囲気が気になり

彼らの進展がもしや望めるのではと期待している次第だ。

 妹さえいればいい。

原作:平坂読 イラスト:カントク
製作会社:SILVER LINK. 監督:大沼心

OP「明日の君さえいればいい。」ChouCho
ED「どんな星空よりも、どんな思い出よりも」結城アイラ

キャスト:羽島伊月(CV.小林裕介) 羽島千尋(CV.山本希望)
可児那由多(CV.金元寿子) 白川京(CV.加隈亜衣)  不破春斗(CV.日野聡)

なんというか、いかにもラノベですなタイトルに

作者のこれまでの著書、カントクの描く普遍的な美少女像。

これらの事前情報から内容が薄っぺらくてもとりあえずキャラがいいからつまらないことはないだろうなという斜に構えてるようでただ単に理解することを放棄した作り手すべてを冒涜するような姿勢で見始めたこと、をとりあえずは謝りたい

視聴前の印象と作品全体の雰囲気からこちらにカテゴライズしてしまったが

こちらただの萌えアニメ非ず。

正直意外にもしっかりとした思想やら思考やら不安、憧憬、焦燥等

マイナス面の心理描写が秀逸な群像劇である。

もう一度言おう、非常に意外である。←失礼

それこそ妹がどうのとか小説家仲間とのやり取りとか

どうしても【エロマンガ先生】を彷彿とさせられる。

放送前からフィギュア等で造形されたあられもない姿だったりとか

主人公に依存する美少女キャラとか、ツンデレ美少女とか

あーはいはいテンプレですねーかわいいですねーと脳死視聴していたら

恋心とひとえに括るには浅からぬ紐付けに胸が締め付けられる。

各々が抱く相関の矢印が一種類だけじゃない複雑な色をしていて

とくに嫉妬に関しての向き合い方が4人それぞれで面白い。

また、こんなにかわいい容姿で

弟なわけがないと思っていたもどうやら弟じゃないらしく(?)

このタイトルから察するに

実は本当のメインヒロインは彼なのではないかとさえ思えてくる。

となると、だ。

さらに人間関係が複雑になり、

それぞれが自作に持ち込む感情とかがこんがらがりそうで

一人だけ恋心を露見させている少女の気持ちの落としどころが

いったいどうなるのかまったく予想がつかない。

また、男性キャラの関係性も見どころ。

お互い憧れる部分が根深く、

憎まれ口で隠してはいるがお互いを羨ましく思っており

まっとうにライバル視しているのが見ていて気持ちがいい。

絵を描くことや文章を書くものであれば殊更共感できるのではないだろうか。

何かを創作すること。それは比較されることが前提のバトルロワイヤル。

それでも二人の友情は決壊しないという結末を、見届けたい。

……いや実際は普通に美少女による正妻戦争が本筋なんだろうけどね。

あとどうでもいいが制作チーム名が”妹さえいれば委員会”というセンスが好き。

よくないんかい。

 僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

原作:松本ナミル
製作会社:ディオメディア×スタジオブラン 監督:長山延好

OP「永遠ラビリンス」悠木碧 ED「恋のヒミツ」pua:re

キャスト:篠崎遥(CV.市来光弘) 香坂秋穂(CV.悠木碧) 有山雫(CV.武田羅梨沙多胡)

前期の【アホガール】といい、なにかとバナナに縁のある声優である悠木碧

演じるキャラのテンションは正反対だが。

放送前は童貞諸君の導き手として口調や態度は尻軽なのに実は純情という

男性読者に都合のいいヒロインが活躍する【初めてのギャル】枠かと思ったが

どちらかといえば性に偏った知識で口だけ達者(意味深)な耳年増の少女が

純情少年に呆れられる【生徒会役員共】に近い。

差し詰め胸囲に満ちて発言に自覚のない天草シノと言ったところか。

よって切れ味鋭いツッコミを期待してしまい”深刻な津田不足”のタグも散見するが

こちらの主人公の暖かく包み込む指摘型ツッコミも差別化という意味で悪くない。

美少女に囲まれながらもヒロイン以外に靡かない主人公は好感だし

無表情で淡々とエロいことを口走るヒロインも可愛いので

タイトルから醸されるほどの拒否感もない

字面が良くない”処女ビッチ“から改変したのも功を奏している気がする。

そしてどうしてもエンディングクレジットを見てしまったからには無視できない

武田羅梨沙多胡という文字列。

ブリドカットセーラ恵美やランズベリー・アーサー並みのインパクトの強さで

予想通り混血なのだが、すべて漢字のため殊更印象に残ってしまった。

まだまだ駆け出しながら、【アイマス】にも抜擢されるほど事務所からは推される存在。

この作品の成功とともに是非知名度を上げてほしい。

 URAHARA

原案:パトリック・マシアス
製作会社:白組×EMTスクエアード 監督:久保亜美香

OP「アンチテーゼ・エスケイプ」上坂すみれ ED「KIRAMEKI☆ライフライン」春奈るな

キャスト:須藤りと(CV.春奈るな) 白子まり(CV.上坂すみれ)
綿紬ことこ(CV.石見舞菜香) 丸野みさ(CV.天野心愛)

原作を知らないので、序盤を見ただけではストーリーをまったく把握できていないことを

まずは告白しておく。

タイトルは”裏原宿“由来という解釈で合っているだろうか。

放送前は【フリップフラッパーズ】のようなものを期待して見始めたのだが

雰囲気的には【京騒戯画】を洋式にした印象。

未知の生物と戦うために変身して戦う、

いわゆる魔法少女モノに含めてもいいかもしれない。

突発的で抽象的なストーリーと状況説明も含め台詞が遠まわしで曖昧なので

まだ確信的な部分が一つもなく困惑したまま視聴している状態だ。

とりあえず、女の子は可愛い。

原宿を舞台にしているだけあってオシャレだし、

どのカットを切り出してもkawaiiが詰まっていて情報量も多い。

ただあくまでも個人的な意見として記させて頂くが

この手のアニメで欠かせないマスコットであるエビフリャーが究極的にウザイ

そこを可愛い小動物系で威圧感のない存在にすることはできなかったのだろうか。

声優初挑戦の春奈るなは特に違和感は無し。

必要性も必然性も特には感じないが、表現の幅につながるのならこれもまた一興だ。

 お酒は夫婦になってから

原作:ひらさわひさよし
製作会社:Creators in Pack 監督:橘さおり

OP「Don’t Let Me Down」Cellchrome

キャスト:水沢千里(CV.喜多村英梨) 水沢壮良(CV.市来光弘)

この作品をこのカテゴリに入れるのは筋違いかもしれないが

ヒロインの可愛さを眺めるのが視聴者の主な目的だと思うので無視する。

しふくぅ~」を決め台詞に蕩けた笑顔で食事を堪能するので

系列的にも「ぷしゅ~」を押し出す【ワカコ酒】に近いとは思うが、

お酒やおつまみのウンチクはほとんどフューチャーされず

ただただお酒に弱い主人公が旦那の振る舞う料理と飲み物にほだされ

めちゃめちゃイチャイチャするのを見せつけられるリア充漫画である。

毎話砂を吐く覚悟を持って視聴しよう。

仕事ではクールなキャリアウーマンなので

そのギャップを愛でるという意味では【うまるちゃん】も近いかもしれない。

この夫婦を脅かすライバルもいなければ

周囲の冴えない人生を送っていたキャラにも(文字通り)春が訪れるなど

ストレスレスで気軽にみられると思うので

他作品でささくれ立った心を浄化するために挟んでみることをお勧めする。

落ち着いた平日の大人の日常系アニメだ。


というわけで今回はこの5作品を並べてみました。

一つの例として参考にしてもらえたらと存じます。

関連記事

公開済み

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-①【乙女系】

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え系ギャグ寄り】

↓順次更新予定↓

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-③【萌え系ストーリー寄り】

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-④【その他

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-⑤【シリアス系アクション重視】

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-⑥【シリアス系雰囲気重視】