2017秋アニメ序盤雑感-type.B-④

2017秋アニメ注目のアニメ4作品を紹介!

皆さん、2017秋アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから5年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

 ネト充のススメ

原作:黒曜燐
製作会社:SIGNAL.MD 監督:柳沼和良

OP「サタデー・ナイト・クエスチョン」中島愛 ED「ひかり、ひかり」相坂優歌

キャスト:盛岡森子(CV.能登麻美子) 林(CV.鈴木崚汰)
桜井優太(CV.櫻井孝宏) リリィ(CV.上田麗奈)

今はもう読み放題じゃなくなったweb漫画サイト、comico発のラブコメディ。

なんとなく記憶から引っ張り出してみると最初期から連載していた印象で、

おそらくcomico黎明期を支えた作品の一つである。

もうおおよそこのタイトルとPVの通りの作品なので説明すべきところは何もないが

あえて抜き出すならネカマとネナベのリアルラブストーリー

実際はゲームを通じて知り合った人が同じ町に住んでいるなんてことは

まず起こりえないので、間違っても期待しないようにしよう。

なんか【天使の3P】のときも同じこと書いたような……

バリバリのキャリアウーマンとしてよっぽど勤しんだのか、

ニートにして課金も厭わない貯蓄具合で、ゲームをする上でのストレスはなさそう。

そんなこと考えている時点で自分には真似できない行動力が素直に羨ましい。

主人公はいろいろ煩わしくてドロップアウトしたはずなのに

結局ネット内でめんどくさくなりかけてる辺り因果応報なのだが

妙に優しい他人がいたりプレイより会話に重点が移ったり

ネットゲームをやったことのある人なら共感できる部分も多いだろう。

かくいう自分も、ガチャ換算はしたことはないが、このお金でCDが〇枚買えるな……という計算はする。

たが漫画よりもそのあたりは多少削られ、

主にリアル人間関係を描く方を主軸に展開するようだ。

comico作品にはだいたい思うのだが、

実写ドラマにしても面白そうだなというシチュエーションも多い。

まさに現代人向けラブストーリー、ここに開幕だ。

 Just Because!

脚本:鴨志田一 キャラクター原案:比村奇石
製作会社:PINE JAM 監督:小林敦

OP「over and over」やなぎなぎ ED「behind」

キャスト:泉瑛太(CV.市川蒼) 相馬陽斗(CV.村田太志)
&ED歌唱:夏目美緒(CV.礒部花凜) 森川葉月(CV.芳野由奈) 小宮恵那(CV.Lynn)

比村奇石の描く美少女が魅力的なオリジナルアニメ。

片思いの連鎖という古き良き恋愛アニメを踏襲、

「好きな人を見ている顔が一番素敵」というシチュを惜しげもなく展開している。

引っ越しで数年地元を離れていた主人公が戻ってきたところから場面はスタート。

旧友と再会し、彼を好きな片思いだった娘と再会し、

初めて会った娘に(多分)好かれる、そんな甘酸っぱい青春群像劇。

ベタな相関図からオリジナル作品であるがゆえに予想外の反応もアリと

いまのところハラハラさせられて飽きない。

ちょっとおバカな旧友が良いキャラしており、ついつい応援したくなってしまうが

結果的に貧乏くじを引くのも彼なので不憫だ。

昨今はなにか特別な境遇に身を置きつつ恋愛要素を抽出する作品の方が多いので

普通の高校生活を舞台にドラマを演じる名作は生まれにくくなっていると思う。

そんななかで直球ストレートなロマンスもいい物なのだなと再確認させられる気分だ。

……つまるところ感想を書こうにもどう表現すればいいのか分からない。

もう、見てみてとしか言いようがない。苦笑。

一体何が【Just Because!】なのか、最後に明かされるだろうか。

 鬼灯の冷徹 第弐期

原作:江口夏実
製作会社:スタジオディーン 監督:米田和弘

OP「大!地獄地獄節」地獄の沙汰オールスターズ
ED「リバーサイド・ラヴァーズ(奈落の恋)」上坂すみれ

キャスト:鬼灯(CV.安元洋貴) 閻魔大王(CV.長嶝高士) 座敷童子・一子(CV.佐藤聡美)

大人気、地獄コメディ待望の第2期がお目見えだ。

シュールさに磨きがかかり、「笑かすやつが笑たらアカン」的な精神は健在だ。

OADを通っていないので(恐らく)大人気キャラである

座敷童がいつのまにかレギュラー入りしているが

この2名がほんとに愛らしい。

妖怪作品の座敷童は【ぬ~べ~】にしろ【XXXHOLiC】にしろ可愛いと相場が決まっている

いたずら好きな面もそれを増長する要素でしかない。

鬼灯様の正義と紙一重の暴挙も継続、いやむしろ回を追うごとに増している気がする。

原作がそうなのか制作が吹っ切れてきたのか

だいたい損害を被る閻魔大王がかわいそうになるくらいだ。

反面、【おそ松さん】同様なぜこちらも女性人気が高いのか分からないが

ピーチマキやお香さんの出番は減少傾向にあるように感じる。

それでも兎や犬だったりマスコット化できるキャラは豊富なので

彼女らのファン以外には些細な問題だろう。

【聖☆おにいさん】にも言えることだが、現代である程度知られていて且つ

創作としてでも語り継がれている史実っぽいものというのは

作者のアイディアを一摘み脚色するだけでコメディとして優良になりやすい。

今季も誰もが聴いたことのあるあの人やこの人が登場し

場を引っ掻き回してくれる。

今日も今日とて地獄では

割とハチャメチャな状況に低い声とテンションのツッコミが冴えわたるだろう。

安心して最後まで視聴できそうだ。

食戟のソーマ 餐ノ皿

原作:附田祐斗、佐伯俊、森崎友紀

制作会社: J.C.STAFF 監督:米たにヨシトモ

OP「BRAVER」ZAQ ED「虚虚実実」nano.RIPE

実はそんなに多くない美形ばかりの大人気料理漫画も第3期。

最初は普通にニコニコ動画で配信していたのに、

弐ノ皿はなぜか新着に載らない不具合、

そして餐ノ皿はついにはチャンネルすら消失してしまった。

まぁとりあえずそんなアニメ周りのゴタゴタは置いといて

第1話のまぁ不親切なこと!

2期の終わりから話が繋がらないぞ?と感じたならそれは気のせいではない。

正直言ってOADを見ていないと完全に2話ほど飛ばしたことになってしまう。

まぁ、それを差し引いても序盤で描かれる月饗祭は見どころ満載。

地味ヒロインが完璧ヒロインを発揮してるし

周りのツンデレ美少女も破壊力を増しているし

新キャラのオンパレード(※OAD初登場)も魅力的な造形をしている。

肝心のストーリーはというと

連載当初から一貫して下剋上が果たされることにカタルシスを感じる作風であるが

今回は特に感極まった。

次こそはもうだめかもしれないと思わされたし、

思わされつつでもまだなんかあんだろ?と期待できたし

その期待はもしかしてこうなるのか?と想像できる範囲だし

想像できてもさすがだぜ主人公!と常にストーリーに囃し立てられた。

この壮絶な料理勝負を、食戟を、是非視聴して頂きたい。

これが5話までの展開なので、今期最終話までどうなるのか……

過去2作以上の面白さを望んでしまいそうになるが、果たして。

ちなみに友人からはそこまでがピーク、あとはクソ

と言われているが、アニメでその評価を覆してほしい。


というわけで今回はこの4作品を並べてみました。

一つの例として参考にしてもらえたらと存じます。

関連記事

公開済み

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-①【乙女系】

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え系ギャグ寄り】

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-③【萌え系ストーリー寄り】

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-④【その他

↓順次更新予定↓

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-⑤【シリアス系アクション重視】

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-⑥【シリアス系雰囲気重視】