2017秋アニメ序盤雑感-type.B-⑤

2017秋アニメ注目のエグいアニメ5作品を紹介!

皆さん、2017秋アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから5年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

 十二大戦

原作:西尾維新 イラスト:中村光
製作会社:グラフィニカ 監督:細田直人

OP「ラプチャー」パノラマパナマタウン
ED「化身の獣」Do As Infinity×澤野弘之

キャスト:寝住(CV.堀江瞬) 失井(CV.梅原裕一郎) 憂城(CV.岡本信彦) 砂粒(CV.早見沙織)

西尾維新×中村光という異色のコラボで実現した小説が原作で

ちょっと変な造形のキャラ達が真っ向からぶつかる真っ当なバトルロワイヤル。

キャラの台詞や言い回し等随所に西尾節が感じられ、

異口同音も多用するので微妙にアニメだと意味を把握しにくい。

だがそういうのが好きな人にとってはたまらないだろう。

文章としては映えるのでアニメで気に入ったら原作を手に取ってみることをお勧めする。

まずキャラの名前が秀逸。加えてこじつけ設定も面白く

申の戦士:砂粒(さりゅう)の回想に出てくる

水猿・岩猿・気化猿で液体・個体・気体を現すとか

設定を眺めているだけでも面白い。

干支12人による勝ち抜き戦という事で

優しくない【えとたま】という連想をしたが、

亥がすぐ死ぬ以外の共通点は無い。

ルール的には特に奇をてらわないデスゲームなので

意味とか意義とかはなさそうだが、やはり結果は気になるもので

とりあえず自分の干支を応援している次第だ。

 王様ゲーム

原作:連打一人、栗山廉士、金沢伸明
製作会社:セブン 監督:佐々木勅嘉

OP「FEED THE FIRE」coldrain ED「Lost Paradise」Pile

キャスト:金沢伸明(CV.宮野真守) 本多奈津子(CV.堀江由衣) 本多智恵美(CV.M・A・O)
赤松健太(CV.佐々木祐輔) 雪村美月(CV.木下鈴奈)

十二大戦が体を使ったデスゲームなら、

こちらは頭脳を使った生き残り競争。

(まぁ、使ったところでどうにもならないのだが)

なぜか二つの章を同時に展開しており

かろうじて原作を読んだことがあるので追えているが

完全に初見では把握できないであろうことは想像に難くない。

この構成が生きる場面があったかな……?

とにかく冗談みたいに血飛沫が縦横無尽に飛び回るので

そういうのが苦手な人は敬遠しよう。

この手の理不尽密室スリラー的な作品は最終話”まで”が面白く

その辺りは保証できるが、【judge】【doubt】同様

結末や死因に個人的には納得はいっていない

アニメの雰囲気的には【マヨイガ】に近いが

そちらほどの救いもないし深読みするほどの余地もない。

なんだか否定ばかりになってしまった気がするが

なんだかんだ一度見てしまうと最後まで見たくなってしまう

吸引力のある作品だと思う。

 Dies Irae

原作: light
製作会社: ACGT 監督:工藤進

OP「Kadenz」榊原ゆい ED「オペラ」フェロ☆メン

キャスト:藤井蓮(CV.鳥海浩輔) マリィ(CV.榊原ゆい) 綾瀬香純(CV.福原綾香)

圧倒的初見置いてけぼり感満載のアニメの登場だ。特に第0話。

膨大な固有名詞と遠隔すぎる言い回しでちっとも伝えようという意思を感じない

その感覚に”懐かしい”と感じたのなら君は立派なスワスチカの住人だ。

18禁PCソフト、いわゆる美少女ゲームを原作としながら

クラウドファンディングで熱い支持を獲得しアニメ化をもぎ取った稀有な作品で

原作に触れた人ならお金を出した人の気持ちが手に取るようにわかるだろう。

“できるものならやってみやがれ、むしろやってみてくださいお願いします”

この作品をアニメから入った方はどう思っただろう。

なんだか題材は面白そうだけど全然何が何だかわからないと感じたかな?

大丈夫、それで正解だ。

ゲーム経験者も初見プレイで全く同じ感情を抱いたからだ。

皆一様に疑問符を浮かべながら1stバッドエンドへ辿り着いただろう。

主人公の「なんだこれは」という嘆きに一丸となったものだ。

果たしてアニメの中だけで前半部分を伏線として吸収できるかどうかは疑問だが

いち原作ファンとしては今のところおおむね満足。

主題歌もこれまでの榊原ゆい♂×与猶啓至=ゴシックメタルという間違いない布陣。

むしろこれじゃなきゃ【Dies Irae】じゃないとさえ言える。

またちょいちょい「Einsatz」がインストゥルメンタルでBGMだったり着信音だったりで

流れる演出がニクイ。

アニメ化するにはそぐわない題材が揃っていて相当骨が折れるだろうが

視聴者もそれは分かっているので、

どうにか着地点だけはぶれないで最終話まで走り抜けてほしい。

 いぬやしき

原作:奥浩哉
製作会社: MAPPA 監督:さとうけいいち

OP「My Hero」MAN WITH A MISSION ED「愛を教えてくれた君へ」クアイフ

キャスト:犬屋敷壱郎(CV.小日向文世) 獅子神皓(CV.村上虹郎)

青年漫画にしておじいちゃんを主人公に据えるという挑戦的な作品で

作者もよもやアニメ化など狙っていなかったであろう話題作である。

その主人公も特別渋いわけでも権力があるわけでもなく

実年齢より老けて見える苦労人で日々だれともなく自分の体の不調と戦う

冴えない人物なのがまた哀愁を誘う。

だが、ギャップが大きければ大きいほどエンターテイメントとしては面白い。

そういった意味では実はとても古典的な手法で構築されたストーリーなのだと気付かされる。

前半部分はほぼ読みきりで、

体術も格闘術もなにもないがひょんなことで朽ちない肉体を手に入れてしまったので

視界に入った困ってる人々を無理やりがんばってなんとか救っていく短編が続く。

ぜんぜん助け方がかっこよくないのだがそれがまた人間味あふれてて面白い。

また作者も人が悪いなと思うのが、

主人公と同じ境遇に遭う人物に普通にちゃんとイケメンも用意していること。

普通そっちが主人公だよね!?

読者が抱く疑問を見事キャッチコピーに載せるあたり、相当天邪鬼だなと思う。

とにかく見ていてスカッっとするので

DQN嫌いの人(アニメ好きならほとんどだと思うが)なら是非視聴しよう。

 ブラッククローバー

原作:田畠裕基
製作会社: studioぴえろ 監督:吉原達矢

OP「ハルカミライ」感覚ピエロ ED「蒼い炎」イトヲカシ

キャスト:アスタ(CV.梶原岳人) ユノ(CV.島﨑信長) ノエル・シルヴァ(CV.優木かな)

ザ・王道。ザ・少年漫画。

落ちこぼれの兄と優秀な弟がいがみ合いながら実は心の中では認め合いつつ切磋琢磨して共通のヒロインをがんばって守る壮大な冒険譚であるとかなんとか

どこを抜き出してもどっかで聴いたことあるなという説明文しか思いつかない自分の文才の無さが恨めしい。

主人公だけ”フシギナチカラ”が全くないのは

実はもっとトクベツナチカラを持ってる“アヒルの子”理論だとか

それがカミサマとのような神々しいものではなく

実はアクマテキな禍々しい代物だからちょーつえーのとか

……だめだ、ベタが面白いということを伝える言葉が思いつかない。

ここにきてこれでもかと語彙の無さを露呈しているのだが

【双星の陰陽師】枠であることからその内容は大体察せるかもしれない。

アンチ光の力という点でも似ている。

主題歌もまさしく倣っており

イトヲカシの爽やか激情ポップのEDがドラマティックで好み。

OPもまた実写映画【22年目の告白】同様、

感覚ピエロの個性を削ぎ無難に浸して薄くコーティングしたポップロックで

これがまためちゃくちゃかっこいい

……始めに注意を促しておくと、RADWINPSにも言えることなのだが

こうしたアンダーグラウンドロックバンドの大型タイアップで

聴き心地のいいシングルに惹かれて音源を集めようとするなら

彼らのアルバムも全く毛色が違うので気を付けた方がいい。

スピッツの「おっぱい」とかが許容できるならむしろオススメだが。


というわけで今回はこの5作品を並べてみました。

一つの例として参考にしてもらえたらと存じます。

関連記事

公開済み

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-①【乙女系】

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え系ギャグ寄り】

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-③【萌え系ストーリー寄り】

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-④【その他

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-⑤【シリアス系アクション重視】

↓順次更新予定↓

2017秋アニメ序盤雑感-type.B-⑥【シリアス系雰囲気重視】