2018冬アニメ完走日記-type.B-① ~だがしかし、たくのみ、gdメン 他~

2018冬アニメのコメディ作品をピックアップ!

皆さん、2018冬アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

1クール分見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

あらすじを知りたい方はリンクを参照してください。

(参考にはならないと思いますが)

 だがしかし2

原作:コトヤマ
制作会社:手塚プロダクション 監督:桑原智

OP「OH MY シュガーフィーリング!!」竹達彩奈
ED「おかしなわたしとはちみつのきみ」はちみつロケット

キャスト:枝垂ほたる(CV.竹達彩奈) 鹿田ココノツ(CV.阿部敦)
遠藤サヤ(CV.沼倉愛美) 遠藤豆(CV.鈴木達央)

第1話からいったい何があったのかと思うようなショッキングな場面、

荒廃したシカダ駄菓子店から始まった今期【だかしかし2】だがしかし

始めは駄菓子あるあるねーよを挟んでおおよそそれまでの展開で進行。

途中青春らしいシリアスさを持ち込んでメインヒロインが急に姿を現さなくなると一転

冒頭の有様に陥った主人公を見て、改めてその少女の存在感を視聴者も含め味あうことに。

その穴を埋めるように新キャラが続々と(※2名だけだが)登場、

遠藤兄弟の割を食う形で参入。

途中加入キャラらしい濃すぎるキャラでマンネリが打破されたせいか

個人的には2期の方がより楽しめたと思っている。

もともと無駄に艶めかしい表現が多いなとは感じていたが

野暮ったい新キャラが加わり逆に強調していくスタイル。

よけい慎ましやかな幼馴染ヒロインを応援したくなったのは言うまでもない。

最終2話で久々にメインヒロインが再登場した際には空気が激変する音が聞こえた気がする。

改めて華のあるキャラだなと再確認させられた構成だ。

 たくのみ。

原作:火野遥人
制作会社:プロダクションアイムズ 監督: 小林智樹

OP「aventure bleu」内田真礼 ED「ストイックにデトックス」ましのみ

キャスト:天月みちる(CV.今村彩夏) 桐山直(CV.安済知佳)
桐山真(CV.内田真礼) 緑川香枝(CV.小松未可子)

【だがしかし】と枠を分け合うように15分枠で

ただただお酒の美味しさと大人?の女性のかわいさを描いた作品。

お酒トリビアを挟みながら酒に飲まれる彼女たちをひたすら愛でていられる。

登場キャラが全員社会人だが(女性だからというつもりは微塵もないが

別にお酒に逃げたくなるような展開にはならないので共感できる部分は少ない。

とか思ってる人がいたらそこはブラック企業なので早く転職しましょうね?

お酒の描き方が当然丁寧なので酒テロまちがいなし

また美味そうに飲むもんだから自分の苦手な酒の種類でも

次飲んだら美味しく感じられるんじゃないかと錯覚してしまいそうなほどだ。

(個人的には作中に出てきた割合で飲むハイボールや酎ハイは薄すぎて好みではない。)

まさかの【だがしかし】とのクロスオーバーもあり

適度な振れ幅でキャラ付も常識の範囲内なので

その辺の萌えアニメよりよっぽどかわいいキャラだったと思うのだがどうだろう。

案外あーいう大人、いるよね?という現実的な感じで。

……まぁそれが女性かといわれるとそうとは限らないのだが。

エンディングの「ましのみ」なる方は初めて知ったが

他の曲もまさかこの歌い方という事は無いだろう。

しっかりタイアップ先を意識した素晴らしい楽曲だ。

それも含めて、全体的に好印象だった。

 働くお兄さん!

原作:宇佐義大
制作会社:Tomovies 監督:高嶋友也

OP「働くお兄さん」 ED「KEEP YOUR HOPE ALIVE」DearDream

キャスト:茶トラ沢タピオ(CV.富田健太郎) ロシ原クエ彦(CV.溝口琢矢)
名前を呼んではいけないその動物(CV.杉田智和)

猫がいろんなとこでバイトしてるだけの御話。

飼われてる動物も存在してるので世界観の統合性は皆無。

最後まで何を伝えたかった番組かは把握できなかったが何となく全話見てしまった。

特に労働に対する楽しさとか辛さとかキャラの良さとか台詞の重みとか

何一つ伝わってこなかったが、まぁ多分そういうことじゃないんだろう。

最終話だけは少しほっこりした気持ちになれて視聴後感は好かった。

無愛想だけど家族を大切にする男子っていいよね。

ウザめの友達が解いた心の結果だと思う、ということにしておこう。

 gdメン

原作・監督:菅原そうた
制作会社:ストロベリー・ミーツ ピクチュアズ、ファンカンパニー

OP「妄想帝国蓄音機」喜多村英梨
ED「Duality」BB-voice(奥山敬人×筆村栄心)

キャスト:ライト(CV.松岡禎丞) ヨミ(CV.山本和臣) アルファ(CV.小林裕介)
メロディ(CV.原奈津子)

軽量モデリングによる低俗ファンタジーも無事終焉、しない形で幕を閉じた【dgメン】。

思いの他アドリブパートでの下ネタが多く、

中の人目当てで視聴している女性方はどういう心境でこのアニメを眺めていたのだろうか。

(個人的にはくっそ笑かしてもらったけれど)

ストーリーは全くと言っていいほどないので、姫様と合流したらどうなる事かと思ったが

特にどうなる事もなく、むしろ追撃してきたのが最高潮。

主要キャラの一人が実はモブだったと判明した後のやり取りとかちょっと感動的じゃないか!

そういうの求めてないんだよいらんとこにシリアスぶっこむなよ

おかげで最後ちょっとちゃんと面白かったじゃねーかこんちきしょう!

なんだか周りでは「今までは女性声優だから見れた」という意見が多いが

個人的には今回のがgd系で一番好かったと主張したい。

 ポプテピピック

原作:大川ぶくぶ
制作会社: 神風動画

OP「POP TEAM EPIC」上坂すみれ ED「POPPY PAPPY DAY」ポプ子、ピピ美

キャスト:???

社会現象にまで発展したクソアニメ。

クソアニメと自称することですべての事象を栄養素に変換できるモンスターで

回を追うごとにその触手は範囲を広げていった。

……そのせいで

終わってみれば豊作だらけだった冬季アニメの評価が均されてしまったかと思うと

不満の矛先を向けたくなるのを抑えきれない。

さてはとかいわれるまでもなくアンチですごちそうさまでした。

ただ1mmも面白くないのに

見ないと気が済まないという不思議な引力を持っていたのは確か。

悔しい……でも、見ちゃう!

まさかそんな”くっころ”感覚を味わえる貴重な体験をさせてもらった。

もちろん、二度とごめんだ。真似する番組が現れませんように。

おそ松さん

原作:赤塚不二夫
製作会社:studioぴえろ 監督:藤田陽一

OP「まぼろしウインク」A応P
ED「大人÷6×子供×6」The おそ松さんズ with 松野家6兄弟

キャスト:おそ松(CV.櫻井孝宏) カラ松(CV.中村悠一) チョロ松(CV.神谷浩史)
一松(CV.福山潤) 十四松(CV.小野大輔) トド松(CV.入野自由)

したい放題、それが絶対!

な平成版【おそ松くん】も第2期、前期と同じ2クールで有終となった。

全体的にどのパラメーターも軒並み振り切っていて

くだらんとこはよりくだらなく、ゲスいとこはよりゲスく

無駄に感動余話まではさんでパワーアップしていた印象だった。

それなのに微妙に話題が不完全燃焼だったのは、

まぎれもなくすぐ上のアニメの影響だろう。

どんなに論理が破綻した話をやっても、

まぁアレよりはマシだよな……とか思ってしまうマイナス効果!

イヤミ(鈴村健一)のメタいネタとかおもしろかったんだけどな。

最終話直前の”改心”劇とかキャラの個性を再確認出来て最高だったんだけどな。

解体ショーの為に建築された高層フラグにしか見えなかったのは確かだけど。

一人勝ちしそうだった畑に水を差されて微妙に3期があるかどうか危ういが

リバイバル作品の中では一番売れたであろうコンテンツなので頑張ってほしい

――と思ってしまったが、

よく思い出してみたら自分は第1期は周りほど熱が入っているわけではなかった。

よっぽど筆者Bはクソアニメが覇権を握ったのが悔しいと見える。


最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

2018冬アニメ完走日記①【コメディ】

↓近日公開↓

2018冬アニメ完走日記②【萌え】

2018冬アニメ完走日記③【乙女向け】

2018冬アニメ完走日記④【バラエティ】

2018冬アニメ完走日記⑤【アクション】

2018冬アニメ完走日記⑥【シリアス】