2018冬アニメ完走日記-type.B-⑤ ~キリングバイツ、ブラクロ、刻刻 他~

2018年冬アニメのアクション作品をピックアップ!

皆さん、2018冬アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

序盤の印象はリンク先に貼ってあります。

 デスマーチからはじまる異世界狂想曲

原作:愛七ひろ
制作会社:SILVER LINK. × CONNECT 監督:大沼心

OP「スライドライド」Run Girls, Run! ED「スキノスキル」Wake Up, Girls!

キャスト:サトゥー(CV.堀江瞬) ゼナ(CV.高橋李依)
ポチ(CV.河野ひより) タマ(CV.奥野香耶)

そのあまりにも安易な主人公のチート能力

パーティに加わるのが美少女ばかりのハーレム展開

デスマーチというパワーワードの無効利用から

【異世界スマホ】と同等の見心地と評された本作だが

個人的にもその辺りの感想に大きく相違はない。

だが若年層の男子が考えた最強のファンタジーとも言える設定を

“なろう系”の特徴と揶揄されるのにはいささか不快感を伴う。

まぁそれも老害の一種で、好きだという者を糾弾する権利はない。

【デスマ】を好きな人は委縮することなく胸を張ってもいいと思うぞ?

実際売れてるのだから需要に見合った代物なのだ。

個人的には最後まで完走できる程度には苦痛ではなかったし、

いちおう順序立てて攻略してくストーリーもけして嫌いではない。

キャラクターに個性があるとは言いにくいがちゃんとかわいく

元奴隷ということを鑑みれば行動理念にも納得がいくというもの。

ただ、まぁなぜか男性の従者はことごとく見捨てられる傾向にあるので

そのあたりに手放しで褒めたくないと抵抗が生まれるくらいか。

ただどうしてもオンラインゲームにフルダイブしてオレツエーしていくのは

【オーバーロード】とダブってしまい、

そちらに比べるといかんせん登場人物の特徴は薄いと言わざるを得ないのが

“ライト”ノベルとはかくあるべきみたいな限界なのかもしれない。

デザインが【SAO】を踏襲していたりで

なんだかいろいろと惜しい作品ではあった。

 ブラッククローバー

原作:田畠裕基
製作会社: studioぴえろ 監督:吉原達矢

OP「ハルカミライ」感覚ピエロ ED「蒼い炎」イトヲカシ

キャスト:アスタ(CV.梶原岳人) ユノ(CV.島﨑信長) ノエル・シルヴァ(CV.優木かな)

2018年版王道ファンタジー

首都から遠く離れた辺境から出自し

優秀な幼馴染と切磋琢磨して底辺から成り上がっていく。

落ちこぼれのチームに入団しエリートの鼻を明かしていき、

ツンデレヒロインといい感じになりそうでならないでもちょっとなってる

もうどこを切り取っても少年漫画の王道

主人公が叫んでばっかりで清々しいくらいにウザい

少しも挫折を知らない超ポジティブシンキングが見ていて気持ちがいい

……がやっぱりウザい。

でもこういうクソナマイキな主人公、嫌いじゃないよ。

アンチマジックというか、一番の弱者が一番強いという概念は熱く

少しずつ周りが凝り固まった価値観を解かれていくのはカタルシスがあり

そのあたりはいつの時代も変わらない魅力として映る。

【七つの大罪】のパワー型インフレ王道と対を成す形で

王道バトルファンタジーをけん引してほしいと思える作品だ。

※追記:終わったつもりで書いてましたがまだ終わってませんでした

ごめんなさい。続き楽しみにしてます。

ついでに【BEATLESS】も終わったかと思って途中まで感想書いてました。

冬→春は続くもの多いね。汗。

 キリングバイツ

原作:村田真哉 作画:隅田かずあさ
制作会社:ライデンフィルム 監督:西片康人

OP「killing bites」fripSide ED「ケダモノダモノ」キツネツキ

キャスト:宇崎瞳(CV.雨宮天) 野本裕也(CV.羽多野渉)
中西獲座(CV.内田真礼) 稲葉初(CV.上坂すみれ)

セクシー&バイオレンスという古今東西相性のいい組み合わせ×超豪華声優陣

なんだか今季覇権は俺たちがいただくぜ感ある宣伝ではじまった【キリングバイツ】。

だが開けてみれば邪道を極めたB級アニメ【P】がバカ売れしてしまったので

なんとなく地味な評価で終わってしまった感がある。

序盤で感じた”期待の内側“は覆ることは結局なかったのだが

かといってつまらなかったかと言われればそんなこともなく

ずっと”ちょっと面白い”が継続されていたように思う。

ただ戦闘能力や解説の意図、残虐性やセルフギャグパロディ等

どこを切っても先にアニメ化した【テラフォーマーズ】【十二大戦】

辺りと丸被っていて惜しかったなぁという印象。

ライオンや虎に勝ってしまうラーテルや穿山甲の意外な強さ!という

大番狂わせ等も同じ要領である。

まぁエロさだけは二つをはるかに凌駕していたけども。笑。

雨宮天と内田真礼によるまぐわい演技は必聴である。

唯一予想だにしなかったと言えば優勝者が彼女に決まったことくらいか。

それでも回想が要所でしか入らないのでテンポはよく

展開はスピード感があって好かった。

慢心した者から脱落していく流れもわかりやすく

ほんとアンダーグラウンドな雰囲気の作風に反して親切なアニメである。

最後の最後は主人公が手をかける場面でそれだけは納得しかねる!と思ったのだが

どうやらそんな禁忌は侵されずに済んだようだ。よかったよかった。

おもいっきり第二部の冒頭が最終フィルムとなったが

果たして第2期をやるだけの人気を確保できたのだろうか……?

 刻刻

原作:堀尾省太
制作会社:ツインエンジン 監督:大橋誉志光

OP「Flashback」MIYAVI vs KenKen
ED「朝焼けと熱帯魚」ぼくのりりっくのぼうよみ

キャスト:佑河樹里(CV.安済知佳) 間島翔子(CV.瀬戸麻沙美)
じいさん(CV.山路和弘) 佑河真(CV.岩田龍門)

個人的に今期のダークホース

まったく期待してなかっただけに毎話毎話先が気になって仕方がないので

最近になってようやくまとめてamazon primeで一気見した。

誘拐事件に巻き込まれたことによって我が家に伝わる禁呪を発動。

時間が止まった世界で主人公側の本家と新興宗教を営む分家が衝突する!

もうとにかくキャラモノ主体の近代アニメに於いて

登場キャラがなんの変哲もないのが最高

癇癪お姉ちゃんにニートの兄に下衆な父に老いぼれ爺さん。

主人公サイドがこんなに冴えないのに

敵側は狡猾そうな総帥にキレそうな右腕にクールな美人さん。

この対峙でどうして面白くなると思えるだろうか!?

基本的にリアクションがリアル

寝返る動機や説得が人間味あって面白いし

ヴァイオレンスなシーンもけしてかっこよくは描いていない

また不可思議な現象が無差別かと思いきや納得できるだけの必然性も孕み

とにかく設定、というか原作者が作ったルールの組み方が巧妙だ。

一応本家の血筋という理由で主人公側には特殊能力が備わっていて

それを駆使することが勝利のカギとなるのだが、

触った相手を止まった世界から追い出す主人公の能力

まさかそれすらもあくまで最終章を演出する布石だったなんて。

最後、”止まった世界”を扱った作品であれば必ず扱う不文律、

――取り残されてしまった場合どうするか――

どんな物語でも主人公ないしヒロインが生存しないと称賛できない自分にとって

このアニメはどんな結末を見せてくれるのか!

……正解は第1話にありました。

多少反則だけど個人的には大満足。

いやぁ、ほんとにめちゃくちゃ面白かったんだけど、多分これ売れないんだろうなぁ。苦笑。

この報われなさは【サクラダリセット】以来か。

もっと評価されるべき作品である。


最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

関連記事

2018冬アニメ完走日記①【コメディ】

2018冬アニメ完走日記②【萌え】

2018冬アニメ完走日記③【乙女向け】

2018冬アニメ完走日記④【バラエティ】

2018冬アニメ完走日記⑤【アクション】

↓近日公開↓

2018冬アニメ完走日記⑥【シリアス】