2018冬アニメ序盤雑感-type.B-①

2018冬アニメ注目の乙女向けアニメ6作品を紹介!

皆さん、2018冬アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

 アイドリッシュセブン

原作:都志見文太 キャラクターデザイン:種村有菜
制作会社:TROYCA 監督:別所誠人

OP「WiSH VOYAGE」IDOLiSH7 ED「Heavenly Visitor」TRIGGER

キャスト:和泉一織(CV.増田俊樹) 二階堂大和(CV.白井悠介) 和泉三月(CV.代永翼) 四葉環(CV.KENN) 逢坂壮五(CV.阿部敦) 六弥ナギ(CV.江口拓也) 七瀬陸(CV.小野賢章)

昨今氾濫しているアイドルゲームアプリのアニメ化作品。

個人的にはゲームはやってないがキャラソンは一通り集めている。

【アイドルマスターSideM】とは違い、

全く新しい事務所から始まる全くの新人アイドル

そういった意味では【Wake Up, Girls】の方が近いかもしれない。

主人公はその事務所を立ち上げた親会社の社長令嬢。

最初の仕事は7人集まったメンバーを3人に絞れというものだった!

――とはいえ、命令は酷なものの驚くほど日和った結末に落ち着くし

直後の一桁人数しか集まらなかった1stコンサートでも全力で

今できる最高のパフォーマンスと感謝を観客へ披露した。

“リアル”な空気感を押し出した【WUG】とは違い彼らは超ポジティブで

清々しいくらい乙女の理想が詰まったアイドル像である。

くだらない妬み恨み辛みで瓦解をもくろむ浅はかさに飽き飽きしていたところなので

前期の【SideM】同様気軽に楽しめるアニメになりそうだ。

実際、面白いし。

あとTRIGGERはライバルではなく”戦友”という感じなのが意外だ。

種村有菜といえば【神風怪盗ジャンヌ】しかイメージが無いのだが

このキャラからはあまり感じない。

今でも変わらぬ活躍をされてるようで嬉しい。

 学園ベビーシッターズ

原作:時計野はり
制作会社:ブレインズ・ベース 監督:森下柊聖

OP「Endless happy world」小野大輔
ED「おしえてョ」ひょろっと男子(西山宏太朗×梅原裕一郎)

キャスト:鹿島竜一(CV.西山宏太朗) 犀川恵吾(CV.小野大輔) 兎田義仁(CV.前野智昭)

第一話を見終わって漏れた第一声は「ズルい」である。

もうベタもベッタベタだが、こんなん泣くにきまっとるがな……。

内容はまぁタイトルのとおり、教職員の子供の預かり場を校内に作ったので

そちらで保育奮闘するアニメ。

身寄りのなくなった主人公兄弟を引き取ったのが

同じ事故で身寄りを無くした学園長で、その代償にそこで働けという

温情としか言いようがないハートフルな設定の上で

これまたハートフルな子供とのやり取りが展開されると容易く想像できる。

どうやら生徒でもこの保育所を使っていいらしく

主人公と同学年のキャラも出てきた。

ちょっと幼児のキャラデザがあまりにもぬいぐるみ過ぎて違和感だが

些末な問題だろう。

この手の組み合わせは【赤ちゃんと僕】等を彷彿とさせ

定期的に少女コミックでヒット作が生まれているジャンルではある。

安心して最後まで見られるだろう。視聴確定というやつを早々に抱いた次第だ。

 サンリオ男子

原作: サンリオ
制作会社:studio ぴえろ 監督:工藤昌史

OP「青春インターリュード」 ED「Now on dream!」

キャスト・歌唱:長谷川康太(CV.江口拓也) 水野祐(CV.斉藤壮馬) 吉野俊介(CV.大須賀純) 西宮諒(CV.花倉洸幸) 源誠一郎(CV.内田雄馬)

直球タイトル。

サンリオ好きの男子が集ってキャッキャウフフする日常を描く。

愛玩対象がサンリオキャラクターというだけで、

これを二次元美少女キャラに置き換えれば我々と同じくらい

その執着や会話は普通に気持ち悪い

まぁ登場人物は全員イケメンなのでそこはかとなくBL臭が漂うが

とくにそういった趣きはない(はず)なので

今のところ普通に楽しんで見れている。

だが少し待ってほしい。

SHOW BY ROCK!!】の普及率を考えると、

現代において意外とサンリオキャラクターが好きな男子は多いのではないだろうか。

プラズマジカのキャラグッズを求めて血眼になっている姿を見ることは

そこそこ容易いのではないか。

……まぁサンリオキャラを好きな女子と

シンガンクリムゾンが好きな女子は違う層なので比較できないか。

一つ言えることは、普通に面白い。これも最後まで見られるだろう。

 続 刀剣乱舞-花丸-

原作:DMM GAMES/Nitroplus
制作会社:動画工房 監督:越田知明

OP「花丸印の日のもとで」大和守安定(CV.市来光弘)×加州清光(CV.増田俊樹)

キャスト:大和守安定(CV.市来光弘) 加州清光(CV.増田俊樹)
へし切長谷部(CV.新垣樽助) にっかり青江(CV.間島淳司)

【活撃】を見た後だと違和感しかない、日常風景を描いた刀剣、花丸。

一応前期も最終話まで見たので今期も視聴を継続する所存だ。

こちら花丸に言えるのは藤四郎一派がみんなかわいいところ。

もちろんビジュアルの話だ。

薬研・骨喰はもちろんのこと、鯰尾と乱のアイドル属性といったら!

前期が割と出番があった気がするが今回はどうだろう、と思ってるうちに

第2話で早速フューチャーされた。

なんだこれ、鯰尾×骨喰が尊い!!

温泉シーンはもはや美少女アニメのそれとなんら変わらない絶景なり。

まぁ当然平野ばかりだが、乱はなぜ胸元までタオルを巻いているのだろう?

大和守安定が第一話から旅に出て不在なのが残念だが

(杉田智和もさびしがっているに違いない。)

内容は有って無いようなものなので

ひたすらほのぼの描かれる生活を覗くのみである。

 ミイラの飼い方

原作:空木かける
制作会社:エイトビット 監督:かおり

OP「不思議な旅はつづくのさ」つりビット
ED「ロゼッタ・ストーン」イケてるハーツ

キャスト:柏木空(CV.田村睦心) 神谷他月(CV.河本啓佑) 茂木朝(CV.茜屋日海夏)

安心と信頼のcomicoアニメ。

スタッフの気合いは他の原案雑誌より入り易い傾向を感じているが

それが高クオリティとなるか冗長となるかはまぁそれぞれ。

第1話を視聴した時点では可もなく不可もなくで

とりあえずかわいいなぁとは思っている。

思っているが、ミイラの存在が謎すぎて集中できない。

水分とか致命傷のような気がするのだが

もしかして彼はミイラじゃない可能性も……?

こちらは原作を全く知らないのだが

デフォルメ幻獣系をそれぞれ飼い始めるという展開だろうか。

とりあえずキャラが増える第2話・第3話でどうなるか見守りたい。

 ダメプリ ANIME CARAVAN

原作:NHN PlayArt「DAME×PRINCE」
制作会社: スタジオ フラッド 監督:星野真

OP「D×D×D」BREAKERZ

キャスト:アニ(CV.矢作紗友里) ナレク(CV.石川界人)
ヴィーノ(CV.梅原裕一郎) リュゼ(CV.斉藤壮馬) メア(CV.木村良平)

乙女ゲームが原作のラブコメといっていい作品。

基本的にはタイトルの通りで、

なんとなく残念な王子たちとの親交の果てのラブロマンスだ。

【LucianBee’s】と似たようなコンセプトを感じるが

こちらでは矯正するというより緩和して受け入れていく発想。

個人的にはいつも通りゲームは未プレイでキャラソンだけ持っている状態である。

舞台は【この醜くも美しい世界】のような砂の国で

窮地に陥る小国の姫がなんとかしようと隣国の王子と交渉する場面から始まる。

そこで出会う者はみな見目麗しいがなんだか一癖も二癖もある男性ばかり。

訝しがりつつも交渉を成功させたい姫だったが

素直な感想を漏らしてしまったので決裂。傷心のまま帰国するのだった――

うん、これかなり好きだ。いまのところばっちり面白い。

ダメっぷりも同期に【おそ松さん】やってるからかぜんぜんヌルい

どれもイケメンなら許されるレベルだ。

それよりほんとにダメな方の陰謀が渦巻いてるようだが、そっちが気になる。

それともそれすらもギャグの前振りなのだろうか……だとしたら

尚更面白そうじゃないか

というわけで試聴確定。

なによりリュゼがかわいすぎる。

ゲームでビジュアルを見た時から一番かわいいと思っていた。

――え?男性だって?

かわいいを冠するのに性別は些細な問題ではないだろうか。


というわけで今回はこの6作品を並べてみました。

一つの例として参考にしてもらえたらと存じます。

関連記事

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-⑥【シリアス】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-⑤【アクション】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-④【バラエティ】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-③【ショート】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え】